すべてのカテゴリ » 知識・教養・学問 » 知識・学問 » 歴史・地理

質問

終了

当時の日本では、日韓合邦は百害あって一利なし、とまで言われていたようですが、実際はどうでしたか。
また、李完用(大韓帝国政府首相)が合邦に賛成したのはなぜでしょうか。

  • 質問者:匿名
  • 質問日時:2012-04-25 23:58:19
  • 0
ソーシャルブックマークに登録する:

並び替え:

日本から恵んでもらいたかったのでしょう。

  • 回答者:匿名希望 (質問から13時間後)
  • 0
この回答の満足度
  
とても参考になり、非常に満足しました。回答ありがとうございました。

当時の併合反対の先鋒であった伊藤博文を安重根(アン・ジュングン)に暗殺されてから急速に併合が進められたことは結果的に韓国の将来の発展に寄与したことはすなわち韓国を救ったことになる。
そう考えれば韓国で英雄視されるのはよく理解できるのではないでしょうか。
それまでは中国の属国であり、中国はもとよりソ連や欧米各国も手を出さなかったお荷物を日本に押しつけたのです。
当時の韓半島人のほとんどが日本人になりたがっていたし、悪い風習などを廃止して人間らしくしたのは日韓併合の大きな成果です。

  • 回答者:とくさん (質問から12時間後)
  • 1
この回答の満足度
  
とても参考になり、非常に満足しました。回答ありがとうございました。

東洋は国という形がしっかりしていなくて疲弊しきっていましたからこの国も渡りに船だったはずです。

  • 回答者:匿名希望 (質問から10時間後)
  • 0
この回答の満足度
  
とても参考になり、非常に満足しました。回答ありがとうございました。

もう国が腐りきっていたから
日本の援助がほしかったのでしょう。

  • 回答者:匿名 (質問から7時間後)
  • 0
この回答の満足度
  
とても参考になり、非常に満足しました。回答ありがとうございました。

とくネタ総合ランキング

すべてを見る

トクネタを投稿する

Sooda!からのお知らせ

一覧を見る