すべてのカテゴリ » 趣味・エンターテイメント » 映画・演劇 » 映画・DVD

質問

終了

皆さんはこういう映画をどう感じますか?

私が最近DVDで見たハワード・アルク監督の「ジャニス」という映画は非常に興味深かったです。

http://www3.ic-net.or.jp/~ojima/movie/s/janis.html

閉鎖的で保守的なテキサス出身の女性歌手、ジャニス・ジョプリンの成功と挫折を描いた作品です。

ジャニスは故郷テキサスを捨て、ロックバンドのヴォーカリストとしてデビュー。

モンタレーポップ・フェスティバルでの伝説的なライブで一躍注目され、天才ヴォーカリストとして栄誉ある地位を確立します。

しかし繊細な彼女は、周囲の無理解、保守層の数々の中傷などによる疎外感・孤独感から麻薬に溺れ、27歳という若さで死去してしまいます。

私がジャニスが好きな事もありますが、当時の「女のくせに」という保守男性の意見とか、それと正反対の若者たちの熱狂ぶりとか、当時の社会背景なんかが理解できて、とても興味深かったです。

レヴューには「感受性の強い方、気分が落ち込んでいる方には見て欲しくありません。ジャニス・ジョプリンが感じていた孤独感や疎外感に共感してしまったり、自分の事のように同情してしまう人が観ると、かなり落ち込みます」と書かれている程です。

・「ジャニスの祈り Move Over」/ジャニス・ジョプリン 
http://www.youtube.com/watch?v=eihw2hu65S0 (歌詞付)

  • 質問者:家永 ひろみ
  • 質問日時:2013-05-08 02:40:52
  • 2
ソーシャルブックマークに登録する:

私もこの映画を以前観た事があります。

時代背景とともに多くの事を考えさせられる映画ですし、魂のこもった圧倒的な歌唱力が

魅力的でアルバムを買ったほどです。

  • 回答者:匿名 (質問から7日後)
  • 2
この回答の満足度
  
とても参考になり、非常に満足しました。回答ありがとうございました。

並び替え:

薬が手に入りやすいので、そういう精神状態になると
簡単に走ってしまうんでしょうね。
決して薬に手を出してはいけないですね。

  • 回答者:とくめい (質問から8時間後)
  • 2
この回答の満足度
  
とても参考になり、非常に満足しました。回答ありがとうございました。
お礼コメント

おっしゃる通り麻薬は絶対いけません。惜しい人を亡くしたと思います。

興味なし。
落ち込むのは自由。

  • 回答者:216 (質問から4時間後)
  • 1
この回答の満足度
  
参考になり、満足しました。回答ありがとうございました。

海外は麻薬は割りとゆるい国も多いですが、日本は厳しいので、正直その感覚の差で理解はできません。
ただ、差別とか、社会批判はよく歌に歌われるのは洋楽の特徴なので、その辺は日本と違い尊敬すべき点だと思います。

===補足===
映画は見たことないですが、人前に立つプレッシャーや音楽を作る苦しみがある上、差別は相当のものがあったんだろうなと推測はできます。

  • 回答者:匿名 (質問から12分後)
  • 2
この回答の満足度
  
とても参考になり、非常に満足しました。回答ありがとうございました。
お礼コメント

日本人なら酒や異性に走るんでしょうね(笑)。おっしゃる通り洋楽ではしばしば差別や社会批判等が歌われるので、私は感心しています。

とくネタ総合ランキング

すべてを見る

トクネタを投稿する

Sooda!からのお知らせ

一覧を見る