すべてのカテゴリ » ニュース・時事 » 政治

質問

終了

人々の生活する除染に活躍もしていますか

第1原発に巨大掃除機が登場
2011.10.1 21:18
東京電力が福島第1原発に導入する集塵機システム(東京電力提供)

クリックして拡大する

東京電力が福島第1原発に導入する集塵機システム(東京電力提供)

 東京電力は1日、福島第1原発で、放射性物質を含んだ小さながれきや砂などを吸引する「集塵(しゅうじん)機」の運用を始めた。強力吸引装置が付いた車両や、がれきをためるタンクなどが連結された、全長約25メートルのいわば“巨大掃除機”で、敷地内の道路を中心とした除染作業に使われる。

 事前に行った試験では、アスファルトの高線量エリアでは1・47ミリシーベルトから0・8ミリシーベルトへと約44%の除染に成功。水たまり跡でも約30%、草地でも53%の除染ができたという。http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/111001/dst11100121210014-n1.htm

  • 質問者:匿名
  • 質問日時:2011-10-02 02:46:06
  • 0
ソーシャルブックマークに登録する:

まだ一般市街地で使うという話は聞いていませんが、本格的に市街地でも使って頂きたいですね。
勿論東電が全額費用負担で、東日本の除染をして頂きたいものです。
自分の所の敷地内だけ除染するんだよぉ~なんて言わせないぞ!!と思うオバちゃんでした。

  • 回答者:匿名希望 (質問から7時間後)
  • 1
この回答の満足度
  
とても参考になり、非常に満足しました。回答ありがとうございました。

並び替え:

期待と言うより活躍してもらいたいという願望がありますね。

これ以上長引いて欲しくない。

  • 回答者:匿名 (質問から7日後)
  • 0
この回答の満足度
  
とても参考になり、非常に満足しました。回答ありがとうございました。

活躍してほしいです。
期待します。

  • 回答者:匿名希望 (質問から2日後)
  • 0
この回答の満足度
  
とても参考になり、非常に満足しました。回答ありがとうございました。

活躍しなければいけない!

  • 回答者:匿名 (質問から1日後)
  • 0
この回答の満足度
  
とても参考になり、非常に満足しました。回答ありがとうございました。

活躍してほしいと思います。

  • 回答者:匿名 (質問から15時間後)
  • 0
この回答の満足度
  
とても参考になり、非常に満足しました。回答ありがとうございました。

これはぜひ活躍させてほしいです。

  • 回答者:匿名 (質問から14時間後)
  • 0
この回答の満足度
  
とても参考になり、非常に満足しました。回答ありがとうございました。

活躍させて欲しいですね~。

  • 回答者:匿名 (質問から13時間後)
  • 0
この回答の満足度
  
とても参考になり、非常に満足しました。回答ありがとうございました。

是非とも活躍して欲しいです。

  • 回答者:匿名 (質問から11時間後)
  • 0
この回答の満足度
  
とても参考になり、非常に満足しました。回答ありがとうございました。

全長25mだから届け出無しに公道は走れない。半分にするとか2ユニットにして別々に牽引するとか。除染作業活動の一つの方向性として、いいと思う。

  • 回答者:ぐーたら (質問から11時間後)
  • 0
この回答の満足度
  
とても参考になり、非常に満足しました。回答ありがとうございました。

なかなか良さそうな装置ですね。
どんどん作って、東日本一円を除染して欲しいです。

  • 回答者:匿名希望 (質問から11時間後)
  • 0
この回答の満足度
  
とても参考になり、非常に満足しました。回答ありがとうございました。

活躍させてほしいものです。

  • 回答者:匿名 (質問から6時間後)
  • 0
この回答の満足度
  
とても参考になり、非常に満足しました。回答ありがとうございました。

すごい威力ですね、この掃除機。
ぜひとも応用し、原発敷地外でも使用してほしいです。

  • 回答者:匿名 (質問から4時間後)
  • 0
この回答の満足度
  
とても参考になり、非常に満足しました。回答ありがとうございました。

ぜひ福島第一以外でも、
こういった集塵機を活躍させてほしいものです。
東電は絶対やらないでしょうけど。

  • 回答者:とくめい (質問から6分後)
  • 0
この回答の満足度
  
とても参考になり、非常に満足しました。回答ありがとうございました。

とくネタ総合ランキング

すべてを見る

トクネタを投稿する

Sooda!からのお知らせ

一覧を見る