すべてのカテゴリ » ニュース・時事 » スポーツ

質問

終了

来る東京オリンピック、真の問題は「暑さ」では?
今日は、推定37°C、お熱状態です。

秋に欧米各国がスポーツイベントファイナルが目白押しで、はじき出されるように決まった7月開催まであと5年、どれだけ対策を取る事ができるでしょうか?
(対ヒートアイランド道塗装とかの実験を始めるみたいですが)。。。
沿道沿いに「ミスト」とか。。。

東京の夏のすごさは海外にも響き渡ってるようです。。。

  • 質問者:あちち
  • 質問日時:2015-07-27 10:19:09
  • 0
ソーシャルブックマークに登録する:

並び替え:

風の出るエアカーテンやアスファルトの間に保水剤を詰め、
水が蒸発する際の気化熱で路面の熱を吸収する保水性など様々な実験が行われているみたいですね。日本の技術を世界にアピールできる場にもなってほしいものです。
本当の意味でのおもてなしが出来れば最高の大会になると思います。

  • 回答者:匿名 (質問から7日後)
  • 0
この回答の満足度
  
とても参考になり、非常に満足しました。回答ありがとうございました。

暑さはある程度予報が可能で対策ができますが、本当のリスクはいつ起きるかわからない関東地方での大地震。
オリンピックが開催するまでの準備期間中のいつ起きても大打撃ですが、周期的に起きているこの地方の大地震は長期的に見れば必ず起きる地震です。

オリンピックの開催が気会った時点で最初に連想したことが地震の事でした。
何千億円もかけて建設する競技場が地震で壊れたら世界中の笑いものになるだけなのでずいぶんとリスクを好き好んでしょい込んだものだと苦笑いです。

  • 回答者:匿名 (質問から13時間後)
  • 0
この回答の満足度
  
とても参考になり、非常に満足しました。回答ありがとうございました。
お礼コメント

自然災害、その為に、新国立が防災拠点兼任になってるのでは?
災害は織り込み済み、耐震・免震構造で、壊れるようなそんなに軟なつくりはしないでしょう。

笑う?
自然災害で被災した国を、世界中が笑う、ですか?
自然災害の可能性が高いくせに挙手、身の程知らずをですか?
何処の国もリスクはあるでしょう。
そんなことを考えていたらオリンピックを引き受ける国なんてありません。
災害で被災した国を貶め「笑う」のは「東亜1国」だけで、先の震災でもそうでしたが、被災した国へ(スポーツ国際大会の舞台で)「お祝いの言葉」を態々「日本語」で飾り、嘲笑い、援助に見返りを求め「恩を着せる」のは隣の国。。。だけです。
世界ではありません。

確かに暑さが最大の問題だと思います。
ヒートアイランド対策も限界があるので、屋外競技の実施時間を遅くする方向で対策するのかなと思ってます。(予選を午後3時からとか決勝戦だと午後8時からスタートとか…)
国内の視聴率は厳しいけど、欧米の視聴者(特に中継するTV局)にとっては都合がいいですから。(時差のこともあるので…)

  • 回答者:とくめい (質問から14分後)
  • 0
この回答の満足度
  
とても参考になり、非常に満足しました。回答ありがとうございました。
お礼コメント

なるほど。
 欧州の湿気が少ない国の選手団には、早々に「前乗り」して、湿気に体を馴染ませるのも必要ですね。。。
熱いだけの国は多いけれど、日本の場合、暑さ+「湿気」ですから。。。

とくネタ総合ランキング

すべてを見る

トクネタを投稿する

Sooda!からのお知らせ

一覧を見る