すべてのカテゴリ » 趣味・エンターテイメント » 本・雑誌・コミック » 電子書籍・ケータイ小説

質問

終了

今週で『キン肉マンⅡ世 究極の超人タッグ編』が最終回を迎え、
万太郎達は変えられた歴史を修正した上で21世紀に帰っていきましたが
重要なことを忘れていないでしょうか?

それは「21世紀ウォーズマンを乗せていない」ことです。
物語の時点では20世紀ウォーズマンは
死亡していますが後に生き返ります。
2人のウォーズマンが接触すると2人とも消滅してしまうので
絶対に連れて行く必要があるのですが・・・。

以前もカオスが自分の時間超人としての能力を使って
ネプチューンマンを21世紀に帰したのも同じ理由でしたよね?

トロフィー球根はカオスの墓にも投げられているので
カオスが生き返って21世紀ウォーズマンを未来に帰す
(死んだネプチューンマンと違い蘇生の必要がないので
 カオスが再び死亡するような事態にはならないはず)
流れならまだ理解できますが・・・。

それと、「間隙の救世主」になるはずのカオスが死んだ時に
ラーメンマンが「他の誰かが出てくる」みたいなことを
言っていましたが誰でしょう?
やっぱりカオスが蘇るのか?

更に言うと・・・。
万太郎とケビンも球根を少し食べるべきだったと思うのですが・・・。
失血死寸前のはずでしたよね?

  • 質問者:Tatchy
  • 質問日時:2011-10-03 20:08:28
  • 1
ソーシャルブックマークに登録する:

鋭い指摘ですね。

わたしも気になっていました。

カオスは球根によって生き返ります。

あとマントの男(アタル?)について誰も疑問に思わないのか不思議です。

  • 回答者:サイコフレーム (質問から4時間後)
  • 1
この回答の満足度
  
とても参考になり、非常に満足しました。回答ありがとうございました。
お礼コメント

大体が早く帰り過ぎのような気がするんですよ。
「時間超人を倒す」「ケビンを救う」という目的を果たしたとはいえ・・・。
いくらか後日談つけて欲しかった。

マントの男が誰なのかについて誰も気にしないというのも
ご指摘の通り不思議です。
失敗してもいいから誰かが追跡しようとしても良かったはず。
(読者にだけアタルだと分かるような描写をすればいい)

他にもライトニングが吐き出した球根の欠片はどうするのか、
モンゴルマンの肩当てはどこ行った(準決勝でカオスがつけると思ってたんですが)とか
色々疑問はあるんですけどね・・・。

とくネタ総合ランキング

すべてを見る

トクネタを投稿する

Sooda!からのお知らせ

一覧を見る