すべてのカテゴリ » ニュース・時事 » 社会

質問

終了

石川県の海岸で落とし穴で旦那を驚かそうと考えた妻とその友人が掘った穴に、
奥さんが旦那さんを誘導したところ、2人とも穴に落ちて窒息死するという悲惨な事故
(というか事件)がありました。

【時事通信社の記事=コメント多数あり】
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110828-00000020-jij-soci

いたずらにしては度が過ぎるし、場所を見る限り、誤って第三者が巻き込まれる
可能性もあり、事故というよりは事件でないかなと思いましたし、夫婦の仲間は傷害罪
(傷害致死罪)になるのではと思った次第です。

質問ですが、このような場面において、特定の人を驚かす行為についてですが、
あなたならどのようなことを考えますか?
今回の事件が起きなかったと想定して考えてください。
(考えが変わった人も多いでしょうから...)

実は、小学生の頃の掃除当番で、後ろから「わっ!」と軽く友達を押したら、
友達が勢い余って、数メートル前に合った、花瓶を割ったことがあります。
幸い友達は無傷だったのですが、花瓶を割ったショックで大泣きしてしまいました。
割ったのは友達ですが、驚かせた私も同罪なので、先生に正直に話して花瓶代を
折半して弁償すると言った苦い経験があります。
(実際は弁償せず学校の経費で買った)

だから、人を驚かす行為は、極力事故を起こさないことを前提にして考えるように
しています。今回のような場面では、穴を小さく(せいぜいひざ丈)掘るとか、
違う方法で驚かそうと考えたと思いますので、
今時の20代の若者の発想が理解できないのが正直な感想です。

===補足===
穴の深さは法律違反らしく、一緒にいた仲間が何らかの罪に問われる可能性が出てきました。

  • 質問者:SURPRISE
  • 質問日時:2011-08-28 23:15:09
  • 0
ソーシャルブックマークに登録する:

この場合、誕生日のサプライズなのですから、
相手が喜ぶようなことを考えるのが普通だと思います。

友達も数人いたのだから、サプライズパーティーなどで
びっくりしてもらったら良かったのに・・・

落とし穴を砂浜に掘るなんて、
他の人が被害に会っていた可能性も
大だったと思います。
命にかかわる事件になることは
考えればわかるはずなのに、
全くもって信じられません。

  • 回答者:泪 (質問から8時間後)
  • 0
この回答の満足度
  
とても参考になり、非常に満足しました。回答ありがとうございました。

並び替え:

特に考えないで驚かすと思います。
そして、後々後悔します。

  • 回答者:匿名 (質問から2日後)
  • 0
この回答の満足度
  
回答ありがとうございました。

特に考えないで驚かすと思います。
そして、後々後悔します。

  • 回答者:匿名 (質問から2日後)
  • 0
この回答の満足度
  
やや参考になりました。回答ありがとうございました。

ドッキリって、驚かせてその人の驚いた様子を見てガハハと笑い飛ばすと言う最低な行為だと思います。
驚いた時の表情が可愛かったりカッコいいはずもなく、素の態度が現れますし、そんな姿を笑い飛ばされていい気分な人はいません。

テレビ番組でも、実際の日常でも、驚かせて何が楽しいのか私にはまるで理解できません。
驚かされた方が喜ぶケースはまずなく、怖い思いや不愉快な思い苛立つ思いしか湧き起こらないのになぜそんなことをするのか分かりません。

ある意味嫌がらせですよね。
今回もそうですが、こんなくだらないことを考えて人を死なせてしまうとは穴を掘った人たちは悔やんでも悔やみきれませんし一生の傷です。
そして亡くなった男性のご家族はどうこの事実を受け入れたらいいのでしょうね。
本当に無念だと思います。

正直、ドッキリ行為=くだらないとしか思えません。

  • 回答者:匿名 (質問から19時間後)
  • 0
この回答の満足度
  
とても参考になり、非常に満足しました。回答ありがとうございました。

なぜそんなに深く掘ったのでしょうかね?
いくらなんでも危険なのは分かるでしょう・・・ふざけすぎだと思います。
他の人が引っかかってしまったらとか考えなかったのでしょうかね。
正直自業自得だと思います。

  • 回答者:匿名 (質問から15時間後)
  • 0
この回答の満足度
  
参考になり、満足しました。回答ありがとうございました。

今の世の中「常識」と云う言葉がなくなってしまいましたね。本件など、余りにも馬鹿馬鹿しくて考える気もしません。

自分達で楽しむためには何をやっても良いが、全く関係ない他人を絶対に巻き込まない保証が何処にありますか。

おっしゃるように、通りがかりの一般の人が巻き込まれたらどうしますか。明らかに殺人罪です。過失なんて生ぬるいことでは困ります。極刑で対応すべきだと思います。

  • 回答者:あまのじゃく (質問から13時間後)
  • 0
この回答の満足度
  
とても参考になり、非常に満足しました。回答ありがとうございました。

ふざけすぎでしょ。バカですね。

  • 回答者:匿名 (質問から10時間後)
  • 0
この回答の満足度
  
回答ありがとうございました。

可愛い脅かしなら、問題ないでしょうね。
ただ度が過ぎることは、避けるべきでしょうね。

  • 回答者:匿名 (質問から9時間後)
  • 0
この回答の満足度
  
やや参考になりました。回答ありがとうございました。

穴が約2.4メートル四方、深さ約2.5メートルでサプライズにしては大きすぎます。ひざの高さ位までにするとかが常識の範囲だと思います。
またまったくの他人が被害に会う可能性があり命にかかわるほどのサプライズはやめるべきです。

  • 回答者:匿名希望 (質問から9時間後)
  • 0
この回答の満足度
  
参考になり、満足しました。回答ありがとうございました。

夜の時間帯に赤の他人が巻き込まれる可能性があるのに、ゆとり世代は予測する力をもっていないと思います。

人を驚かすよりもビーチフラッグ、ビーチバレーなど競争する方をやります。

  • 回答者:匿名 (質問から8時間後)
  • 0
この回答の満足度
  
参考になりました。回答ありがとうございました。

サプライズとはいえ、やり過ぎからこういう事件が起きました。
程々って言うんですかね、ここまではやっていいけど、これ以上やってはいけないと言う加減のわからない人が増えました。
だからケンカをしても相手が死んでしまうまで、大けがをするまでとことんしてしまって事件になりますよね。
ゆとり教育のせいなのか?とも思うのですが。

  • 回答者:匿名希望 (質問から8時間後)
  • 0
この回答の満足度
  
とても参考になり、非常に満足しました。回答ありがとうございました。

遊び心とは、いえ、
大きな穴を掘って
人が埋まる、2.5mはやりすぎですね。
アホな
いたずらはしないようにと思いますね。

  • 回答者:暑い (質問から8時間後)
  • 0
この回答の満足度
  
とても参考になり、非常に満足しました。回答ありがとうございました。

田舎に育ちましたから小学校の低学年の頃、落とし穴を作りました。
いかに深く掘るか、いかに表面をうまく隠すか、ここまで導き方などを工夫しました。
でも小学生の何も知らない時代でした。

こんな年齢になって仲間も引き連れてやるようなことではないし、規模が大きすぎます。
おそらく今まで何回もしていてたんだろうと思いますが。
幼稚で、やりすぎですね。

  • 回答者: とくめい (質問から8時間後)
  • 0
この回答の満足度
  
とても参考になり、非常に満足しました。回答ありがとうございました。

どれだけデカイ穴を掘ってるんだ!
私もイタズラでは苦い思い出がありますが、
誕生日のサプライズは、
部屋の明かりをつけてみたら、
友人勢ぞろいで派手な飾り付けがしてあった、
みたいなケガの起こりえないようなものがいいですね。

  • 回答者:とくめい (質問から7時間後)
  • 0
この回答の満足度
  
とても参考になり、非常に満足しました。回答ありがとうございました。

こんな大きな穴を掘ったらどうなるか位のことが、
本当にわからなかったのだとしたら、知能レベル低すぎです。
知ってて掘ったなら、犯罪の匂いがします。

  • 回答者:匿名 (質問から30分後)
  • 0
この回答の満足度
  
とても参考になり、非常に満足しました。回答ありがとうございました。

何があるのかわからないのでこういういたずらはしないようにと思います。

  • 回答者:匿名希望 (質問から29分後)
  • 0
この回答の満足度
  
回答ありがとうございました。

ほんと、理解できませんね。

  • 回答者:匿名 (質問から22分後)
  • 0
この回答の満足度
  
回答ありがとうございました。

ほんと、理解できませんね。

  • 回答者:匿名 (質問から22分後)
  • 0
この回答の満足度
  
回答ありがとうございました。

TV局をまねたのでしょうが度がすぎましたね、穴を掘るために砂浜に行ったのでしょうが、私なら街角のTVに映すくらいしか考えられないな。

  • 回答者:匿名希望 (質問から19分後)
  • 0
この回答の満足度
  
参考になりました。回答ありがとうございました。

とくネタ総合ランキング

すべてを見る

トクネタを投稿する

Sooda!からのお知らせ

一覧を見る