すべてのカテゴリ » 美容・健康 » その他

質問

終了

抗がん剤ってした方が良いんですか?
どうせ死んでしまうのならしないほうがいいと思うのですが、抗がん剤のメリットはなんですか?

  • 質問者:匿名
  • 質問日時:2013-01-24 10:03:15
  • 0
ソーシャルブックマークに登録する:

並び替え:

素人の意見ですが、やはりメリットは目標とする治すことができることじゃないですか?

もしかしたらあなたは気持ちが沈んでいるからそういう考えになるのでは?

この回答の満足度
  
参考になり、満足しました。回答ありがとうございました。
お礼コメント

そうかもしれません。
励ませば励ますほど、一人になったときに自分が落ち込んでいます。

>抗がん剤ってした方が良いんですか?
メリットだけでなく、デメリット(副作用)もありますから、
患者と家族、医師を交えた判断になると、思います。

>どうせ死んでしまうのならしないほうがいいと思うのですが、
生まれてきた以上、誰にでも、死は等しく、訪れますが、
例え、余命を宣告された場合でも、抗癌剤で回復する事は、あり得ます。
どうせ死んでしまう…で、あきらめるのかは、本人次第。
---
家族の闘病(余命1年、ステージ4から回復)を看ましたから、
最低限、病気を克服する強靭な意志の強さは、必要だと思います。

>抗がん剤のメリットはなんですか?
・癌細胞を叩き、癌細胞を減らす。(デメリット…正常な細胞も同時に叩く)
・癌細胞の再発防止。

外科的な処置、一般的な抗癌剤が駄目な場合、
癌ワクチン療法(免疫療法)、放射線治療、国内未承認の抗癌剤を検討するとか…。

  • 回答者:匿名希望 (質問から10時間後)
  • 0
この回答の満足度
  
とても参考になり、非常に満足しました。回答ありがとうございました。
お礼コメント

父はステージ4bです。
余命3ヶ月、できる限り支えて勇気付けたいと思います。
ステージ4から回復することもあるのですね!
すこし希望が持てました。
回復されて今は元気なのでしょうか?

少しでも生きたい、家族とともにとか医学の進歩で麻木久仁子さんも
乳がんで抗がん剤を数か月うちつづけるそうです。


元気にあっても治療薬は良いのではないかと思います。

死ぬからではないと思います。
今を精一杯、毎日を謳歌して、くいのない人生で終われたら
よいのではないかとも思います。

お父様の選択もありますが、ご家族の支援も必要でしょう。

  • 回答者:匿名希望 (質問から9時間後)
  • 0
この回答の満足度
  
とても参考になり、非常に満足しました。回答ありがとうございました。

抗がん剤と言っても、他の方が書いているように、他に治療方法がない場合と、
再発防止では目的が違いますから、一概に言えません。
それに人間はいつかは死ぬものです。
それに対してどのような選択をするかは当人と家族の問題でしょう。

するしないは、本人の希望とメリット。デメリット。をよく理解したうえで決定するものだと私は思います。

  • 回答者:匿名 (質問から7時間後)
  • 0
この回答の満足度
  
とても参考になり、非常に満足しました。回答ありがとうございました。

個人の自由なのでしたくなければしないで良いと思います。

  • 回答者:匿名 (質問から7時間後)
  • 0
この回答の満足度
  
回答ありがとうございました。

恐ろしい質問をしますね。

抗がん剤を使用するのは、末期がんで外科的手術ができない患者を延命治療する場合。
手術後再発防止のため一定期間投与する場合。
の2種類あります。

いろいろなタイプの抗がん剤がありますが、主として腫瘍細胞は分裂が盛んなので、細胞分裂を阻害する薬を用います。
これは正常な細胞でも細胞分裂の盛んなものも影響を受けるので人体に負荷がかかります。

抗がん剤として認可されるためには、使わない場合に対して延命効果が得られる薬や、すでに認可されている抗がん剤と同等の効果が期待できるものに限られます。

使わないより使ったほうがよいと思います。
但し、その副作用も決して少なくはないので抗がん剤を使って癌と戦っている患者さんに対しては心から応援してください

===補足===
癌の種類にもよるので、あくまでも一般論ですが末期がんでも新しい治療で劇的に治ることもあるので治療方法があるうちは周囲が諦めてはならないと思います。

医療費が大変で、自分の命の値段がそれほどの価値がないと嘆く人もいました。
抗がん剤というもの、薬が効く人と効かない人がいるようでなかなかむずかしいものです。

私も製薬会社の研究員でしたが当時は万能の抗がん剤というものはなく効果があるのは症例の30%以下でした。なのでいろいろな抗がん剤を試していくと思います。
余命三か月といわれたのなら抗がん剤を用いれば半年以上大丈夫です。
意識もなく遺漏でチューブで栄養を送り込まれるような延命は考え物ですが、意識があり体が動かせるのなら家族みんなで癌に取り組んでみてください。
癌は遺伝的な素因もあるので親のガンはいずれわが身にもリスクとして降りかかります。

  • 回答者:闘病者がんばれ (質問から4時間後)
  • 0
この回答の満足度
  
とても参考になり、非常に満足しました。回答ありがとうございました。
お礼コメント

父が余命3ヶ月宣告をされ
抗がん剤をするかしないかで迷っています。
もちろん応援してます。

とくネタ総合ランキング

すべてを見る

トクネタを投稿する

Sooda!からのお知らせ

一覧を見る