すべてのカテゴリ » アンケート

質問

終了

北朝鮮には何人の日本人がいるのでしょうか。

  • 質問者:匿名
  • 質問日時:2013-04-28 11:29:19
  • 0
ソーシャルブックマークに登録する:

興味深い記事があったのでご参考までに。
http://blog.livedoor.jp/jipi/archives/51522506.html

  • 回答者:匿名 (質問から7日後)
  • 1
この回答の満足度
  
とても参考になり、非常に満足しました。回答ありがとうございました。
お礼コメント

北朝鮮残留日本人について
中井洽拉致問題担当大臣は国会答弁で、「鳩山首相からは、北朝鮮にいる日本人の生存者をすべて救い出すよう指示されている」と述べた(3月15日の参議院予算委員会)。ここでいう「日本人生存者」の中には、もちろん拉致被害者が含まれる。また、在日朝鮮人と結婚して夫と一緒に北朝鮮へ渡った日本人妻がいる。そして、日本では忘れられた存在になってしまったが、北朝鮮残留日本人(北朝鮮残留孤児を含む)も救出の対象者である。



そもそも北朝鮮帰国者問題の歴史を振り返れば、1954年1月6日、日本赤十字社が北朝鮮の朝鮮赤十字会に電報を打ち、「終戦後も北朝鮮に残留する日本人の引き揚げが許されるならば、その引き揚げ船を利用して在日朝鮮人の帰国希望者の帰国援助をしたい」との日本政府の意向を伝えたことから始まる。このように、当時、日本政府の主たる関心事は、在日コリアンの北朝鮮への集団帰国ではなく、在北朝鮮の日本人の引き揚げにあった。



しかるに、1959年12月14日に始まった北朝鮮帰還事業により在日コリアンの北朝鮮への帰国は実現するが、北朝鮮に残った日本人の永住帰国は、1956年に36人が帰ってきて以降、実現することはなかった。その後も日本政府が北朝鮮残留日本人の救出に動くことはなく、多くの日本人が北朝鮮に取り残された。



ちなみに、1997年12月5日の読売新聞が「北朝鮮残留日本人 一時帰国目指し親族調査へ 厚生省1442人中、まず67人」の見出しで、北朝鮮残留日本人について報道している。



「厚生省によると、北朝鮮からの未帰還者として現在、親族から届け出がある残留日本人1442人。このうち、1375人は、死亡が確認されないまま、親族が裁判所へ申請して戦時死亡宣告を受けている。それ以外の67人については、同省は91年まで随時、親族の所在確認を行ってきたが、住所が変更されて居住地がわからないままの親族もいる」「先日里帰りが実現した日本人妻15人の中には、戦前に北朝鮮に渡った人も1人含まれていたが、親族から未帰還者としての届け出はなく、1442人の中には含まれていなかった。こうした状況から、同省は、67人以外の未帰還者の中にも、生存している残留日本人がいる可能性があるとみて、今後、親族の調査範囲の拡大していく」



以上の残留日本人に加えて、北朝鮮にいる日本人生存者として、中国残留孤児と同じ境遇の北朝鮮残留孤児が相当数いると推定される。残留孤児についても、日本政府から救出の手が差し伸べられることはなかった。



なお、複数の脱北帰国者の話によると、北朝鮮にいた時、北朝鮮残留日本人や北朝鮮残留孤児を見掛けたことがあるとのことである。また、北朝鮮残留日本人の大半は山奥の一角に集団でおしこめられ、ジャガイモを主食として命をつなぐ、原始人のような自給自足の生活をしているそうである。

並び替え:

沢山います。帰還事業で沢山の日本人が行っていますし、それに拉致被害者のどのくらいなのか予想できないくらいの人数だと思います。

  • 回答者:匿名 (質問から10時間後)
  • 0
この回答の満足度
  
とても参考になり、非常に満足しました。回答ありがとうございました。

拉致被害者以外には、
帰還事業により6300人ほどが北朝鮮に渡ったそうですが、
長い時を経て、今生き残っている方がどれくらいいるのかは不明です。

  • 回答者:匿名 (質問から2時間後)
  • 0
この回答の満足度
  
とても参考になり、非常に満足しました。回答ありがとうございました。

とくネタ総合ランキング

すべてを見る

トクネタを投稿する

Sooda!からのお知らせ

一覧を見る