すべてのカテゴリ » 美容・健康 » 健康管理 » 病気・症状

質問

終了

『ミサイル恐怖症』っぽいです。病院に行くべきでしょうか?

29日の国民保護サイレンを聞いてから、手足にむずむずするような脱力感や、物音に異様に警戒したり、心ここにあらず、というか、いつもと変わらない仕事をしているのに、いまいち集中出来ない感覚に襲われており、すごく辛いです。町内のスピーカーや空を見上げるだけでもゾッとすることもあります。雲の写真を撮るのが好きだったのに、今では怖いものでしかなくなりました。

国単位のあれそれを一般市民である自分がどうにかすることはできない事は、承知していますし、ミサイルより身近な脅威は沢山あるはずなのですが、何故かミサイルにだけはビビっています。自分でも不思議です。周りの人は「びっくりしたね~」で当日にはケロッとしていたのに、情けないです。

今年の冬に戦争が題材のアニメ映画を見ました。ライトな描写の作品だと思っていたら、そうではなかった事がショックだったので、もしかしたらそれがトラウマになっており、今回のことと結びつけているのかと思います。他に恐怖症らしい症状はあまり自覚していなく、高所恐怖症ぐらいしか思いつきません。これは、『パニック持ち』の可能性があるのでしょうか…。

「地震恐怖症」を検索したら、自分の症状に当てはまると思いました。(私は秋田県に住んでいますが、3.11の時は怖さを感じたことはありませんでした。)

私は発達障害とPMDDを患っており、精神科からセルシン・セパゾンを処方されています。服用して半日ぐらいは、ちょっと落ち着きました。
このまま服用して、緩和する様子がなければ、病院に相談してみようかと思うのですが、内容が内容といいますが、どうしようもないものなので、ちょっと抵抗があります。

病院に行くべきでしょうか? 自分で落ち着けるように調べるべきなのでしょうか?
むしろ考えることを避けて、もう情報に触れないほうがいいのか……冷静を欠いていて、判断がつきません。

今回の件で似たような症状がある方、震災の時に地震恐怖症だった方など、恐怖症治療について、ご意見をお聞かせください。宜しくお願いします。

  • 質問者:ばすで
  • 質問日時:2017-09-01 22:12:45
  • 1
ソーシャルブックマークに登録する:

並び替え:

質問者様の居住地域に、在日朝鮮人や帰化人が何十人かいれば、
朝鮮人も人間なので、同胞の居住地期には核爆弾を搭載したミサイルを撃ち込まない
と思うようにしませんか。
[在日朝鮮人や帰化人の全員が急遽どこかに移動したという事実が有れば、危険性が
高まるが…それがなければ、一応、安全と考えるようにしませんか。
なので、在日朝鮮人や帰化人の動きを把握できるような「仕組みづくり」を、
自治会長さんや地域の議員さん方に相談してみてください]

この回答の満足度
  
参考になりました。回答ありがとうございました。
お礼コメント

回答ありがとうございます。日本人ですら100万人も居ない県ですので、朝鮮出身の方どころか、国外出身ぽい方はあまり見ません。思って落ち着けるにはちょっと理由が弱いですね……でも、広範囲に攻撃をする、というリスクは確かに向こうにもあると思います。
民族や人種に隔たり無く、皆が無事であるように願うしかないです。

とくネタ総合ランキング

すべてを見る

トクネタを投稿する

Sooda!からのお知らせ

一覧を見る