すべてのカテゴリ » ニュース・時事 » 社会

質問

終了

欧米で寿司の認知度がキムチを大きく上回り、韓国が悔しがっています。

どのように感じますか?

◆アイゴー!、キムチが寿司に負けてるニダ!
http://no-risu.iza.ne.jp/blog/entry/2985673/
産経ニュース・ブログ 2013/01/24 20:16

日本にとって韓国はまことに鬱陶(うっとお)しい国で、何かにつけ日本と順位を比較し勝った負けたと騒いでいる。

勝てば喜び、負けると日本を恨む。もしも蓮舫が「1位じゃなきゃダメなんですか?」と聞けば、「日本に勝てば満足ニダ」と答えるに違いない。

食文化においても同じだ。韓国は「韓食の世界5大食化」を目指し、国を挙げてキムチや焼き肉、和食をパクッた出来損ないの創作料理などを「韓スタイル」と宣伝している。世界5大食化を標榜する割に、日本食ばかりにライバル心むき出しだ。

そんな暗い情熱を燃やす韓国は、このほどドイツ・フランスでキムチ・キムチチゲの認知度調査を行った。結果は散々で、ドイツでもフランスでも80%以上が「知らない」と回答した。欧州は、まだまだ市場開拓の余地が残されている様だ。

ところが、話はこれで終わらない。調査を行った「世界キムチ研究所」は、どういうわけか「すし」の認知度も調べていた。

調査の結果、「すし」の認知度は95%を超えており、これはもう誰もが知っていると評価して差し支えないレベルだ。

この調査結果を受けて、韓国大手メディアの中央日報は「寿司に完敗!」と記事を書いた。

欧州におけるキムチの認知度が重要なのに、同等かそれ以上に日本との比較が気になって気になって仕方ない。これが韓国の国民性なのだ。

もう一つ興味深いのが、キムチ宗主国の認知度も調査していたことだ。宗主国。つまり、キムチの起源国が正しく認知されているの調査だ。日頃から他国の文化をパクリまくり、「ウリジナル」を主張する韓国らしい、的外れで無駄な調査と言える。

こちらはキムチを知っていた人の7割が「韓国」と答え、中央日報は「宗主国議論は大きい影響を及ぼさないと予想された」と分析した。「宗主国議論」とはなんぞや。まさか、キムチの起源が日本に盗まれるとでも危惧しているのか(笑)。

こういった韓国のストーカー的粘着行動を、日本メディアは滅多に紹介しない(産経除く)。韓国への配慮だ。しかし、人間性の違いは積極的に知らせるべきである。日本メディアは韓国を「良い国だ良い人だ」と啓蒙するが、違いを伝えてこそ理解が進む。

日韓友好を目指すにしろ国交断絶するにしろ、相手を知らないことには正しい判断が下せない。

ネットで反韓感情が高まると、メディアは「ネトウヨの偏狭なナショナリズム」などと見当違いの警鐘を鳴らす。しかし、必要なのは諫言でなく情報だ。

だから、日本のメディアもこういった情報は遠慮せず流そう。「キムチが寿司に完敗、ざまぁ!(笑)」なんて紹介したって良い。キムチは日本に根付いている。案外、日本人から「キムチはもっと評価されるべき」なんて応援されるかもよ?


(参考)

◆「キムチは知らない」欧州での認知度、寿司に完敗

中央日報記事より
ドイツとフランスなど欧州人100人のうちキムチを知っている人は16人程度にすぎないと調査された。95人が知っている日本の寿司に比べ認知度は大きく下回っており、さらに積極的な広報が必要とみられる。
韓国メディアによると、世界キムチ研究所がこのほどドイツのベルリンとフランクフルト、フランスのパリで消費者1350人を対象にキムチの認知度調査を実施した結果、キムチまたはキムチチゲの認知度は16.1%と調査された。ベルリンが14.4%、フランクフルトが17.8%、パリが18.0%水準だった。ビビンバとプルコギの認知度もそれぞれ5.2%と4.6%水準にとどまった。
これに対し日本の寿司の認知度はベルリンが96.4%、フランクフルトが95.2%、パリが95.1%など平均95.2%に達した。タイのパッタイの認知度も30.2%に達しキムチより高かった。
一方、キムチ宗主国を尋ねる質問には回答者の68.4%が韓国と答え、日本が9.6%、中国が7.9%などこれまでの懸念とは違い「キムチの世界化」において宗主国議論は大きい影響を及ぼさないと予想された。

  • 質問者:匿名
  • 質問日時:2013-02-04 16:13:29
  • 0
ソーシャルブックマークに登録する:

これからも全世界に、キムチやウリジナルをアピールしていけばいいと思います。
どんだけ痛い国か良く分かると思います。
でも海外では区別がついてなくて、同じ黄色人種だと思われてるので、とても迷惑です。
今後は自国のイメージを挽回するため、日本と混同させる作戦も考えられるので、
かの国との違いをよくアピールしたほうがいいと思います。

  • 回答者:匿名 (質問から6時間後)
  • 1
この回答の満足度
  
とても参考になり、非常に満足しました。回答ありがとうございました。

並び替え:

キムチがあまり知られていないことに驚きました。
お寿司が世界で知られていて、人気があることは、日本人として嬉しいです。
お寿司は主食で、キムチやチゲはおかずというカテゴリ―だと思うので、比べるところが違うと思うし、それぞれ美味しければいいと思います。

  • 回答者:匿名 (質問から7日後)
  • 1
この回答の満足度
  
とても参考になり、非常に満足しました。回答ありがとうございました。

キムチはただの漬物なので、それで勝負しようとしている時点でおかしいと思います。

  • 回答者:匿名 (質問から5日後)
  • 1
この回答の満足度
  
とても参考になり、非常に満足しました。回答ありがとうございました。

勝手に悔しがっていろっ!!と思います。 寿司とキムチをくらべるなんておかしいです。

  • 回答者:匿名 (質問から4日後)
  • 1
この回答の満足度
  
とても参考になり、非常に満足しました。回答ありがとうございました。

勝手に悔しがって下さい。
もっと大事なことがあるでしょうが!
と、思いますね。

  • 回答者:匿名 (質問から22時間後)
  • 1
この回答の満足度
  
とても参考になり、非常に満足しました。回答ありがとうございました。

寿司 といっても 日本の寿司と同じでないことは?

巻物 等 ご飯で巻かれている。

ネタも フルーツもあり ・・・

日本風 と、いうジャンルがありますが

寿司風 で。

この回答の満足度
  
とても参考になり、非常に満足しました。回答ありがとうございました。

あれ、チョンって「寿司はウリナラが起源ニダ!」って言ってなかったっけ?
それに何故寿司の宗主国を調べなかった?
内心では日本の物だって認めてるのか?

他国の文化を盗んでは「自分達の優位」「民族の優秀性」を
誇らないと精神の安定が得られないのでしょう。
将来的に淘汰されねばならない劣等民族ですね。
いても他人に迷惑かけるだけですから。

  • 回答者:特ア3国の滅亡を望む (質問から5時間後)
  • 1
この回答の満足度
  
とても参考になり、非常に満足しました。回答ありがとうございました。

そのうち寿司も韓国発祥と言い出すのではないでしょうかね。

勝手に悔しがっていて下さいと言う感じですね。

  • 回答者:匿名 (質問から2時間後)
  • 1
この回答の満足度
  
とても参考になり、非常に満足しました。回答ありがとうございました。

特に何とも思わないですね。
仮に逆転しようが何しようが
どうでも良い事です。
いちいち騒がないでほしい。

  • 回答者:匿名 (質問から2時間後)
  • 1
この回答の満足度
  
とても参考になり、非常に満足しました。回答ありがとうございました。

くやしいなら寿司の起源は韓国だと言えばいいんじゃないか。
そして、それを日本が盗んだのだと。
ア~~あほくさ

  • 回答者:匿名 (質問から2時間後)
  • 1
この回答の満足度
  
とても参考になり、非常に満足しました。回答ありがとうございました。

勝手に悔しがろっと思いますね。
寿司とキムチと比べてる時点で民度が低すぎです。

  • 回答者:匿名 (質問から28分後)
  • 2
この回答の満足度
  
とても参考になり、非常に満足しました。回答ありがとうございました。

これが現実と言うだけで正直いって特に何も感じないと言うのが本音です。
我が家では、祖母が戦時中に祖父の仕事の関係で朝鮮半島にいた事もあり昔からキムチ(祖母は朝鮮漬けと呼んでましたが)は今でも自家製で作って食べてます。キムチと朝鮮漬けが同じものかよくわかりませんが…。
そもそもキムチと寿司を比べる事も理解できないしなぜそこまで比較したがるのか理解できないですね。(キムチと寿司なんて全く違う食品のはずですから)
キムチの世界化ですか…頑張ってくださいとしか言えないですね。その考えが非現実的と言う人もいるでしょうが、どんな人であっても夢を見るのは自由ですからその挑戦を個人的には否定しないです。(応援もしませんが)

  • 回答者:匿名希望 (質問から18分後)
  • 1
この回答の満足度
  
とても参考になり、非常に満足しました。回答ありがとうございました。

悔しがってればいいです。

  • 回答者:匿名希望 (質問から14分後)
  • 1
この回答の満足度
  
とても参考になり、非常に満足しました。回答ありがとうございました。

とくネタ総合ランキング

すべてを見る

トクネタを投稿する

Sooda!からのお知らせ

一覧を見る