すべてのカテゴリ » 知識・教養・学問 » 知識・学問 » 政治・法律・行政

質問

終了

最近ニュースで竹島と尖閣諸島についてやっていますが竹島と尖閣諸島は日本のものですか?

  • 質問者:愛しの雷威君
  • 質問日時:2012-08-16 14:14:58
  • 0
ソーシャルブックマークに登録する:

日本のものです。資源が見つかったので、欲しがっているだけです。それが大陸流のやり方なんです。

昔は政権が変わると、皆殺ししていたんです。

以下、こぴぺ。
漢の時代から、飢饉になると、弱者を捕食する集団が現れた。史書では彼らを飢賊、餓賊、飢寇と称している。
捕獲したり、仕入れた食用人間は殺されて長距離輸送用の保存食として前線部隊に補給された。
「資治通鑑」の「後簗太祖・関平三年(909年)」には宰殺務の職の名が見られる。この職は。食用人間に餌を与え飼育しながら殺して軍用食にあてる任務。
保存の方法は、塩漬けの塩戸、天日で乾かす乾戸。
その炊事場を舂磨砦(しょうまさい)という。
人肉の入手経路
貧民や飢民が家族を人肉商人に売り渡す。
飢饉や戦乱に乗じて盗賊や軍隊が人々を捕らえて売る。
政府の役人や獄卒(監獄の下級役人)が死刑囚を正式、または非正式に民間に払い下げる。

259. コピペ情報局は、 反日管理人の工作場
2012年05月11日 12:19
ID:Cx1zTdq5O
死刑囚の肉を政府が払い下げていたことは、唐代以前にも記録があるが、本格的に行なわれたのは唐代以降からで、20世紀になっても北京をはじめとする大都市の刑場でよく見られた。
中国の死刑執行は、たいてい市街の広場で行なわれ、凌遅(りょうち)の刑という。生きたままの囚人の肉を一切れずつ切り取っていく手法がよく用いられたため。

260. コピペ情報局は、 反日管理人の工作場
2012年05月11日 12:20
ID:L.0hDDB2O
回りを囲む群衆が払い下げられる囚人の肉を待っているのは、斬刑という首斬りよりも食肉としては新鮮なため。
価格
人肉は常に、米やイヌ、豚の価格より安い。唐の時代末期の鳳翔市での市価は、人肉一片(600グラム)が100銭。犬肉が500銭。
男性の肉は女性の肉より安い。1647年の四川での市価は男の肉一片が7銭、女の肉が8銭。古来より凌遅刑(千刀万?)という全身を切り刻む処刑方法が存在したが、刑場近辺で死刑囚の肉片が食用ないし薬用に供されていた記録があり、廃止された1905年には北京で撮影が行われている。なお著名人が同処刑後に食された事例では、明朝の劉瑾・袁崇煥のものが挙げられる。ただし劉は酷吏、袁は名将であり、食の意図は異なるものと思われる

  • 回答者:匿名希望 (質問から8時間後)
  • 0
この回答の満足度
  

並び替え:

日本の領土です。
あいつらは泥棒です。

  • 回答者:匿名希望 (質問から15分後)
  • 0
この回答の満足度
  

とくネタ総合ランキング

すべてを見る

トクネタを投稿する

Sooda!からのお知らせ

一覧を見る