すべてのカテゴリ » アンケート

質問

終了

monsterです、あなたの性格診断。

こんにちは。

★あなたの性格を自分で好きですか ?


以下の内容について診断をしますので。
○ △ × で回答を下さいね。
僕が入力して結果をお礼コメントで貼りますので。

1 忍耐強いほうである
2 人づきあいを大切にするほうである
3 人の意見に従うことが多い
4 つい反抗的になってしまう
5 何かと気分が不安定になりやすい
6 秩序を大切にしたい
7 話し好きなほうである
8 自分の意見をあまり言えないほうである
9 社会や家庭に不満がある
10 人間関係が下手である
11 責任感が強いほうである
12 人にあわせるほうである
13 消極的になりがちである
14 人に対してつい攻撃的になってしまう
15 自分にあまり自信がもてない
16 自分に対して厳しいほうである
17 従順なほうである
18 臆病なところがある
19 自己主張が強いほうである
20 何かと悩みやすい
21 意思が強いほうである
22 他人からの評価が気になるほうである
23 自己主張があまりできない
24 人の話をあまり聞かないことが多い
25 自己嫌悪に陥りやすい
26 自己コントロールがきくほうである
27 素直なほうである
28 リーダシップはとれないほうである
29 世の中には信用できない人が多い
30 他人からの評価が低いように思える

===補足===
こんにちは。
この結果を入力すると実際の画面では色分けをされてます。
それで今回は赤い色で色分けされたものの結果のみ貼り付けますので。

※性格タイプ説明の背景色について

顕著にその傾向があります。 ← 赤色表示しています
ある程度の傾向があります。 ← ピンク色で表示しています。
その傾向はありません。 ← 何も色がついてないように表示しています。

回答いただいた結果に対して個々に全部入力をして、その結果上記の色の赤色表示を
している結果のみをお礼コメント欄に貼り付けますので、ご了解下さいね。

回答してくれたみんなへのお礼

こんにちは。
長い質問お疲れ様でした。辛辣な結果も出るようなので、締め切りました。
傾向がそのまんまかと言えば、必ずしもそうとは思えないなって感じました。

回答ありがとうございました。
ソーシャルブックマークに登録する:

一番自分がわかってるので自分の性格は好きです。

1 忍耐強いほうである ・・・・・○
2 人づきあいを大切にするほうである ・・・・・○
3 人の意見に従うことが多い ・・・・・○
4 つい反抗的になってしまう ・・・・・×
5 何かと気分が不安定になりやすい・・・・・×
6 秩序を大切にしたい ・・・・・○
7 話し好きなほうである・・・・・×
8 自分の意見をあまり言えないほうである ・・・・・×
9 社会や家庭に不満がある ・・・・・×
10 人間関係が下手である ・・・・・・×
11 責任感が強いほうである ・・・・・・○
12 人にあわせるほうである・・・・・・・△
13 消極的になりがちである ・・・・・・・×
14 人に対してつい攻撃的になってしまう・・・・・×
15 自分にあまり自信がもてない・・・・・○
16 自分に対して厳しいほうである・・・・・×
17 従順なほうである ・・・・・○
18 臆病なところがある ・・・・・×
19 自己主張が強いほうである ・・・・・×
20 何かと悩みやすい ・・・・・×
21 意思が強いほうである ・・・・・×
22 他人からの評価が気になるほうである ・・・・・○
23 自己主張があまりできない ・・・・・×
24 人の話をあまり聞かないことが多い ・・・・・×
25 自己嫌悪に陥りやすい・・・・・×
26 自己コントロールがきくほうである ・・・・・○
27 素直なほうである ・・・・・○
28 リーダシップはとれないほうである ・・・・・○
29 世の中には信用できない人が多い ・・・・・○
30 他人からの評価が低いように思える・・・・・△

  • 回答者:匿名 (質問から28分後)
  • 0
この回答の満足度
  
とても参考になり、非常に満足しました。回答ありがとうございました。
お礼コメント

こんにちは。
自分の事を良く知ってますね。色が他についてたのはありませんでした。
回答ありがとうございました。お疲れ様でした。

これ↓がピンク色の表示しています。
自己指向型人間
批判的精神があり、物事を多角的に把握できますが、
時に批判の対象が自分へと向かい、自己充実感が得られないことがあります。
ただ、自己指向型の方は責任感が強く、目標が高く、自分の考えをしっかりと持っているため、
周りからの評価を受けます。リーダ的な存在となる可能性が高い傾向にあります。

これが赤色表示です。他にはありませんでした。
順応的人間
環境に応じた柔軟な人間関係を築くことができます。
基本的には周りに配慮し、思いやりがあります。
根本的に人間関係に対する積極性もあるため、仕事やビジネスにおいて、
コミュニケーション能力を生かし、人脈を形成していくことができます。
しかし、あまりにも周りとあわせようとしすぎると、
八方美人との評価を受け、信頼を失う可能性もあるので注意しましょう

並び替え:

1 ○
2 △
3 △
4 ○
5 ○
6 ○
7 ○
8 ○
9 ○
10 ○
11 ○
12 ○
13 ○
14 ○
15 ○
16 ○
17 △
18 ○
19 ○
20 ○
21 ×
22 ×
23 △
24 ×
25 ○
26 ○
27 ○
28 ○
29 △
30 △
です。

  • 回答者:匿名 (質問から56分後)
  • 0
この回答の満足度
  
とても参考になり、非常に満足しました。回答ありがとうございました。
お礼コメント

こんにちは。
これだけが赤色表示していましたのでご覧になって下さいね。
お疲れ様でした。回答ありがとうございました。

自己指向型人間
批判的精神があり、物事を多角的に把握できますが、
時に批判の対象が自分へと向かい、自己充実感が得られないことがあります。
ただ、自己指向型の方は責任感が強く、目標が高く、自分の考えをしっかりと持っているため、
周りからの評価を受けます。リーダ的な存在となる可能性が高い傾向にあります。

順応的人間
環境に応じた柔軟な人間関係を築くことができます。
基本的には周りに配慮し、思いやりがあります。
根本的に人間関係に対する積極性もあるため、仕事やビジネスにおいて、
コミュニケーション能力を生かし、人脈を形成していくことができます。
しかし、あまりにも周りとあわせようとしすぎると、
八方美人との評価を受け、信頼を失う可能性もあるので注意しましょう。

服従的人間
周りの人の意見に合わせることで、リスクをなるべく回避しようとします。
周りからすれば、特に対立を生まないので、安心感を持って付き合うことができます。
しかし、自己主張が苦手で、基本的には周りの意見に流されやすいため、
他人から仕事を押し付けられたり、自分の不利益をこうむらないように、気をつけましょう。
対策としては、コミュニケーション講座や、
書籍でアサーティブコミュニケーションを学ぶことをお勧めします。

反抗的人間
全般的に社会や他者に対して攻撃性があります。
その根底には自己否定感や、欲求不満な状況があります。
そして自分を不安にしている対象は社会が悪いと、原因を外部に帰属させると考えられています。
ある程度の社会に対する批判的精神は重要ですが、度が過ぎると犯罪などにつながり、
不幸な結果に結びついてしまうかもしれません。
反抗的人間の傾向が強い場合は、カウンセリングや認知行動療法で心のあり方を改善し、
コミュニケーション講座や、書籍でアサーティブコミュニケーションなどで、
人間関係のスキルを改善してきましょう。

不適応人間
劣等感が強く、何かと気分が落ち込む傾向にあります。
学校や仕事上でも自分の意見を自信を持って発言できず、
その不満は自己嫌悪へと結びついていきます。
原因の帰属は他人や社会に対して向けられるのではなく、自分へと向かっていきます。
不適応型の傾向が強い場合は、カウンセリングや認知行動療法で心のあり方を改善し、
コミュニケーション講座や、書籍でアサーティブコミュニケーションなどで、
人間関係のスキルを改善してきましょう。
また、コツコツと努力を重ね、成功体験を積み重ねていくことで、
自己統制感すなわち自信をつけていくことも重要です。

1・・・◎
2・・・○
3・・・△
4・・・△
5・・・△
6・・・×
7・・・△
8・・・○
9・・・◎
10・・○
11・・○
12・・×
13・・△
14・・×
15・・△
16・・△
17・・×
18・・○
19・・○
20・・○
21・・○
22・・×
23・・○
24・・△
25・・○
26・・×
27・・○
28・・○
29・・○
30・・×

  • 回答者:匿名 (質問から46分後)
  • 0
この回答の満足度
  
とても参考になり、非常に満足しました。回答ありがとうございました。
お礼コメント

こんにちは。長いテストお疲れ様でした。
結果を見て下さいね。
回答ありがとうございました。

この↓2つがピンク色の表示をしていました。
自己指向型人間
批判的精神があり、物事を多角的に把握できますが、
時に批判の対象が自分へと向かい、自己充実感が得られないことがあります。
ただ、自己指向型の方は責任感が強く、目標が高く、自分の考えをしっかりと持っているため、
周りからの評価を受けます。リーダ的な存在となる可能性が高い傾向にあります。

順応的人間
環境に応じた柔軟な人間関係を築くことができます。
基本的には周りに配慮し、思いやりがあります。
根本的に人間関係に対する積極性もあるため、仕事やビジネスにおいて、
コミュニケーション能力を生かし、人脈を形成していくことができます。
しかし、あまりにも周りとあわせようとしすぎると、
八方美人との評価を受け、信頼を失う可能性もあるので注意しましょう。


ここから↓が赤色表示を示してましたよ。
服従的人間
周りの人の意見に合わせることで、リスクをなるべく回避しようとします。
周りからすれば、特に対立を生まないので、安心感を持って付き合うことができます。
しかし、自己主張が苦手で、基本的には周りの意見に流されやすいため、
他人から仕事を押し付けられたり、自分の不利益をこうむらないように、気をつけましょう。
対策としては、コミュニケーション講座や、
書籍でアサーティブコミュニケーションを学ぶことをお勧めします。

反抗的人間
全般的に社会や他者に対して攻撃性があります。
その根底には自己否定感や、欲求不満な状況があります。
そして自分を不安にしている対象は社会が悪いと、原因を外部に帰属させると考えられています。
ある程度の社会に対する批判的精神は重要ですが、度が過ぎると犯罪などにつながり、
不幸な結果に結びついてしまうかもしれません。
反抗的人間の傾向が強い場合は、カウンセリングや認知行動療法で心のあり方を改善し、
コミュニケーション講座や、書籍でアサーティブコミュニケーションなどで、
人間関係のスキルを改善してきましょう。

不適応人間
劣等感が強く、何かと気分が落ち込む傾向にあります。
学校や仕事上でも自分の意見を自信を持って発言できず、
その不満は自己嫌悪へと結びついていきます。
原因の帰属は他人や社会に対して向けられるのではなく、自分へと向かっていきます。
不適応型の傾向が強い場合は、カウンセリングや認知行動療法で心のあり方を改善し、
コミュニケーション講座や、書籍でアサーティブコミュニケーションなどで、
人間関係のスキルを改善してきましょう。
また、コツコツと努力を重ね、成功体験を積み重ねていくことで、
自己統制感すなわち自信をつけていくことも重要です。

1 ○ 2 △ 3 ○ 4 △ 5 ○ 6 ○ 7 △ 8 ○ 9 ○ 10 ○
11 ○ 12 ○  13 ○  14 △  15 ○ 16 △ 17 ○ 18 △ 1 9 △  20 ○
21 × 22 △ 23 ○ 24 △ 25 ○ 26 ○ 27 ○ 28 ○ 29 ○ 30 ○

  • 回答者:匿名 (質問から39分後)
  • 0
この回答の満足度
  
とても参考になり、非常に満足しました。回答ありがとうございました。
お礼コメント

こんにちは。していて怖くなりましたが・・・。
下記内容にすべて赤い色がついていました。ご覧になって下さいね。
長い質問お疲れさまでした。回答ありがとうございました。

自己指向型人間
批判的精神があり、物事を多角的に把握できますが、
時に批判の対象が自分へと向かい、自己充実感が得られないことがあります。
ただ、自己指向型の方は責任感が強く、目標が高く、自分の考えをしっかりと持っているため、
周りからの評価を受けます。リーダ的な存在となる可能性が高い傾向にあります。

順応的人間
環境に応じた柔軟な人間関係を築くことができます。
基本的には周りに配慮し、思いやりがあります。
根本的に人間関係に対する積極性もあるため、仕事やビジネスにおいて、
コミュニケーション能力を生かし、人脈を形成していくことができます。
しかし、あまりにも周りとあわせようとしすぎると、
八方美人との評価を受け、信頼を失う可能性もあるので注意しましょう。

服従的人間
周りの人の意見に合わせることで、リスクをなるべく回避しようとします。
周りからすれば、特に対立を生まないので、安心感を持って付き合うことができます。
しかし、自己主張が苦手で、基本的には周りの意見に流されやすいため、
他人から仕事を押し付けられたり、自分の不利益をこうむらないように、気をつけましょう。
対策としては、コミュニケーション講座や、
書籍でアサーティブコミュニケーションを学ぶことをお勧めします。

反抗的人間
全般的に社会や他者に対して攻撃性があります。
その根底には自己否定感や、欲求不満な状況があります。
そして自分を不安にしている対象は社会が悪いと、原因を外部に帰属させると考えられています。
ある程度の社会に対する批判的精神は重要ですが、度が過ぎると犯罪などにつながり、
不幸な結果に結びついてしまうかもしれません。
反抗的人間の傾向が強い場合は、カウンセリングや認知行動療法で心のあり方を改善し、
コミュニケーション講座や、書籍でアサーティブコミュニケーションなどで、
人間関係のスキルを改善してきましょう。

不適応人間
劣等感が強く、何かと気分が落ち込む傾向にあります。
学校や仕事上でも自分の意見を自信を持って発言できず、
その不満は自己嫌悪へと結びついていきます。
原因の帰属は他人や社会に対して向けられるのではなく、自分へと向かっていきます。
不適応型の傾向が強い場合は、カウンセリングや認知行動療法で心のあり方を改善し、
コミュニケーション講座や、書籍でアサーティブコミュニケーションなどで、
人間関係のスキルを改善してきましょう。
また、コツコツと努力を重ね、成功体験を積み重ねていくことで、
自己統制感すなわち自信をつけていくことも重要です。

○ 1 忍耐強いほうである
○ 2 人づきあいを大切にするほうである
○ 3 人の意見に従うことが多い
○ 4 つい反抗的になってしまう
○ 5 何かと気分が不安定になりやすい
× 6 秩序を大切にしたい
× 7 話し好きなほうである
○ 8 自分の意見をあまり言えないほうである
× 9 社会や家庭に不満がある
○ 10 人間関係が下手である
× 11 責任感が強いほうである
○ 12 人にあわせるほうである
○ 13 消極的になりがちである
× 14 人に対してつい攻撃的になってしまう
○ 15 自分にあまり自信がもてない
○ 16 自分に対して厳しいほうである
× 17 従順なほうである
○ 18 臆病なところがある
× 19 自己主張が強いほうである
○ 20 何かと悩みやすい
× 21 意思が強いほうである
○ 22 他人からの評価が気になるほうである
○ 23 自己主張があまりできない
× 24 人の話をあまり聞かないことが多い
× 25 自己嫌悪に陥りやすい
× 26 自己コントロールがきくほうである
△ 27 素直なほうである
○ 28 リーダシップはとれないほうである
△ 29 世の中には信用できない人が多い
○ 30 他人からの評価が低いように思える

===補足===
性格診断ありがとうございます!!
確かにあってる気がします....

  • 回答者:匿名希望 (質問から28分後)
  • 0
この回答の満足度
  
とても参考になり、非常に満足しました。回答ありがとうございました。
お礼コメント

こんにちは、診断結果です。ご覧になって下さいね。
回答ありがとうございました。

最初の2つがピンク色の表示しています。

自己指向型人間
批判的精神があり、物事を多角的に把握できますが、
時に批判の対象が自分へと向かい、自己充実感が得られないことがあります。
ただ、自己指向型の方は責任感が強く、目標が高く、自分の考えをしっかりと持っているため、
周りからの評価を受けます。リーダ的な存在となる可能性が高い傾向にあります。

順応的人間
環境に応じた柔軟な人間関係を築くことができます。
基本的には周りに配慮し、思いやりがあります。
根本的に人間関係に対する積極性もあるため、仕事やビジネスにおいて、
コミュニケーション能力を生かし、人脈を形成していくことができます。
しかし、あまりにも周りとあわせようとしすぎると、
八方美人との評価を受け、信頼を失う可能性もあるので注意しましょう。

これから下が赤色表示しています。

服従的人間
周りの人の意見に合わせることで、リスクをなるべく回避しようとします。
周りからすれば、特に対立を生まないので、安心感を持って付き合うことができます。
しかし、自己主張が苦手で、基本的には周りの意見に流されやすいため、
他人から仕事を押し付けられたり、自分の不利益をこうむらないように、気をつけましょう。

不適応人間
劣等感が強く、何かと気分が落ち込む傾向にあります。
学校や仕事上でも自分の意見を自信を持って発言できず、
その不満は自己嫌悪へと結びついていきます。
原因の帰属は他人や社会に対して向けられるのではなく、自分へと向かっていきます。
不適応型の傾向が強い場合は、カウンセリングや認知行動療法で心のあり方を改善し、
コミュニケーション講座や、書籍でアサーティブコミュニケーションなどで、
人間関係のスキルを改善してきましょう。
また、コツコツと努力を重ね、成功体験を積み重ねていくことで、
自己統制感すなわち自信をつけていくことも重要です。


こんにちは、今メールチェックしていましたので、わかりました。
そうですか、当たってるのですか ? かなり辛辣な表現もあったりで。
あくまで自分を知るきっかけであったり、知らない一面を知るきっかけになればと
そういう思いで楽しみながらさせていただきました。
自分で気がついていない面は誰でもあると思いますからね。
補足ありがとうございました。

1・・・△
2・・・○
3・・・○
4・・・○
5・・・○
6・・・×
7・・・△
8・・・○
9・・・◎
10・・○
11・・×
12・・×
13・・○
14・・○
15・・○
16・・△
17・・×
18・・○
19・・○
20・・○
21・・○
22・・×
23・・○
24・・△
25・・○
26・・×
27・・×
28・・○
29・・○
30・・×

   ふぅ・・。 9番すみません・・。それぐらいなんです・・・。

===補足===
自分の性格大嫌いです・・・。

この回答の満足度
  
とても参考になり、非常に満足しました。回答ありがとうございました。
お礼コメント

こんにちは、長い質問お疲れ様でした。
回答者さんの場合には赤色が3つ診断していて、その他のピンクはありませんでした。
自分の性格が嫌いなんですね。回答ありがとうございました。

服従的人間
周りの人の意見に合わせることで、リスクをなるべく回避しようとします。
周りからすれば、特に対立を生まないので、安心感を持って付き合うことができます。
しかし、自己主張が苦手で、基本的には周りの意見に流されやすいため、
他人から仕事を押し付けられたり、自分の不利益をこうむらないように、気をつけましょう。
対策としては、コミュニケーション講座や、
書籍でアサーティブコミュニケーションを学ぶことをお勧めします。

反抗的人間
全般的に社会や他者に対して攻撃性があります。
その根底には自己否定感や、欲求不満な状況があります。
そして自分を不安にしている対象は社会が悪いと、原因を外部に帰属させると考えられています。
ある程度の社会に対する批判的精神は重要ですが、度が過ぎると犯罪などにつながり、
不幸な結果に結びついてしまうかもしれません。
反抗的人間の傾向が強い場合は、カウンセリングや認知行動療法で心のあり方を改善し、
コミュニケーション講座や、書籍でアサーティブコミュニケーションなどで、
人間関係のスキルを改善してきましょう。

不適応人間
劣等感が強く、何かと気分が落ち込む傾向にあります。
学校や仕事上でも自分の意見を自信を持って発言できず、
その不満は自己嫌悪へと結びついていきます。
原因の帰属は他人や社会に対して向けられるのではなく、自分へと向かっていきます。
不適応型の傾向が強い場合は、カウンセリングや認知行動療法で心のあり方を改善し、
コミュニケーション講座や、書籍でアサーティブコミュニケーションなどで、
人間関係のスキルを改善してきましょう。
また、コツコツと努力を重ね、成功体験を積み重ねていくことで、
自己統制感すなわち自信をつけていくことも重要です。

嫌い

1 忍耐強いほうである △
2 人づきあいを大切にするほうである ×
3 人の意見に従うことが多い ○
4 つい反抗的になってしまう ×
5 何かと気分が不安定になりやすい △
6 秩序を大切にしたい ○
7 話し好きなほうである ×
8 自分の意見をあまり言えないほうである ○
9 社会や家庭に不満がある ○
10 人間関係が下手である ○
11 責任感が強いほうである △
12 人にあわせるほうである △
13 消極的になりがちである ○
14 人に対してつい攻撃的になってしまう △
15 自分にあまり自信がもてない ○
16 自分に対して厳しいほうである ×
17 従順なほうである ○
18 臆病なところがある △
19 自己主張が強いほうである ×
20 何かと悩みやすい ○
21 意思が強いほうである △
22 他人からの評価が気になるほうである ○
23 自己主張があまりできない ○
24 人の話をあまり聞かないことが多い △
25 自己嫌悪に陥りやすい ○
26 自己コントロールがきくほうである ×
27 素直なほうである ○
28 リーダシップはとれないほうである ○
29 世の中には信用できない人が多い ○
30 他人からの評価が低いように思える ○

  • 回答者:匿名 (質問から25分後)
  • 0
この回答の満足度
  
とても参考になり、非常に満足しました。回答ありがとうございました。
お礼コメント

こんにちは。自分のことが嫌いなんですか ?
結果が2色表示されてましたので該当箇所をご覧になって下さい。
長い質問お疲れ様でした。回答ありがとうございました。

ある程度の傾向があります ピンク色表示しているとこです。

自己指向型人間
批判的精神があり、物事を多角的に把握できますが、
時に批判の対象が自分へと向かい、自己充実感が得られないことがあります。
ただ、自己指向型の方は責任感が強く、目標が高く、自分の考えをしっかりと持っているため、
周りからの評価を受けます。リーダ的な存在となる可能性が高い傾向にあります。

順応的人間
環境に応じた柔軟な人間関係を築くことができます。
基本的には周りに配慮し、思いやりがあります。
根本的に人間関係に対する積極性もあるため、仕事やビジネスにおいて、
コミュニケーション能力を生かし、人脈を形成していくことができます。
しかし、あまりにも周りとあわせようとしすぎると、
八方美人との評価を受け、信頼を失う可能性もあるので注意しましょう。

反抗的人間
全般的に社会や他者に対して攻撃性があります。
その根底には自己否定感や、欲求不満な状況があります。
そして自分を不安にしている対象は社会が悪いと、原因を外部に帰属させると考えられています。
ある程度の社会に対する批判的精神は重要ですが、度が過ぎると犯罪などにつながり、
不幸な結果に結びついてしまうかもしれません。
反抗的人間の傾向が強い場合は、カウンセリングや認知行動療法で心のあり方を改善し、
コミュニケーション講座や、書籍でアサーティブコミュニケーションなどで、
人間関係のスキルを改善してきましょう。

顕著にその傾向があります。赤色表示のとこです。

服従的人間
周りの人の意見に合わせることで、リスクをなるべく回避しようとします。
周りからすれば、特に対立を生まないので、安心感を持って付き合うことができます。
しかし、自己主張が苦手で、基本的には周りの意見に流されやすいため、
他人から仕事を押し付けられたり、自分の不利益をこうむらないように、気をつけましょう。
対策としては、コミュニケーション講座や、
書籍でアサーティブコミュニケーションを学ぶことをお勧めします。

不適応人間
劣等感が強く、何かと気分が落ち込む傾向にあります。
学校や仕事上でも自分の意見を自信を持って発言できず、
その不満は自己嫌悪へと結びついていきます。
原因の帰属は他人や社会に対して向けられるのではなく、自分へと向かっていきます。
不適応型の傾向が強い場合は、カウンセリングや認知行動療法で心のあり方を改善し、
コミュニケーション講座や、書籍でアサーティブコミュニケーションなどで、
人間関係のスキルを改善してきましょう。
また、コツコツと努力を重ね、成功体験を積み重ねていくことで、
自己統制感すなわち自信をつけていくことも重要です。

自分の性格はあまり好きではないです。

1  ×
2  △
3  △
4  △ 
5  ○ 
6  ○ 
7  △
8  ○ 
9  △
10 ○ 
11 ×
12 △
13 ○
14 △
15 ○ 
16 ×
17 △ 
18 ○ 
19 △
20 ○ 
21 ×
22 ○ 
23 ○ 
24 △ 
25 △ 
26 △ 
27 △ 
28 ○ 
29 △ 
30 ○

  • 回答者:匿名 (質問から23分後)
  • 0
この回答の満足度
  
とても参考になり、非常に満足しました。回答ありがとうございました。
お礼コメント

こんにちは、長い質問お疲れさまでした。
回答にピンク色のとこが2ケ所ありましたので。ご覧になって下さい。
回答ありがとうございました。自分のことを好きではないのですか・・・。


この上の二つがピンク色でした。
順応的人間
環境に応じた柔軟な人間関係を築くことができます。
基本的には周りに配慮し、思いやりがあります。
根本的に人間関係に対する積極性もあるため、仕事やビジネスにおいて、
コミュニケーション能力を生かし、人脈を形成していくことができます。
しかし、あまりにも周りとあわせようとしすぎると、
八方美人との評価を受け、信頼を失う可能性もあるので注意しましょう。

反抗的人間
全般的に社会や他者に対して攻撃性があります。
その根底には自己否定感や、欲求不満な状況があります。
そして自分を不安にしている対象は社会が悪いと、原因を外部に帰属させると考えられています。
ある程度の社会に対する批判的精神は重要ですが、度が過ぎると犯罪などにつながり、
不幸な結果に結びついてしまうかもしれません。
反抗的人間の傾向が強い場合は、カウンセリングや認知行動療法で心のあり方を改善し、
コミュニケーション講座や、書籍でアサーティブコミュニケーションなどで、
人間関係のスキルを改善してきましょう。

ここからが赤色で表示されてます。

服従的人間
周りの人の意見に合わせることで、リスクをなるべく回避しようとします。
周りからすれば、特に対立を生まないので、安心感を持って付き合うことができます。
しかし、自己主張が苦手で、基本的には周りの意見に流されやすいため、
他人から仕事を押し付けられたり、自分の不利益をこうむらないように、気をつけましょう。

不適応人間
劣等感が強く、何かと気分が落ち込む傾向にあります。
学校や仕事上でも自分の意見を自信を持って発言できず、
その不満は自己嫌悪へと結びついていきます。
原因の帰属は他人や社会に対して向けられるのではなく、自分へと向かっていきます。
不適応型の傾向が強い場合は、カウンセリングや認知行動療法で心のあり方を改善し、
コミュニケーション講座や、書籍でアサーティブコミュニケーションなどで、
人間関係のスキルを改善してきましょう。
また、コツコツと努力を重ね、成功体験を積み重ねていくことで、
自己統制感すなわち自信をつけていくことも重要です。

1△ 11○ 21○
2△ 12△ 22○
3△ 13○ 23△
4× 14× 24×
5○ 15○ 25×
6△ 16× 26△
7○ 17× 27△
8△ 18○ 28○
9× 19△ 29○
10○ 20○ 30○

  • 回答者:tom (質問から18分後)
  • 0
この回答の満足度
  
とても参考になり、非常に満足しました。回答ありがとうございました。
お礼コメント

こんにちは、長い質問お疲れ様でした。
2種類の色のとこがありましたので、ご覧になって下さいね。
回答ありがとうございました。

最初の2つがピンク色で表示されてます。
自己指向型人間
批判的精神があり、物事を多角的に把握できますが、
時に批判の対象が自分へと向かい、自己充実感が得られないことがあります。
ただ、自己指向型の方は責任感が強く、目標が高く、自分の考えをしっかりと持っているため、
周りからの評価を受けます。リーダ的な存在となる可能性が高い傾向にあります。

順応的人間
環境に応じた柔軟な人間関係を築くことができます。
基本的には周りに配慮し、思いやりがあります。
根本的に人間関係に対する積極性もあるため、仕事やビジネスにおいて、
コミュニケーション能力を生かし、人脈を形成していくことができます。
しかし、あまりにも周りとあわせようとしすぎると、
八方美人との評価を受け、信頼を失う可能性もあるので注意しましょう。


ここから下が赤色で表示されてます。
服従的人間
周りの人の意見に合わせることで、リスクをなるべく回避しようとします。
周りからすれば、特に対立を生まないので、安心感を持って付き合うことができます。
しかし、自己主張が苦手で、基本的には周りの意見に流されやすいため、
他人から仕事を押し付けられたり、自分の不利益をこうむらないように、気をつけましょう。
対策としては、コミュニケーション講座や、
書籍でアサーティブコミュニケーションを学ぶことをお勧めします。

不適応人間
劣等感が強く、何かと気分が落ち込む傾向にあります。
学校や仕事上でも自分の意見を自信を持って発言できず、
その不満は自己嫌悪へと結びついていきます。
原因の帰属は他人や社会に対して向けられるのではなく、自分へと向かっていきます。
不適応型の傾向が強い場合は、カウンセリングや認知行動療法で心のあり方を改善し、
コミュニケーション講座や、書籍でアサーティブコミュニケーションなどで、
人間関係のスキルを改善してきましょう。
また、コツコツと努力を重ね、成功体験を積み重ねていくことで、
自己統制感すなわち自信をつけていくことも重要です。

自分の性格は大嫌いです。気が狂っているからです。

1 忍耐強いほうである ×
2 人づきあいを大切にするほうである ×
3 人の意見に従うことが多い ×
4 つい反抗的になってしまう ○
5 何かと気分が不安定になりやすい ○
6 秩序を大切にしたい ○
7 話し好きなほうである ×
8 自分の意見をあまり言えないほうである △
9 社会や家庭に不満がある ○
10 人間関係が下手である ○
11 責任感が強いほうである ×
12 人にあわせるほうである ×
13 消極的になりがちである ○
14 人に対してつい攻撃的になってしまう ○
15 自分にあまり自信がもてない ○
16 自分に対して厳しいほうである ×
17 従順なほうである ×
18 臆病なところがある ○
19 自己主張が強いほうである △
20 何かと悩みやすい △
21 意思が強いほうである△
22 他人からの評価が気になるほうである △
23 自己主張があまりできない △
24 人の話をあまり聞かないことが多い ○
25 自己嫌悪に陥りやすい ○
26 自己コントロールがきくほうである ×
27 素直なほうである ×
28 リーダシップはとれないほうである ○
29 世の中には信用できない人が多い ○
30 他人からの評価が低いように思える △

  • 回答者:匿名 (質問から7分後)
  • 0
この回答の満足度
  
とても参考になり、非常に満足しました。回答ありがとうございました。
お礼コメント

こんにちは。
実際に赤色の表示しているものだけです。ご覧になって下さいね。
長い質問お疲れ様でした。元気出してね。
回答ありがとうございました。

服従的人間
周りの人の意見に合わせることで、リスクをなるべく回避しようとします。
周りからすれば、特に対立を生まないので、安心感を持って付き合うことができます。
しかし、自己主張が苦手で、基本的には周りの意見に流されやすいため、
他人から仕事を押し付けられたり、自分の不利益をこうむらないように、気をつけましょう。

反抗的人間
全般的に社会や他者に対して攻撃性があります。
その根底には自己否定感や、欲求不満な状況があります。
そして自分を不安にしている対象は社会が悪いと、原因を外部に帰属させると考えられています。
ある程度の社会に対する批判的精神は重要ですが、度が過ぎると犯罪などにつながり、
不幸な結果に結びついてしまうかもしれません。

不適応人間
劣等感が強く、何かと気分が落ち込む傾向にあります。
学校や仕事上でも自分の意見を自信を持って発言できず、
その不満は自己嫌悪へと結びついていきます。
原因の帰属は他人や社会に対して向けられるのではなく、自分へと向かっていきます。

とくネタ総合ランキング

すべてを見る

トクネタを投稿する

Sooda!からのお知らせ

一覧を見る