すべてのカテゴリ » ニュース・時事 » 社会

質問

終了

また学校の虐め自殺で、不可解な疑惑が持ちあがりました。

責任者の一人に事件を担当させ、しかもそれを隠すなんて、常識的に変じゃないでしょうか?

◆館山の中2自殺:教頭、市教委へ異動 半年後に指導主事、父「隠蔽図った」 /千葉
http://blog.livedoor.jp/damekyoshi/archives/1846560.html
毎日新聞 2012年9月6日(木)11時56分配信

 館山市内の中学2年の男子生徒が08年9月、自殺した問題で、生徒が命を絶った半年後、男子生徒が通っていた中学の教頭が同市教委に異動し、管内の学校に指導助言する「指導主事」として男子生徒の自殺問題の担当をしていたことがわかった。

 男子生徒の自殺後、同校は他の生徒へのアンケートを実施し、報告を受けた市教委は「からかいなどいじめにつながる事実はあったが、死に直接結びつく要因は分からなかった」と父親らに報告。異動はその後に実施された。

 男子生徒の父親はさらに詳細な調査内容を聞くため、学校側とやり取りした際、09年4月付の異動の事実を知ったという。
 
 父親は「とても驚いた。市教委が中学校と一体となって事件に幕を引こうとしたとしか思えない」と強く反発したという。

 市教委によると、この教頭は中学に赴任する前にも市教委で指導主事をしており、現在は市内の小学校の校長に昇進している。

 市教委は「人格識見を総合的に判断して行った人事で、他意はなかった」と説明しているが、父親は「事実関係を隠蔽(いんぺい)し、調査の徹底を見送る結果になったのではないか」と批判している。

・・・・・当時の責任者の一人に事件を担当させれば、「学校に責任はなかった」という方向に持って行くのは目に見えています。

疑惑を持たれても仕方がなく、民間会社でそんな対応すれば会社は信用を失うでしょう。

世の中で通用しないのではないでしょうか?

教育委員会は「この自殺問題を担当しているのは判らんだろう」と、私たち一般市民甘く見ているのでしょうか?


★参考記事
 
◇市議会でも質問相次ぐ

 館山市内の中学2年の男子生徒が自殺した件で父親が同市教育委員会に再調査を求めている問題は、自殺が報じられた5日、開会中の同市議会で2人の議員が市教委に説明を求めるなど大きな波紋が広がった。

 市議会では、森正一、石井敏宏両市議が「いじめ」問題で質問に立った。石井議員は男子生徒の自転車のパンク事件など、毎日新聞が報じたいじめの事例を「市教委は認識していたのか」とただした。
 
 市教委の出山裕之教育長は、自殺後の生徒アンケートなどでわかった男子生徒に対する「からかいや悪口の事実」について「いじめ」であることを認めたが、同時に「学校として、いじめと自殺との因果関係があるとは特定できなかった」などと当時の調査の結論部分だけを繰り返し答弁。

 その後も、「いじめ問題は、早期発見、早期対応が何より重要。教師は、いじめ被害を受けた子どもの心に寄り添うことが大事だ」と一般論を述べるなど具体的な自殺の原因や背景については言及を避けた。【中島章隆】

  • 質問者:斎藤 浩輔
  • 質問日時:2013-05-23 20:52:33
  • 3
ソーシャルブックマークに登録する:

こういう教委・学校の隠蔽体質が後を絶ちませんね。
これでは自殺した子と遺族が気の毒です。
なんとかならないのでしょうか? 改善してほしいものです。

  • 回答者:匿名 (質問から12分後)
  • 3
この回答の満足度
  
とても参考になり、非常に満足しました。回答ありがとうございました。

並び替え:

みなさん自分たちの身を守る事だけは一生懸命ですね。

こう言った所にメスを入れない限り決して良くはなりませんね。

  • 回答者:匿名 (質問から6日後)
  • 3
この回答の満足度
  
とても参考になり、非常に満足しました。回答ありがとうございました。

教育現場の常識は、世間の非常識です。

  • 回答者:匿名希望 (質問から2日後)
  • 3
この回答の満足度
  
とても参考になり、非常に満足しました。回答ありがとうございました。

組織改革を本気でやらないとだめですね

  • 回答者:sooda (質問から8時間後)
  • 3
この回答の満足度
  
とても参考になり、非常に満足しました。回答ありがとうございました。

全国的にイジメの問題が深刻な状況になっています。どこも隠蔽、責任逃ればかり。
これからは加害者は成人と同じように裁かれてようにしないとダメです。殺人罪で告発するべきです。

  • 回答者:匿名 (質問から3時間後)
  • 3
この回答の満足度
  
とても参考になり、非常に満足しました。回答ありがとうございました。

とくネタ総合ランキング

すべてを見る

トクネタを投稿する

Sooda!からのお知らせ

一覧を見る