すべてのカテゴリ » 知識・教養・学問 » 知識・学問 » 経済・産業

質問

終了

核技術の革新について


ベルギーのMyrrha加速器駆動研究炉の運用は、
2024~2025年頃という話ですが…、

核変換技術が実用化すれば、人間が管理不能とも思える、
半減期数万年の核のゴミを焼却させたり、
絶対量を減らしたり、半減期を数百年に短縮させる事が、
可能になるという認識で合っていますか?

実現可能な技術だと思いますか?

  • 質問者:匿名希望
  • 質問日時:2014-03-21 17:38:57
  • 0

回答してくれたみんなへのお礼

回答、ありがとうございました。
ソーシャルブックマークに登録する:

ベルギーで成功したのはあくまでも、加速器による運転が出来たというだけで
核種変換技術自体は実験レベルにすら到達していないのが現状です。
現時点では夢のような話ではありますけど、いずれ実用化されるかもしれない
技術ではありますけどそれにはまだまだ多くの実験が必要になることでしょう。

  • 回答者:匿名 (質問から6日後)
  • 1
この回答の満足度
  
とても参考になり、非常に満足しました。回答ありがとうございました。

並び替え:

可能だとは思いますが安全性が心配です。それをクリアにしなければ認められません。

  • 回答者:匿名 (質問から18時間後)
  • 0
この回答の満足度
  
とても参考になり、非常に満足しました。回答ありがとうございました。
この回答の満足度
  
とても参考になり、非常に満足しました。回答ありがとうございました。

とくネタ総合ランキング

すべてを見る

トクネタを投稿する

Sooda!からのお知らせ

一覧を見る