すべてのカテゴリ » インターネット・パソコン » ソフトウェア » 使い方・不具合

質問

終了

パソコンについての質問です。3点ほど。
私のパソコンはWindows8.1です。富士通のLIFEBOOK SH54/Kです。

1つめです。このパソコンに「富士通アドバイザー」というソフトがプリインストールされていまして、アップデートするソフトなどがあるときに教えてくれる・・・のですが、読んだはずのメッセージが翌日にまた「新着」として通知が来る、といった現象が見られます。何が原因で、どうすれば改善されるのでしょうか?

2つめです。先の「富士通アドバイザー」に関するものですが、そのソフトでは「ソフトウェアを更新しろ」という旨のメッセージが表示されています。「アップデートナビ」にて何度か確認していますが、更新すべきソフトウェア・プログラムはありません。上述の不具合と連動しているバグ(?)なのでしょうか。もしくは、何か私が見落としているのでしょうか。

3つめです。私にとって最大の問題です。誤変換レポートってありますよね。これと学習機能を用いて自分なりのスムーズな変換作業をしたいのですが、全然学習してくれません。例えば、「ひ」と打ってまず「日」としたい、また「日」と打つ回数がダントツなのに、10回くらいは一つ目の候補に「非」が出てきます。何度か打っていると「日」が最初に出てきますが、またしばらくすると「非」になってしまいます。(あくまで一例です。)
IMEのオプションからプロパティを開き、何回も「学習する」にチェックを入れているのですが、なかなか機能してくれません。誤変換レポートも、同じ内容を何回も送っているのに改善されません。

以上3点、どうすれば解決できるでしょうか。皆様のお知恵をお貸しください。お願いいたします。

  • 質問者:いろは丸
  • 質問日時:2014-09-09 20:35:41
  • 0
ソーシャルブックマークに登録する:

並び替え:

誰からも返事が返っていないようなので、自分が答えるとがっかりさせかねないので応えるのを控えておりましたが、お答えすることにします。先に誤っております。すべての期待には応えられません。
1.「富士通アドバイザー」について、厳密なチェッカーとは言えないでしょう、あくまでアドバイザーですから。無料でついてくるユーティリティの限界とお考えください。

2.「アップデートナビ」があるのでしたら「富士通アドバイザー」は止めておいたほうが無難でしょう、二重定義されるのがオチです。あなたの責任ではありません。
「富士通アドバイザー」の停止方法はマニュアルにあると思います。私自身はこの手のユーティリティを好んでおりませんので使用してはいませんが、使っているセキュリティソフトが見つけてきてはくれます。

3.IME最近とみに思うのですが、IMEの変換効率はかなり下がっていますね。時々自分の文章を確認せずにアップしたりすると誤変換の山だったりします。まあ、Microsoftの無償日本語メソッドですから、あまり文句を言ってもしょうがないかな。変換効率だけで考えるならばJustSystemのATOKのほうが高効率だと思いますが、有償です。

昔(20年以上前)は、買ってきたシステムでは満足できないので有償ソフトを導入して自分に快適にカスタマイズすることが普通でしたが、Windowsが当たり前になり、カスタマイズを考える人が少なくなった、そんなことも原因となっていますでしょうか。

一度試してみていただきたいソフトウェアにGoogleIMEがあります。
http://www.google.co.jp/ime/

IMEよりは変換効率は高いと思いますので、一度ダウンロードしてみてはいかがでしょう。

同様のIMEにBaidoIMEがありますが、中国百度製でシステムにキーロガー(キーボードの打たれた内容を蓄積し、特定サイトに情報を送りつけるマルウェア)が仕込まれていたなどの悪しき評判もあるので、こちらには手をお出しになりませんように。

この回答の満足度
  
とても参考になり、非常に満足しました。回答ありがとうございました。
お礼コメント

ごーすけさん

非常にご丁寧な回答、ありがとうございました。
1と2については、富士通アドバイザーの限界が他のナビより低いということで、安心しました。あまりに鬱陶しいようであれば削除します。
3については、GoogleIMEを一度検討してみたいと思います。昨年は2日も使えば学習してくれたのですが、ある日を境に学習がリセットされたり(何もしていないのに)していたので困っていました。原因もわかりませんし…。

ご回答いただき、本当にありがとうございました!

とくネタ総合ランキング

すべてを見る

トクネタを投稿する

Sooda!からのお知らせ

一覧を見る