すべてのカテゴリ » 美容・健康 » 健康管理 » 病院・検査

質問

終了

今月の初めに、胸のつかえ・みぞおち痛みを感じて胃腸科を受診し、内視鏡検査ののち食道炎と診断されました。
(エコー&血液検査では異常がなく、内視鏡でも少し炎症が見られた程度です)

タピゾールという胃酸を抑える薬を出されて現在も服用中なのですが、自覚症状は全て改善されて自分ではもう治ったと思っています。
(食事制限が結構あり、好きなお酒とコーヒーをやめたり、きちんと守ってます。)

ところが来月初めに、今度は治っているかどうか内視鏡で検査すると言われました・・
こんな短いスパンで胃カメラ飲むなんて寝耳に水で、しかも全く異常を感じないので凹んでいます。

よく効く薬のようなので、それを止めていいかどうかの確認かもしれませんが、
前回の検査から1ケ月も経ってないのに、2回目の胃カメラ飲むなんて普通なのでしょうか??
最近は麻酔で検査時の苦痛も改善されてきましたが、100%安全なものではないし、何より費用がかなり痛いです・・・・。

===補足===
前回は検査に対する同意書に署名捺印して提出したのですが、
今回はありません。(前回出したからいい、みたいな感じで受付で言われました)
そのような点も疑問に思うので、回答宜しくお願いします。

  • 質問者:tapioka
  • 質問日時:2011-11-20 12:31:56
  • 0
ソーシャルブックマークに登録する:

並び替え:

今、問題がなければ、無理にすることはないのでは?
お金もかかるならなおさらです

何の薬かはわかりませんが、治っているなら徐々に減薬したほうがいいと思います

もともと、病名を知りたいとかではないのでしょう?!
胸のつかえ・みぞおち痛みが治ればいいのであれば、落ち着いたなら検査も必要ないと思います。

心配や不安など、ストレスからくることも多いので、あまり悩まないほうがいい

===補足===
今年の夏、むかつき、胸の食道あたりがかなり痛く、逆流食道炎のような症状が続き、悩んでいたら、ヨーグルトのLG21が胃を正常にする話を知り、すぐ食べてみると、治りました。

たしかに心配でしたが、ヨーグルトで治ると思いませんでしたが・・・

この回答の満足度
  
参考になり、満足しました。回答ありがとうございました。
お礼コメント

回答有難うございます。
病名は知りたかったですよ~、あまりに胸がつかえるんで、癌かも・・とか悩みましたし。
確かにストレスも要因みたいなので、余計な心配はしないようにします^^;

私は十二指腸潰瘍での治療に際してほぼ週一で胃カメラ飲んでたことがありますよ。
薬を減らしたり負担の少ない薬に替えたりする、あるいは投薬の必要がなくなるかの確認のために患部の状態を確認するのは必須です。
特に胃腸関係は状態の変化が激しいので経過を確認しないと完治と判断できない事が多いです。
人によっては食事制限は続けるけれど投薬は終了とか(稀に逆のケースも)判断するのにも直接みれるものなら見たいのが医療側の意見でしょう。
自覚症状では完治と思っても実は体が痛みに慣れただけで…という場合もあります。
検査拒否は強く言えば可能ですがその場合食事制限や投薬期間が延ばされて精神的な不自由や薬代で結局検査費より治療費が…なんてこともありえます。

  • 回答者:今までで200回は胃カメラ飲んだよ (質問から1日後)
  • 1
この回答の満足度
  
とても参考になり、非常に満足しました。回答ありがとうございました。
お礼コメント

回答有難うございます。週一の胃カメラには驚きました・・;
実は今日にでも検査のキャンセルの電話をしようかと思っていたのですが、思いとどまりました。
薬も飲まないでしばらく様子見てみよう、なんて勝手な事思ってたのですが、やはり医師のちゃんとした判断がないと危険ですよね。
年末年始に向けてこの出費は本当~に厳しいですが・・仕方ないです。。

念のため、ということでしょう。

  • 回答者:匿名 (質問から3時間後)
  • 0
この回答の満足度
  

可能性はありますね。
自覚症状がないだけで、本当はまだ治りきっていない可能性もあります。
薬の効果と自覚症状って人によって本当に差があるんですよ。
現に痔の手術をした人が、退院の直前すべての検査をしたら、黒ゴマの大きさの肺がんが見つかったとか(会社の人です)オジも胃がんで摘出手術をしたのですが、実は肺がんが見つかったとか言う事実もあります。
自分は大丈夫、自分だけは特別、自覚症状はすべて改善してもう治ったと言うのは自己過信にすぎません。
本当に治ったかどうかというのは検査をしてみなければわからないものです。
虫歯もそうです、痛くなってから言ったのではもう遅いんです、痛みや自覚症状がないうちに虫歯を発見して治療すれば、500円位で済むんですよ。
それが痛くなってから行くと2万円も3万円もかかるんです。
普通の人は痛くなってどうにもならなくなってから「センセ痛い・・・助けて」と駆け込むから多額の治療費がかかります。
それと似たようなもんです。
専門家ならば話は別ですが、専門家でもない患者が異常を感じないからもう薬を辞めてもいいだろう、医者に行かなくてもいいだろうと言って、治療を中断したり、検査を受けないのはとても危険です。

友人の糖尿病患者である日突然失明をした女性がいました。
自覚症状は一切なく、静かに進行して行くのが糖尿病です。
その方は両目とも失明してしまいましたが、家庭の主婦だった為に健康診断を受ける機会も少なく突然目の前が真っ赤になり、何も見えなくなってしまったので、定年退職をして家にいた婿さんが近くの眼科に連れて行ったら、眼底出血をしていて、もう一生この状態だと言われ、原因は糖尿病によるものですと言われたそうです。
眼底出血も早期の段階であれば、レーザー光線をあてて、出血を止めてしまえば失明に至らないケースもあるんです。
事実私も2回糖尿病による眼底出血を経験しています。
3か月に1回は必ず行くようにして目に来る花粉症がある為、眼科Ⅱは都合年間にして6回位は行ってますかね。
眼底出血がわかったのは花粉症で目がごろごろしちゃってどうしようもなくて行ったら、先生が眼底出血しているじゃない、糖尿病かなにかあるの?と言われたことから自分が糖尿病だって言う事実が分かったんですよ。
この段階ではレーザー光線の手術をすれば、出血を止められるので、失明する所までは行かないから、1カ月以内にもう1ど来て下さい、その時に出血をしていたら、レーザー光線をあてる手術をします、その前に内科の先生の所に行って血糖値を測って治療に入って下さいと言われましたね。
幸いにしてすぐに出血が止まったようで、レーザー光線による手術もしないで済んでますし、失明もまだしていません。
眼底出血って本当自覚症状がなくていきなり目の前が真っ赤になって他に何も見えなくなるらしいです。

まあ今回は糖尿病の件で自分の話をしましたが、その事を考えたら、病気が完治しているかどうか専門家に見て貰う、感知していれば、2度とそこの医師の所に行く必要もない訳です。
今回は検査をしていなくても月に何回か薬を貰いに行く手間と時間を省く為にも行かれた方がいいですね。

今検査しなくても治療が完全に終了する前には必ず検査をしなければいけないものですから。
脅かす訳ではないですが、昔いた会社の上司がやはり食道炎で治療していて、最後にもう無罪放免になる為の検査をしたら、胃がんが発見されちゃいましたと言う事実があります。
初期の段階だったようで、手術をして、今は定年退職をして、年に1回は海外旅行に行っているようですけど。

無罪放免の検査をする時には自覚症状はなかったと言ってましたね。
100%安全ではない検査を受けない選択もありますが、リスクとして、数年後食道炎を再発してまた薬を服用したり不便な思いをしたり、もしかして別の病気が潜んでいるのを見逃すというリスクもある訳です。
万が一何かあったら嫌だからと言う方を取り、検査で安心を勝ち取る選択もある訳で、それは最終的に質問者様次第です。

===補足===
まあ検査の延期もいいでしょうね。
金儲けの為に検査・投薬漬けにするという病院もあるのは事実ですから。

  • 回答者:匿名希望 (質問から2時間後)
  • 1
この回答の満足度
  
とても参考になり、非常に満足しました。回答ありがとうございました。
お礼コメント

丁寧に回答して頂き、有難うございます^^

2度目の内視鏡検査が半年後、とかならおっしゃる通り納得したのですが
前回からの日数があまりに短いので、病院への不信感が少しあります;;
同じ月の検査なら少し安くなるらしいけど、月がギリギリ変わるっていうのも・・。
検査を延期して、薬だけ貰えるか聞いてみようかと思います。

とくネタ総合ランキング

すべてを見る

トクネタを投稿する

Sooda!からのお知らせ

一覧を見る