すべてのカテゴリ » アンケート

質問

終了

韓国の検察はさすがでしょうか。

性的関係結んだ容疑者女性の写真流出 “セックススキャンダル”揺れる韓国検察
2012.12.29 12:00
韓国検察の相次ぐ不祥事から11月30日、辞任を表明した韓相大検事総長(AP)

 韓国検察が前代未聞の“セックススキャンダル”に揺れている。見習い検事が起訴しない見返りに容疑者女性と性的関係を結んだとして身柄を拘束。この女性の写真がインターネット上に流出したことで思わぬ方向に事件が拡大した。多数の検察職員が流出に関わっていた疑いが強く、写真流出を捜査する警察と検察の対立が激化しかねない事態となっている。(桜井紀雄)

検事室でわいせつ…性交渉が「収賄罪」?

 「われわれこそ正義だと思っていたが…」「検事であることが恥ずかしい」

 韓国の有力紙、東亜日報によると、スキャンダルが伝えられた11月下旬以降、検察内部のネット掲示板には、現役検事らのこんな嘆きの書き込みが相次いだという。

 「恥ずかしい」元凶となったのは、ロースクール(法科大学院)を今年卒業し、ソウル東部地検で実務研修を受けていた男性検事(30)だ。朝鮮日報などによると、検事は窃盗容疑で書類送検された女性(43)を、本来は業務のないはずの土曜日だった11月10日に検事室に呼び出して、わいせつ行為に及び、数日後にモーテルで性的関係を持った疑いが持たれた。

 検事は「あなたを起訴せざるを得ない。起訴されれば懲役刑は確実だ」と出方次第では起訴しないことをほのめかし、性的関係を強要したとして、女性の弁護士が訴え出た。
このような事件は「業務上の威力による性的暴行」として扱われるのが一般的だ。ところが、検事は事件が発覚する前に女性との間に「性的関係は合意の上だった」とする書面を取り交わし、女性が告訴できないよう手を回していた。

 このため、検事の身柄を拘束した大検察庁(日本の最高検に相当)監察本部は、起訴しない見返りに性的供応を受けたとする「収賄罪」を適用する苦肉の策に出た。これには「無理がある」と強引な法適用を疑問視する声が上がったうえ、訴えた側の弁護士が「それでは女性は贈賄容疑者になってしまう」と反発。検事の拘束で一件落着とはいかなかった。

現役検事らが「興味本位」に女性の写真を盗み見

 騒動はそれだけに収まらなかった。女性の写真2枚が韓国で人気のスマートファン(多機能携帯電話)向けメッセージサービス「カカオトーク」を通じてインターネット上に広まったのだ。

 しかも、写真は女性の住民登録証や運転免許証といった捜査機関だからこそ閲覧可能な資料から転写したものとみられた。12月に入って、警察と検察が調べたところ、現役検事を含む24人が捜査用のデータベースシステムに接続し、女性の写真を閲覧していた事実が浮上した。ほとんどの職員が女性や女性と性的関係を持った検事の取り調べとは無関係で、「興味本位」に閲覧システムで女性の写真を盗み見てコピーし、カカオトークなどで知り合いに見せびらかしているうちにネットに広まってしまったことは明らかだった。

 加えて、写真が広まる過程で40代の弁護士まで関わっていた疑いが強いことも判明したが、弁護士は写真の出所についてかたくなに口を閉ざしているという。

 写真流出事件を捜査している警察は、閲覧システムにアクセスした現役検事10人を含む検察職員らに出頭を要請。検察側はこのうち、検事2人を含む職員6人のリストを警察側に提出した。

 大検察庁監察本部の調べでは、検事2人のうち1人は写真の転写に直接関わり、もう1人は転写を事務職員に命じていた。さらに、地方地検の事務官がカカオトークで写真を法務省職員に送っていたことや、この事務官ら検察職員13人に別の地検の事務官がコピーした写真が渡っていたことも分かった。

 ただ、誰が写真を外部に持ち出した最初の出所で、どういうルートを通じてネットに流出したか全容は明らかになっていない。

 検察内の不祥事は通常検察の監察部門が捜査するが、このままだと現在、捜査を進めている警察が現役検事を取り調べるという“異常事態”にも発展しかねない状況だ。警察が「お前にはできない」と検察に挑戦状

 韓国検察をめぐっては11月、ソウル高検の幹部検事(51)がマルチ商法による詐欺容疑で逮捕された男らから計9億ウォン(約7150万円)を受け取り、取り調べに手心を加えていたとして、収賄容疑などで逮捕された。

 事件は当初、警察が捜査していたにもかかわらず、検察側も独自に捜査に着手。「二重捜査だ」との批判が高まり、政府の介入もあって、最終的に検察側に捜査が一本化された。このため、警察内には「事件を横取りされた」という不満が高まった。

 日本では、事件捜査は警察が、起訴するかは検察が判断するという分業がなされている。しかし、韓国では、容疑者の逮捕段階から検察に絶大な指揮権があり、警察が検察に完全に従属させられる構造にあった。この抑圧下に置かれた現場の刑事には前々から検察に対する不満がくすぶっていたのだ。

 動画投稿サイトのユーチューブには、賭博師を描いた韓国映画をパロディーにし、検察の不祥事を皮肉る動画がアップされ、話題を集めた。現役の警察官が作成したものだ。検察の不正を笑い飛ばす字幕が流れた後、主人公が言う。

 「賭けるか? お前にはできない」。身内びいきの検察には身内の捜査はできないと皮肉ったのだ。幹部検事による収賄事件では、同窓生だった大検察庁中央捜査部長(50)がこの検事にマスコミ対応をアドバイスしていたことも判明。韓相大(ハン・サンデ)検事総長(53)が部長への監察を指示したところ、逆に「内部抗争のために職権を乱用した」と内部批判にさらされた。

 新人検事によるセックススキャンダルも直後に起き、韓総長が11月末、引責辞任に追い込まれた。

 検察にとって「史上最大の危機」に陥っている最中に、警察との対立まで抱え込むという“内憂外患”に見舞われることになった。

 警察側は、日本をモデルに、事件捜査で警察と検察が捜査権限を分け合い、警察捜査の独立性を高める改革策を朴槿恵(パク・クネ)次期政権に提案する方針だという。

 不祥事に揺れる韓国検察、抜き差しならないほどにこじれた警察と検察の関係をいかに健全化させるのか。韓国初の女性大統領が取り組むことになる最初の“宿題”の1つといえそうだ。http://sankei.jp.msn.com/world/news/121229/kor12122912000001-n5.htm

  • 質問者:匿名
  • 質問日時:2013-03-23 09:30:28
  • 0
ソーシャルブックマークに登録する:

そうですね。 
「最低」という意味では
さすがだと思います。

  • 回答者:匿名 (質問から15分後)
  • 0
この回答の満足度
  
とても参考になり、非常に満足しました。回答ありがとうございました。

並び替え:

日本も警察の不祥事多いのでこれだけは、韓国だからといえないですね。
どこの国もしっかりしてほしいです。

  • 回答者:匿名希望 (質問から7日後)
  • 1
この回答の満足度
  
とても参考になり、非常に満足しました。回答ありがとうございました。

裁判所でさえもまともな判断が出来ない国みたいですから

さすがと言えば流石ですね。

  • 回答者:匿名 (質問から3日後)
  • 1
この回答の満足度
  
とても参考になり、非常に満足しました。回答ありがとうございました。

とくネタ総合ランキング

すべてを見る

トクネタを投稿する

Sooda!からのお知らせ

一覧を見る