すべてのカテゴリ » ニュース・時事 » 政治

質問

終了

覚えてますか?
もう忘れてましたか?今の年金の根幹鮮度を作り直したのは、安倍政権を攻撃してる「民主党議員」だったんですね。。。

自分たちのしでかしたことを忘れたんでしょうか?
まだ数年前ですよね??



2015/06/20(土) 12:29:04.61
まとめ拾い

年金情報流出事件まとめ
・日本年金機構を設立したのは民主党政権
・年金機構の職務規定を整備したのは長妻昭
・年金情報管理を事業仕分けしたのは蓮舫
・脆弱な情報システムにしたのは山井和則
・旧社保庁再雇用したのは長妻昭と山井和則
・年金業務監視委員会を廃止したのは原口一博

民主「流出事件が起きたのは自民党政権ですので自民を叩きます 。。。。(それが何か?)


国会委員会で急に元気が出てきたと思ったら、自分たちがやったことなので「色々知ってる」って事ですね。

===補足===
上記
鮮度ではなくて「制度」でした。

  • 質問者:ブーメラン
  • 質問日時:2015-06-23 10:24:38
  • 0
ソーシャルブックマークに登録する:

並び替え:

覚えていますよ。
自分達にとって都合の悪い事は忘れる・なかった事にする政党である事も知っています。
鬼の首を取ったかのように非難攻撃しても、何を言っているのかなっていう感じです。
何を言っても誰も心から耳を傾けないでしょう。

  • 回答者:匿名 (質問から7日後)
  • 0
この回答の満足度
  
とても参考になり、非常に満足しました。回答ありがとうございました。
お礼コメント

鬼の首を取ったように「どや顔」で糾弾してますが。。。

やはりそうだったんですね・・・
年金機構自体の腐敗は過去の自民党政権時に作られていたと思っていましたが、
今問題になっている情報流失事件の元は民主党政権下の施策の結果だったんですね。
知りませんでした。

怖いですね。民主党政権下で行われた施策。
他に何があるんだろう・・・

それにしても、ソレをそんな事無かったかのごとく首相を糾弾していますね。
国会TV中継で堂々としている。これってすごい事ですよね。
やはり民主党議員というのは、日本と日本の国民の為に
悪役を買って出ている役者さんだと確信しました。

あれ?って事は、ソレに乗せられて、やれ"戦争法案""徴兵制がはじまる!""独裁だ"
と騒いでる学生とかはエキストラなんだろうか・・・
確かに、映画なんかでよく出てくるお馬鹿な民衆役っぽい。

端から見たら自分達が何をしているのか判らないんだろうか・・・

===補足===
なるほどです。
"戦争反対!"とか"~反対!"って思考停止に簡単に逃げてしまう稚拙さや、
単なる"祭り"として"楽しんじゃえ"という当事者意識の無さが
若者を動かしているだけでなく、
若者の中にそういった人達が居る可能性もあるという事ですね。

>民主が種まきしたのは、、、
スワップ。兵役。そうですか。・・・としたら先の話ですが兵役を終えた
在日の方は日本に帰ってくるのでしょうか?それはそれで心配です。・・・
私が知っている民主党政権時の種まきは。
・韓国からの食品輸入に便宜をはかる為に衛生的な検査が省かれた事。
 (韓国のりから基準値を上回る細菌発覚報道で知った)
・軍事機密がオープンにされていた事。
 (特定機密保護法で知った)
位かなぁ。後から後から問題として出てきますね。
>悪役なら、~
コレくらいのダメさ加減で良かったと思いますよ。民主党がもう少し
賢ければ、危なかったと思います。それに彼らには自民党内の古い膿を
搾り出すカッコイイ見せ場も期待していますから頑張って欲しいですね。

  • 回答者:徳兵衛 (質問から4時間後)
  • 0
この回答の満足度
  
とても参考になり、非常に満足しました。回答ありがとうございました。
お礼コメント

体の良い厄介払いですからね、、、第二次・朝鮮、戦中戦後のドサクサで戦争兵役が怖くて密航して居ついたのだから、所謂裏切り者、日本への出国許可がでるでしょうか。
うわさでは在日は財産諸共ですから、日本に帰ってきても無一文ですから。
これは日韓国政府での数少ないWINWINです。
何処かに、ハングル無しでも暮らせる幽閉場所(在日専用)があるので生活には困りません。

東京都知事も威張ってられるのは今のうちかもです。
オリンピックは何処で迎えるのか。。。

自民の膿を出そうとするたびに、一々ブーメランが「グサッ!!!」ですよ?
軍事機密がダダ漏れなのは韓国もで、中国へすり寄り、すでにアメリカから信用されてませんね、未だに民主なら、韓国みたいに信用足らず国に成り下がる処でした。

とくネタ総合ランキング

すべてを見る

トクネタを投稿する

Sooda!からのお知らせ

一覧を見る