すべてのカテゴリ » 知識・教養・学問 » 知識・学問 » 芸術・言語・文学

質問

終了

質問させて頂きます。

現在、ドイツ語の勉強をしています。
ですが、辞書などが『コレだ』と言える物が見つかりません。

私個人はできれば発音がカタカナでルビがふってある物を買いたいと考えています。

英語で例えれば 

ドッグ
 dog 犬

みたいな感じです。
大半の物は『ドッグ』のカタカナのルビの部分がない、発音はどうすればいいのか分からない辞書ばかりです。
つまり発音が日本語で分かる内容が欲しいのです。
そしてこれは辞書だけではなく教本でも良いです。
長文の例題なども載っていて、その長文全部の日本語での発音の為のカタカナのルビが振ってある本などならば、尚の事良しです。

情報提供をして頂ければ、ありがたいと思います。
何卒よろしくお願いします。

  • 質問者:itou
  • 質問日時:2015-05-01 21:44:30
  • 0
ソーシャルブックマークに登録する:

並び替え:

難しい質問ですね。
語学に携わる者とすれば、発音記号を見て発音を覚えるものであって、
言葉はその土地の発音も含めて勉強するもので。。。
決して日本語のカタカナ発音で勉強するものではない為、
辞書でカタカナ表記は無理があると思います。。。
学生が第二言語を学ぶのにそういったカタカナ表記で
無理矢理な学習をしているのも確かに見受けられますし
会話して通じる通じないは別として
とにかく多少現地の発音とは違っても
文章を理解して書くだけの勉強なら
それで通ってしまうので無理もないかと思います。
本来の学習法として理想なのは
発音記号を覚えて現地の人とも多少なりとも
会話ができる事です。
もちろん、紙の勉強で発音が身に付きづらい事ももっともなので、
例えばネットを使ってオンライン辞書を探すと
単語の発音もしてくれるものがありますので、
そちらを利用するのも手ではないでしょうか。
近い発音を耳にしながら覚える方が良いと思います。
http://www.dict.cc/
例えばこういうところとか。

  • 回答者:発音って確かに難しいですよね。 (質問から2日後)
  • 0
この回答の満足度
  
お礼コメント

ご返答、ありがとうございます。

「本来の学習法として理想なのは
発音記号を覚えて現地の人とも多少なりとも
会話ができる事です。」

この部分も勉強法の1つとして考えたいと思います。

とくネタ総合ランキング

すべてを見る

トクネタを投稿する

Sooda!からのお知らせ

一覧を見る