すべてのカテゴリ » 料理・グルメ » 料理・レシピ » その他

質問

終了

さつま揚げやごぼう天などは外側だけ揚げ色が付いてキツネ色ですが、揚げてあるのに真っ白なてんぷらがあるのはどこが違うのでしょうか。

  • 質問者:色白
  • 質問日時:2013-02-16 22:30:04
  • 0
ソーシャルブックマークに登録する:

並び替え:

低温で時間をかけずにあげるから色が白いのです

  • 回答者:匿名 (質問から7日後)
  • 0
この回答の満足度
  
参考になり、満足しました。回答ありがとうございました。

さつま揚げやゴボウ天の材料は蒸せば白く仕上がりますよ。
きつね色になっているのは油で揚げるのに衣がついていないからです。

天ぷらとは小麦粉が衣のエビとかイカとかを揚げた物の事で良いですか?
(魚のすり身を揚げた物を天ぷらという地方もあるので)
それでしたら、一時期流行った白いトンカツや白い天ぷらは低い温度で揚げているからです。
またさつま揚げと同じ温度(120℃前後)で揚げても衣がついているのであそこまで色がつきません。
ポテトフライは衣がないのできつね色です。イモの天ぷらはそれよりも白いです。
これでわかりますか?

  • 回答者:蜜柑 (質問から2日後)
  • 0
この回答の満足度
  
とても参考になり、非常に満足しました。回答ありがとうございました。

とくネタ総合ランキング

すべてを見る

トクネタを投稿する

Sooda!からのお知らせ

一覧を見る