すべてのカテゴリ » インターネット・パソコン » PC製品・周辺機器 » 使い方・不具合

質問

終了

最近パソコンを使用していると、突如として再起動してしまいます。
WindowsXPが例えば、Internet Explorerを2重
,3重に起動したり、iーTuneで音楽を聴きながらOUTLOOK EXPRESSを起動してメールを読んで
いると突然再起動となってしまいます。そしてマイクロソフトアップデートの途中で再起動してしまい、マイクロソフトアップデートページが
エラーを出してからは、一回再起動して、XPが立ち上がってパソコンがCドライブ
からデータをおそらく読み込んでいるときに再び再起動します。、上記のせいも一因となっているのでしょうか?
マイクロソフトアップデートで、カスタムから累積アップデート【総数)112 選択、インストール中、パソコンが再起動してしまい、
その後、同じようにしてwebページを出したところ、「webサイトに問題が発生したため、このページを表示することが出来ません」
エラー番号:0x80072EE2 と出ました。今回、再起動した時は
確か、Microsoft.NET Framework(不明)Service Pack3のときだったと思います。
そしてCドライブの、マイコンピュータを右クリックして管理を選択しコンピュータの管理画面からイベントビューア
ーアプリケーションを選択。右側にログの一覧が表示されるのでソース欄に Winlogon と
表示されている最新のログをダブルクリックして表示。以下
Details
Product: Windows Operating System
ID: 1001
Source: Winlogon
Version: 5.2.3790.1830
Message: NTFS - Autochk: file system check occurred on startup
Explanation
Microsoft® Windows® encountered corrupted file-system metadata during the last Windows session, so Windows marked the file system as “dirty” (corrupt). Windows ran the chkdsk /f command during startup in an attempt to repair the corrupted file system metadata.
Related Events
Chkdsk: Event ID 26180
Chkdsk: Event ID 1066
Cause
The file system might have been marked as “dirty” (corrupt) for one of the following reasons:
I/O requests that were issued by the file system to the disk subsystem might not have been completed successfully.
The operating system was shut down incorrectly.
If the volume is formatted with the FAT file system, an incorrect shutdown of Windows will always cause this event (Event ID 1001). FAT is not a journaling file system. In order to maintain metadata consistency, FAT requires the operating system to be shut down properly. An incorrect shutdown (for example, a power failure) forces Windows to run chkdsk in order to ensure that the file-system metadata is consistent.
If the volume is formatted with the NTFS file system, running chkdsk is not normally necessary. NTFS is a journaling file system and does not usually require chkdsk to ensure metadata consistency. However, NTFS depends upon the media to guarantee its write-through semantics. If the media does not accept write-through semantics, inconsistencies in the file-system metadata might occur when there is a sudden loss of power or a system failure.
The media (hard disk) might have developed bad sectors.
User Action
This message is provided to inform you that the chkdsk command was run on the file system. No actions are required, but the corrupted disk might indicate other disk problems. You should do the following:
Review the application log and the system log in Event Viewer for additional errors. Event ID 1066 contains the detailed chkdsk log. You should review the chkdsk log to see what problems (if any) chkdsk found on the volume and what fixes (if any) were made.
Check related hardware and devices on the shared bus to ensure that the cables are connected and that the hardware and devices are properly terminated.
Avoid improper shutdowns. If the volume is formatted with the FAT file system, you can usually avoid Event ID 1001 by properly shutting down Windows.
If Event ID 1001 occurs frequently for an NTFS volume (or for a FAT volume, despite proper shutdowns), it is likely that the disk has developed bad sectors. Run chkdsk /r to locate bad sectors on the hard disk.
Related Resources
For more information about chkdsk, see Knowledge Base article 187941, “An Explanation of CHKDSK and the New /C and /I Switches,” at http://go.microsoft.com/fwlink/?LinkId=25770.
Version: 5.2
Symbolic Name: EVENT_AUTOCHK_DATA
Explanation
Chkdsk ran on one of the volumes when the computer restarted. A log file, bootex.log, was created and stored in the root of the volume. This file states whether Chkdsk encountered any errors and, if so, whether they were fixed.
User Action
No user action is required.
Version: 5.0
Symbolic Name: EVENT_AUTOCHK_DATA
Explanation
Chkdsk ran on one of the volumes when the computer restarted. A log file, bootex.log, was created and stored in the root of the volume. This file states whether Chkdsk encountered any errors and, if so, whether they were fixed.
User Action
No user action is required.
--------------------------------------------------------------------------------
Related Knowledge Base articles
You can find additional information on this topic in the following Microsoft Knowledge Base articles:
• Windows 2000 Chkdsk Reports Cleaning Unused Security Descriptors
If you run the Chkdsk.exe tool with no command-line switches against a volume that uses the NTFS file system, Chkdsk.exe may report that problems were found and suggest that you run the Chkdsk command with the /f switch to fix the volume. For...
• Problem with manually configured MSI files.
The article explains the problem with customized MSI files deploying through Group Policy - Software Installation snap-in.
• An access violation error occurs if your Terminal Services information is corrupted
Fixes a problem where an access violation error occurs if your Terminal Services information is corrupted.

回答してくれたみんなへのお礼

無理な質問すみませんでした。こちらで編集しなおしてちゃんとおさまるようにして置けばよかったです。本当に有難うございました。

並び替え:

私の経験ですと、一酸化二水素さんの後半の電源部の電界コンデンサの破損でそういう現象に近いことがありました。
パソコン内のデータエラーが多発し始めるためにそうなります。
2003~2004年ぐらいのデスクトップパソコンに多いです。

この場合、電界コンデンサを交換することにより復旧可能ですが、一般ですと壊れているマザーボード、あるいは電源交換になります。

  • 回答者:お助けマン (質問から1日後)
  • 0
この回答の満足度
  
参考になり、満足しました。回答ありがとうございました。
お礼コメント

そうですか。何せ古いものですからね。有難うございました。

ハードディスクの不良が疑われますので、診断ソフトを使ってみては如何でしょう。
たとえば
http://crystaldew.info/2008/11/20/crystaldiskinfo-200/
実行すると、現在値・最悪値・しきい値が表示されますが、現在値・最悪値が
しきい値を下回った場合はディスクの寿命が近づいています。

ハードディスクに不具合がない場合は、電源ユニットやメモリモジュール、OS自体の破損が考えられます。
PCに接続している機器を外せば安定動作するのならば、電源ユニットの寿命か容量不足でしょう。
メモリの診断にはMemtest86+という定番ソフトがあります。
解説サイト
http://pctrouble.lessismore.cc/software/memtest86+.html

いずれにせよ放置しておくとPCの起動自体が不可能になりますので、早めの対処が必要です。

この回答の満足度
  
参考になり、満足しました。回答ありがとうございました。
お礼コメント

わざわざ、フリーソフトの紹介まで、有難うございます。早速使って早めの対策をしたいと思います。

関連する質問・相談

Sooda!からのお知らせ

一覧を見る