すべてのカテゴリ » ニュース・時事 » その他

質問

終了

今のメディア(テレビ・ラジオ・ネットラジオ・雑誌)で欠けているものはどんな事だと思いますか?または望むことはどんなことでしょうか?

  • 質問者:MANTY
  • 質問日時:2015-06-04 09:20:08
  • 0
ソーシャルブックマークに登録する:

並び替え:

上辺面だけの報道が多い気がします。
取材力の低下もあるでしょうし、報道する側が専門的なことの
理解そして勉強が浅いと感じます。

  • 回答者:匿名 (質問から7日後)
  • 1
この回答の満足度
  
とても参考になり、非常に満足しました。回答ありがとうございました。
お礼コメント

返信ありがとうございます。おっしゃるとおり、私もバスケットボールの取材に行くと感じます。組織の大きさだけで大きな顔していらっしゃるところもあります。もっと根本をさぐらないといけないし、視聴者もそれをメディアに求めているし、メディアしかできないものだと思います。ありがとうございました。

「人類の存続や共生のためのツールとしての自覚」が欠けていると思う。

人類の本能には、根本的に足りないところがある。
生存に欠かせない、食べ物について、どれを食べて良いか分からないし、DNA鑑定をしてないと親子関係も分からない。
この足りない部分を補うのが、人間同士のコミュニケーションであり、人間社会がグローバル化するな過程で、ツールとしてのメディアも拡大して来た。

しかしながら、人類の「大切な部分を補う」という自覚のないままのメディアは、人類を不幸にするばかりである。
人間同士の間に競争心を煽り、競争妄想を拡大させ、共生を阻んでいる。
仲間同士の戦争や人殺しは、無くなってはいない。
仲間同士の間で格差を付け、差別し、イジメもする。
人類の生存にも欠かせない環境を破壊している。

これらの不幸は、人類の知恵の結集を広めるべき役割があるメディアが、正しく機能していない証だと思う。

  • 回答者:団塊 (質問から5日後)
  • 1
この回答の満足度
  
参考になり、満足しました。回答ありがとうございました。
お礼コメント

非常に奥深い回答ありがとうございます。確かにコミュニケーションツールとしての役割は非常に大きいと思います。今後の参考に致します。

見ている側を楽しませてほしい。自分たちばっかり楽しんでいて
見ている側はしらけてしまう。

  • 回答者:匿名 (質問から19時間後)
  • 1
この回答の満足度
  
とても参考になり、非常に満足しました。回答ありがとうございました。
お礼コメント

ご回答ありがとうございます。そうですね何よりも視聴者 聴取者に対して何を届けたいのか。逆に何を望んであいるのか。そこをしっかり把握しないといけないと思います。ありがとうございました。

たくさんありますが、一番感じるのは中立な立場を守れてない人々を主役とした企画があまりにも多いというところですね。新聞もテレビもラジオもあまりにもそれに頼りすぎています。

例えばテレビでいえば、日本にはニュース番組がないとよく言われます。ニュース番組という名の情報ワイド番組だらけになってしまっているのです。NHKは偏向報道、つまらない番組、とよく言われ実際に私もそう思いますが、民間もニュース番組に関しては「いかに目立つか?」を中心として美人でスタイルのいい女性アナウンサーのお色気に頼ったり、いかにもスポーツ万能・容姿端麗・頭脳明晰で金太郎飴みたいな男性アナウンサーの笑顔に頼ったりと、「それはニュースに関係あることなのか?」と感じるものがあまりにも多いのです。事実を淡々と伝え判断は視聴者に委ねる、というメディア本来の役目はまるでなく。ゲストとして出演している芸能人の意見をそのまま伝えるなどあまりにも見当違いが多いのです。私はニュースも娯楽も大好きですし軽い話からお堅い話まで興味が尽きません。ただそういった気持ちもそういった要素がはいるとすごく色褪せてしまうのです。

また新聞も完全に「世論を作る」という目的に終始してしまっています。事実を伝えるのではなく事実を作るのが新聞の役目とばかりにどこも部数を競っていますが、恐らく明治時代に新聞を通して自由民権運動に励んだご先祖が知れば嘆きたくなる惨状だと思います。世の中に正義の権力だけでなく闇の権力があります。それに屈せず真実を暴き世論に正しい情報を伝えるのが誕生した所以であるのに全くもって忘れ去れています。

もちろん面白い企画をメディアが作るのは大事です。東日本大震災のような時は多くのものが破損してしまい、復興するために経済を回すには娯楽を中心としたもので無理やりにでも経済を動かしがむしゃにでも明日の経済を動かす活力を養うことがとても重要なのです。そういった意味ではメディアの娯楽まみれな姿勢も間違いではないのです。ただ、そこへニュースを中心とした偏向をいれてはならず淡々と事実を伝えるべきものが出てくると、日本のメディアは全て三流以下になってしまうのです。

はっきり言えば偏向もなく中立で淡々と事実を伝えればメディアにとっては大赤字です。それではビジネスとして成立しませんしスポンサーもつきません。ただし、それを補うため莫大な補助金が税金から出ているのも事実なのです。大事なのはメディア自身が「自分たちの報道には偏向がはいっている」と自覚し、それを視聴者にも見抜かれていると判断したうえで、それでも視聴者が納得しスポンサーも満足させる企画を作り続けることなのです。それさえできれば日本のメディアも少しは自浄作用が働く気がします。

  • 回答者:匿名 (質問から13時間後)
  • 1
この回答の満足度
  
とても参考になり、非常に満足しました。回答ありがとうございました。
お礼コメント

ご回答ありがとうございます。確かにいろいろしがらみはあると思います。ただおっしゃる通り資金はあるはずなので、それをベースにすれば納得させられる方法はいくらでもあると思います。私もお金さえあればもっといい番組作りできるのにといつも思っています。ありがとうございました。

メディアに望むものですね。
ニュース番組についてあります。
情報を結局流しっぱなしの姿勢が諸悪の根源だと思います。
事実だけを伝えるにしてもどうしても人のバイアスが掛かります。
そしてある意味何かを伝えようとすればそれは必要になりますし、
スポンサーがある以上、しがらみもあるでしょう。
極論かも知れませんが、仕組み上、偏向報道にしかなりえません。
また、ある意味人はそれを求めています。
では、私はどんなニュース番組が望みなのか?
事実誤認が判った時点で、以前の報道も含めて新たな事実を報道する番組です。
謝罪ではありません。見えなかった事実が見えてきたら
「以前こんな放送をしましたが~~新たな事実が見えて着ました。その背景は~~です」とすればよいかと。中間的な立場を死守する人が必要ですね。タレント司会者以外に。

もしも「ニュース番組はエンターテイメントだ」などとカタカナ使って悪びれたり
「視聴者が選択すればよい」などと責任を放棄するのなら
アニメと同じにちゃんとことわってから放送して欲しい
「このアニメを見るときは気分を明るくして現実から離れてみてね」あれ?
違いましたっけ。ま、こんな感じで。

ニュースは事実誤認や偏向が判った時点で訂正される。そういったことが恒例になれば
無責任なコメントが減り、誘導コメンテータも自然といなくなるかと思います。
当時の放送をバックに説明すれば効果絶大だと思います。
さすがに恥ずかしくなるでしょうし、ある意味そこからが勝負かと。
そこが不十分だから「言ったもの勝ち・やったもの勝ち」で
恥知らずな偏向報道ややらせが後を絶たないのではないでしょうか。

欠けているもの・・・「視聴者への真摯さ」だと思います。

===補足===
返信ありがとうございます。
熱い思いが伝わってきました。何だか引き算ばかり書いた自分が
恥ずかしくなりました。でも何だか嬉しい気持ちです。
これからも頑張って下さい。

  • 回答者:田中設計事務所 (質問から6時間後)
  • 1
この回答の満足度
  
とても参考になり、非常に満足しました。回答ありがとうございました。
お礼コメント

早速ご回答ありがとうございます。私はバスケットボールの番組をインターネットラジオで放送しております。私自身は実際に試合が行われている会場に行き、試合実況して選手ヘッドコーチのインタビューをしてそれをほぼそのまま放送しております。ニュースとスポーツとジャンルが違うかもしれませんが、視聴者様に何を伝えるのか、何を伝えたいのかをいつも大事にしながら放送しております。だからこそ、誘導だとかではなく今何が起こっているのかを正確に放送することが大事なことだと思います。ありがとうございました。

真実が欠けていると思います。

やらせ番組や嘘や誇張が多過ぎで
信じることができなくなりつつあります。

  • 回答者:匿名 (質問から2時間後)
  • 1
この回答の満足度
  
とても参考になり、非常に満足しました。回答ありがとうございました。
お礼コメント

ご回答ありがとうございます。おっしゃるとおりだと思います。私もこれからメディアの関係者として、真実なものを追求していきます。ありがとうございました。

とくネタ総合ランキング

すべてを見る

トクネタを投稿する

Sooda!からのお知らせ

一覧を見る