すべてのカテゴリ » 知識・教養・学問 » 教養・マナー » 一般教養・雑学

質問

終了

日本刀は(時代劇みたいに)数人以上は切れないと言いますが、

乱闘で、多々居る敵に対して日本刀を代わる々替えて戦ったのは誰ですか?
 どこぞの旅籠で主人の日本刀(コレクション)で敵と戦った??

うろ覚えですが、あれは時代小説だったのでしょうか?

  • 質問者:襲撃
  • 質問日時:2014-03-15 23:14:43
  • 0
ソーシャルブックマークに登録する:

並び替え:

私も同意見で足利義輝ですよ。
戦国・江戸時代の各流派の祖とも言うべき剣豪・
上泉信綱を呼び寄せ剣技を披露させたりもしています。
(その時信綱の相手を務めたのが弟子の柳生宗厳)

ただ、死の間際に使った名刀の銘はあまり知られていないんですよね・・・。
大般若長光(国宝)があったのは確からしいんですが。

  • 回答者:ひょっとして無銘ばっか? (質問から3日後)
  • 0
この回答の満足度
  
とても参考になり、非常に満足しました。回答ありがとうございました。

将軍足利義輝のことでしょうか?

塚原卜伝にも剣術を教わり、歴史上の将軍の中で最も武術に秀でた剣豪と言われています。

松永久秀に襲われたときに秘蔵の刀を数本畳に刺して刃こぼれするたびに替えて奮戦したのは有名な話です。

最期は畳越しに大勢の敵に突き殺されました。

将軍暗殺後弟が還俗して坊主から将軍になったのが足利義昭で今放映されているNHK大河ドラマの「軍師官兵衛」でも将軍暗殺シーンがありましたよ。

  • 回答者:匿名 (質問から17時間後)
  • 0
この回答の満足度
  
とても参考になり、非常に満足しました。回答ありがとうございました。

とくネタ総合ランキング

すべてを見る

トクネタを投稿する

Sooda!からのお知らせ

一覧を見る