すべてのカテゴリ » ニュース・時事 » 国際

質問

終了

商船三井の船が中国に差し押さえられた、というニュースで大変な事態になったと思っていますがマスコミでもそれほど騒がないためよく分からない気分です。

今回のケースは日本にとってプラスとなるのでしょうか?それともマイナスでしょうか?もちろん経済的には損失ですし商船三井にとってはたまらない損害、という気がします。しかし実はこれも日本側にとっては予想済みの出来事で予定調和なのでしょうか?情報の使い方によっては「だから中国は危ない」「撤退するのが上策」と大義名分となりますし、レアアースの一件のように短期的には損失でも長期的には中国から自立した補給体制を確立でき中国依存から脱却する成功例もありました。

それともやはり完全に寝耳に水で日本が右往左往しているだけ・・ということなのでしょうか?

  • 質問者:匿名
  • 質問日時:2014-04-21 21:02:24
  • 0
ソーシャルブックマークに登録する:

並び替え:

本来は日本政府が守るべきことです。
もしくは国際司法裁判所に提訴すべき事。
結局は右往左往するだけで何も出来ずに、相手の言うがままに。
味をしめると再び同じことがどこかで起きることも。

  • 回答者:匿名 (質問から6日後)
  • 0
この回答の満足度
  

中国側国際法を守らず強引なことをすれば日本企業も本気で撤退を考えます。すでに生産拠点を移したメーカーもあります。長期的には中国との関係が無くなる方が混乱が少なくなっていいのではないでしょうか。

  • 回答者:匿名 (質問から2時間後)
  • 0
この回答の満足度
  

日本は政府も財界も、右往左往しているだけでしょうね。
トヨタをはじめとした有力メーカーの工場は、いまだに中国国内で操業を続けています。
財界トップが依然として中国の市場に期待を寄せており、日経新聞や、朝日新聞などの主要紙も
中国のデマの経済統計を垂れ流して、中国への進出を煽り立てています。
しかし、進出した日本企業の大半は、労働者の質の悪さ、電力事情の杜撰さ、技術の流出と、地方政府の横暴な振る舞いに遭遇して収益が上っていません。
この先よほどの馬鹿でもない限り、新たに中国に進出する企業は無いと思いますが、既に進出させてしまっている日本企業は、現地のおかしな規制によって、撤収すると日本人駐在員に危害が加えられたり、工作機械を没収させられたり、法外な退職金を支払わされる事になるので、容易に撤収することは出来ません。これから先少なくとも10年以上は、日本は中国からの理不尽な政策に振り回されて、多大な損出を蒙ることになるでしょう。

===補足===
裁判所も警察も役所も銀行も全てが出鱈目、さらに民度の低さは最悪レベルです。
現地邦人の自殺も増えているそうです。
あんな国に駐在員を派遣する日本企業の経営者は、まずその家族全員を、中国に住まわせるべきでしょう。

  • 回答者:匿名 (質問から2時間後)
  • 0
この回答の満足度
  
とても参考になり、非常に満足しました。回答ありがとうございました。
お礼コメント

共産党が法律の上にいる怖さを理解しきれてなかったツケですね・・

とくネタ総合ランキング

すべてを見る

トクネタを投稿する

Sooda!からのお知らせ

一覧を見る