すべてのカテゴリ » 子育て・学校 » 学校・教育 » 小・中学生

質問

終了

皆さんは自分がこんな被害に遭ったら、どのような行動を取りますか?

似たような学校事故かくしはたびたび起こっていますが、裁判で勝訴した例は珍しいです。

<運動会練習で骨折  名古屋地裁 過失賠償命令 小6 「学校側 保身のためうそ主張」 >
(12月26日 新聞記事より)

運動会で行う組体操の練習でけがをした上、信頼していた先生にうその説明をされ精神的苦痛を受けたとして、名古屋市の小学校6年男児(当時)が、同市に約190万円の支払いを求めた訴訟の判決が25日名古屋地裁であった。

長谷川恭弘裁判長は学校側の責任を認め、「信用できる存在であるべき学校側が保身のため虚偽の主張をして、児童に精神的な苦痛を与えた」と述べ、同市に慰謝料など計約110万円の支払いを命じた。

判決によると男児は07年9月、同市中村区の市立柳小学校の校庭で、「4段ピラミッド」と呼ばれる組体操の練習中、高さ約2mの最上段から落下。左腕を骨折する重傷を負った。

児童は「下段が不安定で転落した。事実と違う説明をする教頭らに裏切られ非常な苦痛を受けた」と訴え、学校側は「事故は予見できず過失はない。うそは付いていない」と反論した。

判決は学校側が報告書に4段ではなく「3段」と虚偽の記載をしている事や、教頭が男児の「飛び降り」を前提とし別の児童から事故状況の聞き取りを行い、回答を誘導した事を認定。

その上で長谷川裁判長は、「保身のため、学校の責任を軽くするように工作している。教諭の証言は信用できず男児はバランスを崩し落下した。指導が不十分。」と学校側の責任を認めた。

安藤伸二・柳小教頭の話 「考え得る限りの指導、対策をしている。児童に精神的苦痛を与えたという判決は残念」


…この判決は被告が勝ち目はないと判断し控訴せず確定しました。この児童のバランス感覚が鈍いかどうかは、また別問題でしょう。

ちょっとした学校での怪我をすぐ問題にする親は困りますが、自分はこの事件のような隠ぺい工作こそ本当に裁判所で争うべきだと思います。

なぜなら裁判で敗訴しない限り、このずるい教頭たちは態度を改めようとしないからです。

大多数の先生は真面目に責任を持って勤務に励んでおられます。

しかしこの教頭のような教員がいることで、誠意を持って仕事をしている他の先生方も不審の目で見られる事が自分はとても残念です。

事件を誤魔化そうとしないで正直に謝れば、お金も時間も掛かる裁判沙汰にならなかったでしょう。

その証拠に請求額も約190万円と少ないです。

あなたのお子さんがこんな「学校事故かくし」の被害にあったらどうなさいますか?

この原告さんのように裁判所に訴えますか?

それとも泣き寝入りしますか?

あるいは警察に行きますか?



<参考>

(参考)
◎「学校側がウソの主張」体操事故で責任認定(読売新聞 )
http://ameblo.jp/syure77/entry-10419735486.html


「きょういくブログ」
より引用

【学校側の隠蔽工作は、ひどいとしかいいようがありません。

事実に反して「児童が想定外の行動をとった」かのように言い立てた学校側の主張は、児童を「嘘つき」呼ばわりして中傷をおこなった悪質行為です。

嘘つきはどっちだったのでしょうか。

学校関係の事件・事故では学校側の責任逃れ、生徒・保護者・支援者などを嘘つき呼ばわりする事例が絶えません。】

  • 質問者:生島
  • 質問日時:2013-05-12 13:21:45
  • 3
ソーシャルブックマークに登録する:

何も、うそをついてごまかさなきゃいけない事柄ですか。
事実をそのまま報告をすればいいだけの事故だと思いますがね。
何の罪もない児童に、責任を押し付けて、
心が痛まないのでしょうか。
人間としても、最低ですね。

二度と嘘をつけないよう、
閻魔さんに、舌を抜いてもらいたいです。
子供の心の傷を考えると、
やるせないですね。

  • 回答者:とくめい (質問から20分後)
  • 2
この回答の満足度
  
とても参考になり、非常に満足しました。回答ありがとうございました。

並び替え:

自分達の保身の為に恥ずかしくもなくよくこんな事ができると思いますね。

一体何を考えているのでしょうかね。

子供の心にまで大きな傷をつけましたね。

  • 回答者:匿名 (質問から6日後)
  • 2
この回答の満足度
  
とても参考になり、非常に満足しました。回答ありがとうございました。

隠蔽の必要なんてなかったですよね。
学校が粛々と、やるべき事後対応を誠意やっておけばよかっただけのことでは。
私なら、子供に事実を確かめた上で、食い違いがあり、子供も訴えてよしと同意してくれたなら、訴えるかもしれません。

  • 回答者:匿名希望 (質問から6日後)
  • 2
この回答の満足度
  
とても参考になり、非常に満足しました。回答ありがとうございました。

この案件については嘘やごまかしは必要ないですねぇ。
ピラミッドをやった場合には十二分に予想されることであり、逆にそれが問題だと言うのであれば、小学校でピラミッドができなくなってしまいます。

学校側は何を恐れたのでしょうか?
真に恐れるべきは「嘘」がまかり通りこと。

中国や韓国じゃないんだから、嘘を並べ立ててはいけません。

===補足===
おおっと、すみません。
肝心の質問の回答を忘れてました。

私の場合どうするかと言うと、子供の発言と先生の説明が食い違わない限り、訴えるなんてしません。

実際私の子供も運動会で怪我をしたことがありますが、生徒同士でぶつかった結果だったし、子供と先生の説明とも一致していたので問題視しませんでした。

  • 回答者:匿名希望 (質問から3時間後)
  • 2
この回答の満足度
  
とても参考になり、非常に満足しました。回答ありがとうございました。

バランス感覚を磨いて、落ちたときも対応できる瞬発力を身につけておくべきでしたね。ちいさいころ、外遊びをやらないでゲームばかりやっていたのではないでしょうか。親の育て方に問題がありそうだし、社会環境もダメですね。やわになっていく日本人に危機感を覚えます。

===補足===
マスコミ・親などがうるさすぎる。本来上で書いたような問題が基本なのだが、学校の責任だとイチイチうるさすぎる。だから教頭も萎縮してしまう。何にも問題が起きないようにするには、究極のところ何もやらなければよい、学校を閉鎖すればよいということになってしまう。そのくらい重箱の隅を突くようなことをマスコミなどが炊きつけて親がのっかるから、教頭もビビッてしまっているのです。

対策としては一つのピラミッドに複数の教員を配置して、ふかふかなマットを準備すればいいじゃないですか。人員増が当然必要ですが、それだけの税金負担をする勇気が親にありますか。行政も決断できますか。

先生方は予算削減、人員削減、給料減額の中にもかかわらず、以前より細かい時間のかかる対応をしてきています。並大抵なことではありません。ある意味限界を超えていると思います。過労などで心を病む教員が続出している原因を無視して、何かあれば一方的に非難する風潮がよくない。鬼の首をとったかのような親とマスコミが、このように教育の本質を狂わせている根本原因なのです。

嘘はよくない。これは当たり前です。ただ、その原因を作り出しているのが、自分たち本人であることを棚にあげて、学校を批判するのがいかがなものか。

権利だけを主張するのではなく、義務の部分をしっかりとやってもらわないと、社会はうまく回っていかない。

教頭を追い詰めたのは、自分たちであることを自覚してもらいたい。
質問した方も、物事の表面的なことだけをみて、弱いものいじめをするのではなく、物事の本質を捉えるよう勉強してください。

  • 回答者:鍛えよ。 (質問から2時間後)
  • 1
この回答の満足度
  
回答ありがとうございました。
お礼コメント

萎縮したからと言って裁判所で偽証したりウソの書類を出したり、有利な回答を誘導して良いはずがありません。犯罪です。

この裁判は被害者が勝訴した珍しい例です。弱い者いじめをしているのは、この安藤伸二教頭でしょう。

私の質問だって一方的に学校を非難してませんよ。学校や教育委員会の事情(それも誇張した)だけを一方的に言い立てているのは、回答者様の方でしょう。

どうして隠蔽工作が必要なのかわかりません。
ちゃんと認めていたらこんな大袈裟なことにはならなかったでしょうに。
子供だから甘くみたんでしょうね。
まったく信じられません。

  • 回答者:匿名 (質問から7分後)
  • 2
この回答の満足度
  
とても参考になり、非常に満足しました。回答ありがとうございました。

ケガしたうえに保身のために学校・教師がウソの証言されたら
たまったものじやないですね。
こんな最低な学校なら二度と行きたくないです。

  • 回答者:匿名 (質問から6分後)
  • 2
この回答の満足度
  
とても参考になり、非常に満足しました。回答ありがとうございました。

とくネタ総合ランキング

すべてを見る

トクネタを投稿する

Sooda!からのお知らせ

一覧を見る