すべてのカテゴリ » ニュース・時事 » 経済

質問

終了

原発はなくしたほうがお得ですか。トータルコストで考えて、教えてください。

得する人がいるとしたら、誰でしょうか。

  • 質問者:加太
  • 質問日時:2013-05-13 18:27:12
  • 0
ソーシャルブックマークに登録する:

なくした方がトータルで得だと思います。1回事故が起きたときの事態収拾コストが取り返しがつかないくらい大きいです。福島第一も今後どれだけお金がかかるのかわかりません(環境汚染による農林水産業への賠償金、住民への賠償金、今後の被爆者への医療費・賠償金、地元産業の経営悪化も含む)。

1回の事故で優良企業のはずだった東京電力は実質倒産、税金投入、所得税増税、消費税増税ですから。

得するのは原発関係者のみ。

ウクライナのチェルノブィリもアメリカのスリーマイルも広大な国土の僻地で起こったので何とか封じ込められましたが、狭い日本での原発はリスクが高いです。

  • 回答者:とくめいきぼう (質問から7日後)
  • 0
この回答の満足度
  
とても参考になり、非常に満足しました。回答ありがとうございました。
お礼コメント

事故が起きなければ数万年の管理費用は安いのでしょうか。

並び替え:

100年200年のスパンで考えたら、なくしたほうが得ですね。そのくらいの間には確実のまた事故が起こるだろうし、事故処理にかかる費用と、その原発がそれまでに生み出してきた総電力の恩恵を天秤にかけても、事故処理費用のほうが高くつくでしょうからね。事故の地元の土地は、その後、数万年単位で汚染の影響が残って経済活動も鈍ってしまうし。

  • 回答者:匿名希望 (質問から6日後)
  • 0
この回答の満足度
  
とても参考になり、非常に満足しました。回答ありがとうございました。

なくしたほうがお得だと思いますよ。
使用済み燃料の保管料など莫大なコストが掛かっていますから。
原発で得する人は原発マフィアとその周辺でしょう。

  • 回答者:匿名 (質問から1日後)
  • 1
この回答の満足度
  
とても参考になり、非常に満足しました。回答ありがとうございました。
お礼コメント

廃炉にコストがかかるのです。

なくした方が断然お得です。だって何か問題があれば半永久的に負担をしなくてはならないのですから。得するのは利権に群がっている人や電力会社の社員や政治家だと思いますね。

  • 回答者:匿名 (質問から17時間後)
  • 0
この回答の満足度
  
とても参考になり、非常に満足しました。回答ありがとうございました。
お礼コメント

なくすことに莫大なお金がかかります。廃炉はとてつもなく大変

無くした方が絶対お得だし安全です。使用済み燃料はどうするつもりなんでしょうか?

得するのは、政治家と電力会社と原発作っている企業ですね。

  • 回答者:危険がいっぱいなのにね (質問から16時間後)
  • 0
この回答の満足度
  
とても参考になり、非常に満足しました。回答ありがとうございました。
お礼コメント

廃炉に莫大なお金がかかります

無くした方が断然お得ですね。

原発があって得をするのは利権に群がる一部の人たちですね。

  • 回答者:匿名 (質問から8時間後)
  • 0
この回答の満足度
  
とても参考になり、非常に満足しました。回答ありがとうございました。
お礼コメント

莫大な廃炉費用はどうするのですか。

断然お得です
核廃棄物の処理にかかるコストを隠して語る人々のいうことは信用しないように

この回答の満足度
  
とても参考になり、非常に満足しました。回答ありがとうございました。

はい、お得です。
放射性廃棄物を長期間にわたって保管しなければならないですからね。

  • 回答者:匿名 (質問から48分後)
  • 0
この回答の満足度
  
とても参考になり、非常に満足しました。回答ありがとうございました。

作っても維持費その他費用を考慮しても高い建造物です。
それに放射能漏れによる脅威が常につきまとうので少しずつ安全性の高い代替エネルギーに変更しつつ廃炉を進めるべきです。

得をするのは原発を作った会社と利権に絡んでいる政治家・官僚・官僚の天下り先である原発関係の公益法人ですね。

  • 回答者:匿名 (質問から31分後)
  • 0
この回答の満足度
  
とても参考になり、非常に満足しました。回答ありがとうございました。

だと思います
得する人=未来の人たち

  • 回答者:sooda (質問から12分後)
  • 0
この回答の満足度
  
とても参考になり、非常に満足しました。回答ありがとうございました。

とくネタ総合ランキング

すべてを見る

トクネタを投稿する

Sooda!からのお知らせ

一覧を見る