すべてのカテゴリ » アンケート

質問

終了

私は、原発稼動の県への観光旅行や産物購入を、止めることにした。

よって、予定していた鹿児島の指宿温泉旅行は、川内原子力発電所が再稼動をしたので、止めた。
それで、道後温泉を候補にしたが、「伊方原発の再稼働、知事も同意…26日表明へ」の記事を読んで、これも変更することになるようだ。

無駄な抵抗かもしれないが、皆さんは、どのように考えますか?

記事
伊方原発の再稼働、知事も同意…26日表明へ
読売新聞 10月25日(日)8時54分配信
伊方原発の再稼働、知事も同意…26日表明へ
 四国電力伊方原子力発電所3号機(愛媛県伊方町)の再稼働を巡り、愛媛県の中村時広知事は26日に地元同意について意思表明する方針を固めた。
 すでに、地元の伊方町長や県議会は再稼働を認めており、中村知事も同意を表明するとみられる。
 同県の関係者らによると、中村知事は26日、四電幹部に再稼働に対する考えを伝え、記者会見を開く意向という。その後、経済産業省に報告する方向で調整している。
 中村知事は22日に山下和彦・伊方町長から同意の報告を受けた際、「時間をかけた中での結論ということで、町長の思いをそのまま受けとめさせていただきたい」などと述べ、同意の意向を示唆していた。
 3号機は今年7月に、安全審査に合格。知事の同意が得られれば、地元同意の手続きは完了する。設備の使用前検査などを経て、年明け以降に再稼働する見通しとなる。

  • 質問者:団塊
  • 質問日時:2015-10-25 14:45:47
  • 0
ソーシャルブックマークに登録する:

貴女は反原発ですか?
気持ちは分からなくないですが
私は残念ながら原発賛成派です
脱原発を目指せるドイツとは違って日本は人口が多いので電気の消費量が桁違いです
なにより、大阪や東京の夜のあの明かりでどれだけの電力が使われているか、そして24時間のコンビニの多さなどがいい例です
面積は日本の方が僅かに大きいですが、日本は山が多いので発電に使える場所が限られています

電力発電や風力発電、火力発電もたかがしれてます
太陽光発電は雨の日は役に立たない
我が家もソーラーパネルがありますが梅雨の時期なんてろくに役立ってくれません

原発は確かに減らしていくべきだと思いますがすべて無くせるほどの電力を原発以外で補える確信がありません
電気代が2倍になり生活が苦しくなるというのが反原発派になれない最も大きな理由なんですけどね

  • 回答者:あ (質問から5日後)
  • 0
この回答の満足度
  
とても参考になり、非常に満足しました。回答ありがとうございました。
お礼コメント

地球上生物は、38億年をかけて、既存の放射性物質と折り合いを付けて、その生命をつないできている。
原爆、原発は、その生命が未体験である、新たな放射性物質を作り、そして環境に放出した。

70年間ほどでは、人工の放射性物質が生物界に与える影響は、まだ未知数である。
生物の歴史から推測するに、良い影響は、まったく考えられないはずである。

ヨウ素には、放射性は存在していなかった。
だから、人体は、甲状腺ホルモンの材料として、無条件で、吸収し、体内に貯めるシステムがある。

カリウムの場合、放射性カリウムも、自然界に存在している。
だから、人体は、体に貯めるようにはせず、常に排出するシステムとなっている。
私たちは、1日当たり300gの野菜を取るように指導を受けている。

特に恐ろしいのは、トリチウムである。
これは、水そのものと変わらないので、浄化する方法が、まったく、ない。
このような例は、ほんの一部である。

使用済み核燃料は、それほど危険ではなく、核燃料容器に人が直接触ることもできる。
しかし、使用済みとなると、近寄ることもできなくなる。
危険性は億倍以上となるとも言われる。
しかも、この厄介な使用済み核燃料の処分方法も、未定、未開発でもある。

現在、日本は、1000兆円の国債を後世に借金として残すことになる。
さらに、手に負えない使用済み核燃料や原発をも、後世に残すことになる。
稼動させる限り、さらに増やして残すことになるのだ。

目先の多少の利便さに目が眩み、何世代にもわたる後世に、その付を回すとは、なんと愚かなことか。

このサイトは、もう終わりだと思っていたが・・・回答ありがとう。

とくネタ総合ランキング

すべてを見る

トクネタを投稿する

Sooda!からのお知らせ

一覧を見る