すべてのカテゴリ » ニュース・時事 » 地震・災害

質問

終了

今の総理は、再稼動した原発が事故を起こした時、放射性物質の粒子をガイガーカウンター持ってピンセット持って一粒一粒拾い集めて処分してくれるでしょうか(たとえ何万年かかっても)。それならば再稼動に賛成してもよいと思いませんか。

  • 質問者:核暴走
  • 質問日時:2012-06-08 23:44:19
  • 0
ソーシャルブックマークに登録する:

そうですね。
そこまでしてくれるというなら考えてみても良いでしょう。
総理一人では大変でしょうから、
保安院も安全院も経済産業省の役人も全員そろってやってもらいしょう。

原発地元の、「是非再稼動してくれ」といった地元には、
私たちの税金で補償もする必要はないと思います。
自己責任でお願いしたいです。

===補足===
そうですね。
総理にそれだけの覚悟があるか、と問いたいです。

  • 回答者:匿名 (質問から25分後)
  • 1
この回答の満足度
  
とても参考になり、非常に満足しました。回答ありがとうございました。
お礼コメント

子々孫々に渡って!

並び替え:

そんなことは間違ってもしてくれません

もし事故が起こったとしても 日本経済のためにああするしかなかったって

言い訳するのが関の山でしょうね

  • 回答者:匿名希望 (質問から6日後)
  • 0
この回答の満足度
  
とても参考になり、非常に満足しました。回答ありがとうございました。

日本の経済や生活は全て電気に頼っています。

電力不足によって、
交通の影響(電車の停止、ガソリンの補給不可、無信号による大渋滞)
食糧不足(生産ライン停止、地方産の食糧運搬出来ず)
ライフライン(電動プンプに影響し、水道・ガスの停止)
ありとあらゆる分野に影響してきます。

先ずは電力の確保してから、色々と考えるべきでしょう。

  • 回答者:匿名 (質問から5日後)
  • 0
この回答の満足度
  
とても参考になり、非常に満足しました。回答ありがとうございました。
お礼コメント

まみれ

今の総理は、再稼働はさせても事故が起こった時には
何もしないで逃げてしまいます。
消費税を上げる努力をしたり、原発を再稼働させたり、
どうしようもない今の総理です。

  • 回答者:匿名 (質問から2日後)
  • 0
この回答の満足度
  
とても参考になり、非常に満足しました。回答ありがとうございました。

除染を速やかにできる技術、放射能を直ぐに無害化する技術が確立していたら、まだマシかもしれませんね。何百年後にはできるかもしれません。

現時点では、不可能ですので、一旦仕切り直して、技術の確立に集中すべきでしょう。

結論として、原発は「早過ぎた技術」なのでしょうね。

だからこそ、健康被害への影響の不明(分かっていても誤摩化す)な状況で始めてしまったのでしょう。

非常に残念ですが、過去は変えられませんが、未来は変えることができるので、変えれば良いのだと思います。

この回答の満足度
  
とても参考になり、非常に満足しました。回答ありがとうございました。

そこまでやってくれるのなら賛成しましょう

  • 回答者:sooda (質問から21時間後)
  • 0
この回答の満足度
  
とても参考になり、非常に満足しました。回答ありがとうございました。

再稼動をさせるだけで、仮に事故があったとしても、それ以上のことは何もしてくれませんよ。
再稼動させるなら、せめて原子炉の耐震性強化と遠隔操作で消火や瓦礫除去などの作業ができるレスキュー・ロボットを多数配備をすべきです。
1999年の東海村事故の後、いろんなレスキュー・ロボットが開発されましたが、政府と電力会社が採用をしませんでした。
採用しなかった理由は、原発推進関係者が何の根拠もないのに原発は安全だからロボットは必要ないと言ったからです。
でも、福島原発の件でその安全性の神話は崩れました。
事故がおきても最小限に抑えるためにも、耐震性強化とレスキュー・ロボット配備は絶対にすべきだと思います。
あと、周辺の防波堤設置・強化だけでなく、海にも浮消波堤を設置して、二重三重による防御で津波対策をするべきです。

  • 回答者:匿名 (質問から21分後)
  • 0
この回答の満足度
  
とても参考になり、非常に満足しました。回答ありがとうございました。
お礼コメント

そんな無責任で再稼動するのでしょうか。どういう神経なのでしょうか。
発火の恐れのあるエンジンは、莫大な金をかけてリコールするのに・・・。


浮消波堤は有効ですか。立体的な水の塊がやってくるのですが・・・。

とくネタ総合ランキング

すべてを見る

トクネタを投稿する

Sooda!からのお知らせ

一覧を見る