すべてのカテゴリ » アンケート

質問

終了

尖閣諸島で台湾漁船に操業を認める戦略は、功を奏するでしょうか。日本政府の戦略はまた失敗に終わりますか。朝鮮王朝儀軌をプレゼントしたのは大失敗でしたが、政権が変わったので今度は大丈夫でしょうか。

日本と台湾は、沖縄・尖閣諸島周辺の日本の排他的経済水域の一部で、台湾側の漁船の操業を認めるなどとする取り決めに署名した。
日本と台湾は10日午後、台北で漁業協議を行い、尖閣諸島周辺の日本の排他的経済水域の一部で、台湾側の漁船の操業を認めるなどとする取り決めに署名した。
尖閣諸島をめぐっては、中国が台湾に連携を呼びかけていたが、日本側としては、台湾との関係を強化して、こうした動きをけん制する狙いもあるとみられる。
これに対し、中国国務院の台湾事務弁公室のスポークスマンは、10日の会見で、尖閣諸島について、「中国固有の領土」とあらためて述べたうえで、「この伝統的な漁場の漁業権益は、中国と台湾が共同責任で守るべきものである」と、日本と台湾で合意を結んだことに反発している。
http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00243851.html

  • 質問者:匿名
  • 質問日時:2013-04-14 16:55:27
  • 0
ソーシャルブックマークに登録する:

台湾との操業関係による戦略の功については
日本政府の今後の外交手腕によるでしょう。
しかし台湾との操業関係を認めたのなら
シナから圧力があると思われますので要注意でしょう。
何とか外交でシナの圧力を回避してほしいものです。

  • 回答者:匿名 (質問から12分後)
  • 0
この回答の満足度
  
とても参考になり、非常に満足しました。回答ありがとうございました。

並び替え:

今度も失敗する。
問題を先送りしかできない、学習能力が無い。
相手の思う壺。
自民党も民主党以上に、軍事政権化を図っており、最悪。

  • 回答者:匿名 (質問から7日後)
  • 0
この回答の満足度
  
とても参考になり、非常に満足しました。回答ありがとうございました。

この協定を良くも悪くもするのは今後の

政府の行動次第と思いますね。確固たる姿勢で挑まなければいつもの様に

舐められるだけです。本気の姿勢を見せて欲しいものです。

  • 回答者:匿名 (質問から6日後)
  • 0
この回答の満足度
  
とても参考になり、非常に満足しました。回答ありがとうございました。

一刻も早く解決しないと色々な意味でだめだと思います。
でないと今後様々な形で影響が出るでしょう。

  • 回答者:匿名 (質問から6日後)
  • 0
この回答の満足度
  
とても参考になり、非常に満足しました。回答ありがとうございました。

問題を先送りしているだけです。ですからキチンと決着を付けないとダメです。
今まで、それで失敗をしているのですから。

  • 回答者:匿名 (質問から7時間後)
  • 0
この回答の満足度
  
とても参考になり、非常に満足しました。回答ありがとうございました。

曖昧なやり方は未来においてまたしこりを残すおそれがあると思います、ずっと台湾が日本側寄りとは限らんでしょう。

  • 回答者:匿名希望 (質問から7時間後)
  • 0
この回答の満足度
  
とても参考になり、非常に満足しました。回答ありがとうございました。

これは諸刃の剣ですね。
確かに中国対しては牽制になりますが、今度は台湾が立場を強くしてきます。

今は良いですが、将来台湾が中国と組むようになれば最悪の結果に・・・
しかし今は台湾を信じるしかないですねぇ。

  • 回答者:匿名希望 (質問から6時間後)
  • 0
この回答の満足度
  
とても参考になり、非常に満足しました。回答ありがとうございました。

失敗です。
領土問題があいまいなままで漁業権をみとめれば漁業資源を奪われるだけです。

  • 回答者:石仮面 (質問から6時間後)
  • 0
この回答の満足度
  
とても参考になり、非常に満足しました。回答ありがとうございました。

台湾が欲しいのは尖閣諸島ではなく漁業権だけなのですから中国に対して手を組んで行けるものと信じています。

  • 回答者:徳明 (質問から2時間後)
  • 0
この回答の満足度
  
とても参考になり、非常に満足しました。回答ありがとうございました。

現状打破でいいのでは、失敗でも
また手をうてばいい
しかしスポークスマンはよくない

  • 回答者:匿名 (質問から10分後)
  • 0
この回答の満足度
  
とても参考になり、非常に満足しました。回答ありがとうございました。

とくネタ総合ランキング

すべてを見る

トクネタを投稿する

Sooda!からのお知らせ

一覧を見る