すべてのカテゴリ » 美容・健康 » 健康管理 » 病気・症状

質問

終了

双極性障害と統合失調症についてです。
初めて精神科にかかったのは10年ほど前。うつ病でした。それまで、不安定な時期もありましたが、いきなり涙が止まらなくなり、もうこれは限界と病院へ行きました。それから、また、不調になり、そのとき先生に、なぜか、自分の中で統合失調症が気になっていたので、統合失調症ではないかと訊くと違うといわれて5年後くらいに不安定になり引っ越した県の病院の先生に統合失調症と言われました。
数か月前病院を変えたら、あなたは鬱の症状があるといわれました。
初診でうつ病と言われたころ、無駄なもの投資してしまうなっどといった症状がありました。今はTVを見る気がしない、文庫本なんて集中力も気力もなくて無理。音楽も楽しめない。たまに浪費してしまう。あとは中途覚醒。
統合失調症で治療をしていた前の病院の先生に診断名が変わるとまずいってわかりますか?と言われましたが、その意味も分かりません。どういう意味なのでしょうか?
今の日中の精神安定剤は両方の病気に効くそうです。
やはり、私は、統合失調症なのでしょうか?
双極性障害の可能性もあるのでしょうか?

  • 質問者:匿名希望
  • 質問日時:2014-09-29 05:13:03
  • 0
ソーシャルブックマークに登録する:

並び替え:

3人の医師の診断が違っている事で不信感を持たれているようですね。
お気持ちはお察します。
質問の一つ目については、話の前後が判れば良いのですが、、、何とも言えません。
可能性としては、他の方が書いていらっしゃるように年金問題の様に思えます。
理解できない話をする医師もいますし、こちらの状態が悪い時もあります。
対処療法ですがご家族に同席してもらうなど対策してみるのも手です。

質問の二つ目については、
ここでは診断は無理であることをご理解下さい。結局素人判断です。
今出ている症状は、やもすると薬の作用によるものかもしれません。そこだけで
判断することは危険ですし、結局、治療にプラスにはならないのではないでしょうか。

全部医師任せにすることは無いと思います。知識を持つことは大事です。
ですが医師と信頼関係を築くこと無しには、その知識も生かすことは出来ないと思います。

今の医師との診察で、説明が判りにくい様であれば上記の手を使うなどしてみてください。
それであなただけでなく、ご家族でも理解出来ない話をする医師であるならば、
また信頼されないようであれば迷わず新たな病院を探しましょう。

この回答の満足度
  
とても参考になり、非常に満足しました。回答ありがとうございました。

親戚や友人にも苦しんでいる人がいますが、その二つはよく似た症状があり、専門医でも迷うそうです。特に双極性障害の診断は難しいと言われました。
やはり自分に合う医師と薬に出会うまで根気よく探すしかないと思います。
私の親戚は症状を抑える薬に出会うまで五年ほどかかっておりました。双極性の場合鬱の薬を飲むと悪化しますし、本当に個人によって薬も千差万別です。まずは信頼できる病院を探して下さい。お大事に。

  • 回答者:おやき (質問から2日後)
  • 0
この回答の満足度
  
参考になり、満足しました。回答ありがとうございました。

二つは違います
統合の場合はないはずのものが聞こえたり、見えたりします。
双極性の場合は抑うつ状態と躁状態がこうごにきます。
統合での症状の中にうつ等も入ることもあります。
双極性障害の場合でも不安感など強い場合は
統合失調症の薬で弱いものが出るときもあります。想像とか鈍感になるので。

病名は先生によって変わることがあります。
障害者年金を受給する場合には病名でかなり審査が通しやすいかどうかにかかわるので
なにかの書類の手続き上で問題ないかという意味ではないでしょうか。
いずれにしても、その部分は先生に聞いたほうがいいと思います。
説明してくれない先生のところはやめたほうがいいと思います。
あとは地域の障害者支援センターに相談して流れを話してみるのがいいと思います。

  • 回答者:匿名 (質問から2日後)
  • 0
この回答の満足度
  
とても参考になり、非常に満足しました。回答ありがとうございました。

私は医療関係者ではありません
ただ参考になればと思い、wikiで調べてみましたが、当てはまる事はあるでしょうか
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8F%8C%E6%A5%B5%E6%80%A7%E9%9A%9C%E5%AE%B3

この回答の満足度
  
参考になりました。回答ありがとうございました。

とくネタ総合ランキング

すべてを見る

トクネタを投稿する

Sooda!からのお知らせ

一覧を見る