すべてのカテゴリ » 美容・健康 » その他

質問

終了

私は小さい時から体が弱くて食が細いのがとても悩みです。

12歳です。

 朝晩は親がカロリーの多い食べ物を作ってくれるので残してしまう日もありますがなんとか食べる事ができます。
 けれど学校給食は多すぎていつも残してしまって調子が悪くて保健室にいたり早退したりその日あは学校を休んでいたりで学校給食を食べない日だってあります。

 また体が弱いので年に少なくとも一回は入院していて風邪が流行れば風邪をひいています。

 良く救急車で運ばれた事がありましたが点滴と入院だけです。
 医師からはしょうが無いと言われました。

 それに友達など周りの人達は私の体を見て細くて良いねと良く言われますがそんな事言われても嬉しくありません。
 もうこんな体は嫌です。
 もっと体が強く食が太くていつでも健康でいたいです。

  • 質問者:°+.*☆帆ノ夏☆*.+°
  • 質問日時:2015-03-12 07:12:46
  • 0
ソーシャルブックマークに登録する:

並び替え:

食が細い人は一度に沢山は食べられないので、1日に5~6回にわけて食事するとよいです。
朝食。10時におやつ。昼食。3時のおやつ。夕食。夜食(または寝る前に寝つきがよくなるホットミルクを飲む)
学校と保険医さんなどに相談して、食事がとれない時などに、簡単に食べられるものを少し保健室に用意してもらうとか。(学校の用意は難しいでしょうから、親御さんが購入して保健室で管理してもらうとかね)フリーズドライのスープやソイジョイみたいな栄養補助食品。

ナッツ類。アーモンドやくるみや栗などは栄養バランスがよいので、毎日少量ずつ食べるとよいですよ。

それと80歳でエベレスト登頂に成功した三浦雄一郎さん。三浦家に伝わる健康ドリンクなどをためしてみる。
「三浦家の元気な食卓」そのた三浦さんのご本などに掲載されていますが、それを飲むのもいいと思います。
三浦さんも子供の頃は身体か弱かったんですよ~~。

辰巳芳子さんの「いのちのスープ」も良いと思います。
こちらも詳しくは本をみてください。

  • 回答者:匿名 (質問から11時間後)
  • 0
この回答の満足度
  

当方の御周辺にも、同じような悩みを持った人々がいらっしゃいます。

まず、食が細い人には、一日三食を目いっぱい食べることは難しいと
思われますので、もう少し、回数を増やして、空き時間に、腹を満たすようにし、
自宅に居る時は、御飯は柔らかめにして、冷えた御飯は、レンジでチンする前に
少しの水を振り掛けると、やんわりして、食べやすいですね。そうすると、多少、
食は進むかと思います。おかず類も、なるべく小さく刻んで、口に運びやすく、
消化しやすいような工夫ができれば、なお、良いでしょう。

また、風邪をひきやすい人は、なるべく風邪をひかないように、体を温める
ショウガや、料理に七味や一味を加えるのも一手です。

私の友人は、昔から体が弱く、食も細い人でしたが、そろそろ還暦を迎える今は、
若いころの虚弱体質が嘘だったかと思うほど、元気になっています。その人は、
子供の頃から、柔らかいタオルで、就寝前に、乾布摩擦をされていたようです。

少しのヒントになれば、幸いです。お体、大切に。。。

  • 回答者:おばさん (質問から7時間後)
  • 0
この回答の満足度
  

大変ですね。頑張れとは言いません。
無理せずマイペースでいきましょう。
長寿の人や偉人と言われる人にも
子供の頃は体が弱かったという人がたくさんいます。
そういう人は体が弱いのをどうやったら克服できるだろうと
考え、実行していった結果が出ているのだと思います。
逆に子供の頃から丈夫で元気だった人が若くして突然死したりします。
あまり体について考えず、無理をしてしまうからなのかもしれませんね。
なのであなたも諦めず日々少しでも何かを考え工夫して生きてみましょう。

  • 回答者:匿名 (質問から4時間後)
  • 0
この回答の満足度
  

とくネタ総合ランキング

すべてを見る

トクネタを投稿する

Sooda!からのお知らせ

一覧を見る