すべてのカテゴリ » 恋愛・人間関係の悩み » 恋愛

質問

終了

傾向として、男性は、身体的には強いが精神的には弱いで合ってますよね?

もっと、世の中での女性がこれを知っていれば、恋愛の軋轢が減るように思います。

私の場合は、例えば、重い荷物は持ってもらうけれど、重い相談はしないようにしています。
男性は、精神的なキャパが女性よりも小さいと思います。

お互いにないものを補い合うのが男女の理想の姿ではないかなと思います。

でも、女性は、男性に全てを求めている人が少なからずいますね。
肉体的な強さ、精神的な強さ、経済力、ビジュアル、、、。
相手に望むものは自分が身につけるようにすると、相手選びの時に人格だけで決められるようですよー。

===補足===
ちなみに男性を馬鹿にしているわけではありません。

むしろ尊敬しています。女性も男性も生きるのは、それぞれ大変です。

  • 質問者:るる
  • 質問日時:2012-03-27 14:32:09
  • 3

回答してくれたみんなへのお礼

精神的に強い男性っていうのは、意外となよなよとした女性っぽい人に多いと、三輪さんが言っていました。
タフガイは、精神面は脆い人が多いらしいです。

意外性が、見方を強めるのかもしれませんけどね。

女性でも、か弱そうに見える人の方が、精神力は強いとのことです。
確かに、いかにも気が強いというか負けず嫌いの女の子達は、内面はぼろぼろの子が多かったです。
理由はわかりません。
ソーシャルブックマークに登録する:

並び替え:

そのような傾向が一般的であると思います。
精神面の部分では男性は溜め込む傾向が強いので
納得しました。

  • 回答者:匿名 (質問から3日後)
  • 0
この回答の満足度
  

男性は、身体的には強いが精神的には弱い部分があるでということでしょう。
受け持ちが男と女では違うということがあるんだと思います。得意分野ということです。
もちつもたれずですよ。そこを意識すればかわったものになるはずです。

  • 回答者:匿名 (質問から20時間後)
  • 0
この回答の満足度
  

おお、確かに女性の方が精神的にタフですね。
特に失恋から立ち直るのに男は時間が必要ですが、女性は翌日から別の彼氏を作ってたりします。

それからこれはあくまで私の知ってる事例だけですが、カミさんを含め会社でしかるべきポジションにいる女性は少なからず感情的な側面は強いです。

仕事に対して情熱的なのは良いのですが、バランス感覚が男に比べて弱い印象はあります。
なので敵に廻すとやっかい! 情熱的な分、理性よりも感性を大事にする部分がどうしても

あり、味方にするまでが一苦労だった経験があります。
でも一度分かり合えると凄く仕事ははかどるし、信用できたましたね。

ちょっと脱線しましたが、男の方こそ組織的でありバランスで仕事をするのに対して、女性の方が個人の能力による属人的な仕事の仕方をする印象があります。

まあ、そう言う意味でも「群れない」ので「強い」のだと思います。
なのでむしろ女性の方こそ、自分達の方が男より強いと自覚して行動した方が良い気がします。

  • 回答者:匿名希望 (質問から11時間後)
  • 0
この回答の満足度
  

女は男の力を高めることに喜びを感じる
女は夢を食べて生きる動物

  • 回答者:匿名 (質問から11時間後)
  • 0
この回答の満足度
  

よく分かりませんが、弱弱しい女性はたぶん、周りにはいないのでしょうか。。。
といいますか、寄り付かないでしょうし。どこの学者か個人分析か知りませんが。
戦争でも起きたら、女性部隊の方がいいかもしれませんね。がんばりましょう。

===補足===
馬鹿にしているように見えます。(補足も、お礼も含めて)

  • 回答者:匿名 (質問から8時間後)
  • 0
この回答の満足度
  
お礼コメント

おっしゃっている意味がよく解りません、、、。
はっきり言って、私は、嫌みっぽい人が嫌いです。
主張があるなら、はっきりとお願いします。

自分は、精神的に弱くないから、この分析は間違っているよというのが言いたいのでしょうか?

2チャンネルのようなレベルの人は求めていません。

よく分析されましたね、
でも体と気持ちで恋をするのも大事ですよ。

  • 回答者:熟練技 (質問から3時間後)
  • 0
この回答の満足度
  
お礼コメント

確かに、気持ちで恋をしたいです。

大雑把過ぎるような気がしますけど。

  • 回答者:匿名 (質問から3時間後)
  • 0
この回答の満足度
  
お礼コメント

確かに、大雑把だと思いますよ。

はい 合っています。
質問者さんは 男性をよく分かっています。
モテるでしょ。

  • 回答者:匿名希望 (質問から2時間後)
  • 0
この回答の満足度
  
お礼コメント

そうですね。
一応、モテます。

それで合っていると思います。
互いにないものを補うのが理想であり一番うまく行く方法だと思います。
私が主人に一番に求めたのはやはり自分にないものでした。

  • 回答者:匿名 (質問から2時間後)
  • 0
この回答の満足度
  
お礼コメント

そうですね。
弱い時は、支え合うのが良いですね。

まぁ、人間相手ですから100%コレに当てはまるというわけではないですが
往々にしてそうとは言えそうですね。

基本的に、オスとメスは違うもの。

だから、あなたがおっしゃる
>お互いにないものを補い合うのが男女の理想の姿ではないかなと思います
が、当てはまるのだと思います。

ただ、男性から言わせていただくと、
>男性は、精神的なキャパが女性よりも小さいと思います。
これは、キャパが小さいのではなく、そもそも考え方そのものが違うんです。

心理学的に見解すると、女性は協調性があり、男性にはありません。
女性は、助け合って生きていく力が長けていますが、
男性は上下関係で判断する傾向にあります。

ですが、女性の本心は深いところにあり、男性は比較的浅いです。
よって、すぐに打ち解けるのが女性。でも、本心はめったに出さない、
男性は、外の殻は固いが割ってはいると本心が見える。

つまり、男性にも女性にも得て不得手があるということです。

・・・で、つながるのがやはり
>お互いにないものを補い合うのが男女の理想の姿ではないかなと思います。

ココになるわけです。

当然ですが、男性も女性を選びます。
メスなら何でもいいというワケではありません。

>肉体的な強さ、精神的な強さ、経済力、ビジュアル、、、。

肉体的な美貌、清楚さ、気立てのよさ、ビジュアル、、、。
これは多くの男性が女性に求めているものです。

>相手に望むものは自分が身につけるようにすると、相手選びの時に人格だけで決められるようですよー。

これは、男女問わず当然のことではないでしょうか。
相手が望むものを持っている。ハード面は少なからずクリアです。
あとはソフト面だけとなりますから、

例えば自動車の運転は男性のほうがあっていますし、
芸術の分野(絵画、彫刻、料理、陶芸・・・など)天性のものは
男性が得意とするものです。

私が思う男性は、精神的に弱いのではなく、
精神的に成長するのが遅く、幼いのが男性・・・です。

===補足===
*************************************
あなたは知識があるのに、質問の書き方にすこし短絡的なところがある。

・・・と、私は思いました。

心理学に距離を置かれているということでしたので、
医学的検知から・・・

成人男性の脳は平均で約1450g、女性は約1250gで男性の方がやや重くなっています。


これはもちろん能力の差を示すものではなく、体格の差がそのまま脳の大きさに反映されていると考えられています。

男性と女性の能力には以下の3つの点で差があることがわかっています。

1.男性は女性より空間認知能力が優れている。
2.男性は女性より攻撃的である。
3.女性は男性より言葉が流暢である。


右脳と左脳の働きの違いを簡単にまとめてみます。
右脳・・左半身の担当。イメージ、絵、空間・図形認識・アナログ。
左脳・・右半身の担当。理論、言葉、数字、デジタル。


上の1や3のような差が現れるのはなぜでしょうか?
ここで、男女の赤ちゃんが成長していく過程を考えてみてください。

男性ホルモンには、左脳の発達を抑える働きがあるといわれています。
そのため女の子の方が「言葉が早い」のが一般的です。

女性の方が左脳の発達が早いのでこのような現象が起こります。

しかし言い換えると「男の子は言葉が遅い→左脳の発達が遅れる→相対的に右脳が発達する」ということになります。

脳には、発達が遅れている分野を補うために他の分野が発達するという特徴もあるのです。

実際に男性の脳は右脳の方が左脳よりも大きい、いびつな形をしていることが多いそうです。

また女性は、脳梁など左右の脳を結ぶ神経線維が男性よりも大きいので、左右の脳のコミュニケーションがよく取れています。


これが女性の優れた言語能力を生み出していると考えられています。

以上のような理由から、男性は女性より「地図を読むのが得意」「車の車庫入れが得意」「将棋やチェスが強い」傾向が生まれるわけです。


また女性は男性より「言語能力が高い」「察知力・総合判断力に長ける」傾向が見られるようになります。

ただ、コレだけのことを述べても、
私は男性のほうが女性より勝っているとは思いません。

黒人の身体能力は、生活環境に適合したものではないかと私は考えます。
簡単に考えるなら、なぜ肌の色が黒いのか?なぜ、欧米では白いのか?

アメリカにいる黒人の身体能力とアフリカの草原で生活をしている黒人のそれは明らかに違いますから。

ユダヤについても同じではないでしょうか。
華僑の人についてもそうですね。

ただ、あなたと同調できるのは、女性の持つ強さです。

男性女性、どっちが強いか!?
近時代では長く議論されていますし、いまだに結論は出ていません。
ここで数回やり取りしただけではもちろん結果は出ないでしょう。

これについては、結果は出ないんでしょうね。おそらく。

  • 回答者:★5 (質問から19分後)
  • 2
この回答の満足度
  
参考になりました。回答ありがとうございました。
お礼コメント

心理学は、昔、学んだことがあるのですが、
実態とずれていることがあると感じて以来、少し距離を置いています。

芸術面は、男性ではないように思います。
心理学的には、男脳は、論理なので、芸術は右脳の活動となりますから、女脳の分野です。
私は女性ですが、芸術分野は得意です。
実感として感じるのは、男性の方が凝り性でコレクター癖が強い方が多いように感じます。
この性質が、専門性を高めているのではないかという考えもあります。
能力の差ではないような、、、。女性は、そもそも興味がないと言う人が多いので。
やっぱり、一般的に男性が優れているところは、肉体的な強さだと思います。
能力差については、女性の方が高いというのを頻繁(知り合いの大学教授など)に聞きますし、私も、男性には申し訳ないですが、単純に能力で比較すると女性の方が優れているように思います。
ただ、力を発揮しない人が多いのが特徴です。
それは性科学的に説明できるようで、なぜ女は出世を拒むのか?というような題名の本が出ています。
これは中々面白かったですね。

確かに、精神的に弱いというよりも、
たまたま発展途上のところを見ているから、そう感じるだけかもしれませんね。
幼稚園の先生いわく、やはり男の子は夢見がちで幼く、女の子は現実的らしいです。このまま大人にも当てはまりますしね。

それから歴史的にも、弱いというよりも驚異的な存在が弾圧されています。

黒人の身体能力
女性の持つ強さ
ユダヤ人の賢さ など、、。

いじめもそうらしいですね。価値のないものは放っておかれるだけです。押さえつけようとするには意味があるんですよね。
冷静に見ると、いじめられている側の方が才能豊かだったりすることは良くあることですしね。

ちょっと脱線しましたが、回答くださってありがとうございました☆

補足について

今日は、時間があるので、再度書かせていただきます。

私は、知識があるけれど、性格が細かくないので、大雑把な結論を出しがちなタイプです。大切な局面では、正確さに神経を集中させますが、量産的な所がありますね。当たって砕けるみたいな感じです。
ご指摘の通りですよー。
積極的な性格なので、理論よりも実践を好みます。
なので、心理学的にどうこうよりも、実際に生きてきた中で、どう感じてきたかを知りたいんです。
心理学も医学も性科学も本を読めば解りますし、あなたが、わかりやすい文章で書いてくれたような内容は、もう知っています。
あと、議論は、特に求めていません。
質問に書いていないのが問題なのですが、
できれば、実体験を教えていただきたかったです。

一つ思ったのは、
論理的な分野、例えば法律家などには男性が多く、向いていると言われてきたと思うのですが、
左脳と右脳の働きで見ると、論理は女性の分野なんですよね。
女性の方が現実的に物事を考える人が多いのは、それで納得できますね。

でも、女は感情的だから仕事に向かないなんていう考えも、まだ聞きますし、何だか、こうあって欲しいという決めつけと、科学的なことと、実態がごちゃ混ぜになっているのだと思いました。

そういうのって混乱を招くので、はっきりさせたい気持ちになります。
でも、個人個人と向き合うのが一番かなとも思いますねー

男だから男脳とは限らないようですね。
脳は中々割り切れないですねー。

初めのご回答の文章は、論理が飛躍していて、わかりづらかったのですが、
2度めの文章は、とても上手ですね。

あと、思ったのは、脳科学の分野は、まだまだ発展途上ですね。
結論が変わることも多々ありますし、だから学問はあんまり好きではないんです。数学が苦手な女子が多いのも、それだと説明できなくなるように思いますし。

学問っていうのは、どう生活に役立てるものなんでしょうかね。

最近、人類の祖先は、海洋生物ではなかったというような発表もあったので、学問って何だろう?って思ってしまいます。
それでは、海洋深層水の触れ込みが出来なくなってしまいますよね。

とくネタ総合ランキング

すべてを見る

トクネタを投稿する

Sooda!からのお知らせ

一覧を見る