すべてのカテゴリ » アンケート

質問

終了

盗まれた仏像は返してもらえますか。裁判所も含め国家ぐるみで泥棒な場合、どのような対処をすべきでしょうか。

仏像返還、訪韓し直談判へ 対馬市長、1万7千人署名も提出
2013.6.12 19:31[窃盗・ひったくり]
長崎県対馬市の観音寺から盗まれた文化財「観世音菩薩座像」

 長崎県対馬市の観音寺から盗まれた「観世音菩薩坐像」(高さ50.5センチ)が、韓国で発見されながら韓国の裁判所が返還差し止めの仮処分を決めた問題で、対馬市の財部能成市長が7月にも訪韓し、韓国・文化財庁に返還を求めて直談判する意向を固めたことが分かった。返還を求める島民の署名約1万7千人分も同時に提出する考えだという。

 市教育委員会によると、署名活動は財部市長が発起人となり、4月下旬に開始した。6月11日までに市の人口(約3万4千人)の半数に当たる1万6803人の署名を得たという。

 市関係者によると、財部市長は「仏像は何百年も島民が守ってきた。島民の気持ちを伝えるのが私の使命だ」などと周囲に漏らしており、訪韓の決意は固いという。ただ、韓国側との日程調整などはまだ進んでいないという。

 観音寺の前住職、田中節孝氏は「当初から財部市長には返還を求めるようお願いしていたので訪韓すれば事態が前進するのではないかと期待している。できれば私も一緒に行きたい」と語った。

 また、仏像返還運動に携わってきた小宮教義市議は「ちょっと遅かったが、行くからにはきっちりと取り返してほしい。観音寺の住職らと檀家も一緒に訪韓し、きちんと思いを伝えるべきだ」と述べた。
観音寺の菩薩坐像は昨年10月上旬、本堂から盗まれた。韓国・大田地方警察庁が今年1月29日、窃盗グループの男(69)を立件し、仏像を回収したことを発表。これに対して、韓国・瑞山市の浮石寺や仏教界が「仏像は倭寇に略奪された」などと訴え、大田地裁は当面返還を差し止める仮処分を出した。

 菩薩坐像は14世紀前半に浮石寺で作られたとみられるが、14世紀末に成立した李氏朝鮮が儒教を国教としたことにより各地で仏像破壊が頻発し、浮石寺も一時廃寺になった。菩薩坐像にも傷があり、この時期に惨状を見かねた人の手により、対馬に持ち込まれたとみられている。

 それだけに対馬市民の憤りは大きい。地元では、毎年8月、韓国から舞踏団などを招き、朝鮮通信使を再現する「厳原港まつり対馬アリラン祭」を開いてきたが、今年は朝鮮通信使行列を中止する方針。http://sankei.jp.msn.com/politics/news/130612/lcl13061219320001-n2.htm

  • 質問者:匿名
  • 質問日時:2013-06-13 00:45:25
  • 0
ソーシャルブックマークに登録する:

国家ぐるみで盗んだ物を返してくれないのですから困った隣国ですね。
とりあえず盗まれた物を返してもらうために主張は続けるべきでしょう。
泣き寝入りで何もしないよりはマシですから。

  • 回答者:匿名 (質問から17時間後)
  • 0
この回答の満足度
  
とても参考になり、非常に満足しました。回答ありがとうございました。

並び替え:

返してもらえません。
泥棒が盗んだ物を返還なんて感覚はないのでしょう。
とにかく盗んだほうが勝ちという事なのでやり返すしかないのでは・

  • 回答者:匿名 (質問から1日後)
  • 0
この回答の満足度
  
とても参考になり、非常に満足しました。回答ありがとうございました。

何があっても自分たちの非を認めるような国ではないですから
幾ら日本が抗議しても下手な言い訳を並べるだけで
返還されることは無いと感じますけどね。

  • 回答者:匿名 (質問から1日後)
  • 0
この回答の満足度
  
とても参考になり、非常に満足しました。回答ありがとうございました。

まったく酷い国ですね。あきれます。
何から何まで日本の物が欲しいのですね。

  • 回答者:盗人 (質問から12時間後)
  • 0
この回答の満足度
  
とても参考になり、非常に満足しました。回答ありがとうございました。

泣き寝入りは最悪なので、とにかく主張しましょう。
絶対返してくるような国じゃないでしょうが。

  • 回答者:とくめい (質問から11時間後)
  • 0
この回答の満足度
  
とても参考になり、非常に満足しました。回答ありがとうございました。

まともな国だったら返ってくるのですが、ああいう国ですからね・・・

  • 回答者:sooda (質問から9時間後)
  • 0
この回答の満足度
  
とても参考になり、非常に満足しました。回答ありがとうございました。

とくネタ総合ランキング

すべてを見る

トクネタを投稿する

Sooda!からのお知らせ

一覧を見る