すべてのカテゴリ » アンケート

質問

終了

日本領を中国に売り渡そうとする日本人がいることを知っていますか。

日本領・馬毛島の地主が政府と折り合わず「島を中国に売る」

配信元:NEWSポストセブン

2013/01/21 11:17更新
このニュースに関連した特集

尖閣諸島問題
この記事に関連するフォト・情報
記事本文

 鉄砲伝来の地、鹿児島県の種子島。その種子島の西方、12キロメートルの東シナ海上に浮かぶのが馬毛島である。島から人の姿が消えてほぼ半世紀。歴史から取り残されたようなこの島を巡って所有者と防衛省の攻防が続いている。きっかけは、所有者が「この島を中国に売る」と言い出したことだった。

 島の名の由来は、ポルトガル宣教師たちが鉄砲とともに渡来させた馬を養っていたことだとされる。ニホンジカの亜種で同島にしかいないというマゲシカを除けば、行き交うのは島を開発するショベルカーぐらいだ。

 無人島としては国内で2番目に大きい周囲16キロメートルの同島がいま政府関係者の関心を集めている。発端は、島を99.6%%所有する採石販売会社「立石建設工業」会長の立石勲氏のこんな発言が政府に伝わったからだった。

 「中国の企業が何社か接触してきている。日本の対応次第では売ってもいい」

 立石氏がこう漏らすようになったのは今年に入ってからだという。後述するが、立石氏はこれまでも島を巡り、政府とやり合ってきた経緯があった。防衛省関係者が語った。

 「それまでは、本意ではないだろうと高を括っていたんですが、8月の尖閣諸島騒動で事態は一変した。馬毛島の周辺には佐世保や沖縄などの米軍基地があって地政学上、非常に重要な場所です。ここを本当に中国に取られたら国防上、危機的な状況に陥ると省内で危ぶむ声が高まってきた」http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/world/china/623733/

  • 質問者:匿名
  • 質問日時:2013-04-29 01:40:04
  • 1
ソーシャルブックマークに登録する:

土地の所有権を中国人などに売るのは法律で禁止すべきです。
大体中国は個人で土地の所有を認めてないのでそんな国際的におかしな国の連中が他国の土地を所有したらおかしくなります。
富士山近辺や日本の水源とかを中国人に買わせるべきじゃないですね、豚の死骸や病原菌に犯された動物を所有し食う民族です、危険極まりない!

  • 回答者:匿名希望 (質問から16時間後)
  • 1
この回答の満足度
  
とても参考になり、非常に満足しました。回答ありがとうございました。

並び替え:

知りませんでした。
日本人としては考えられない。
思いとどまりなさい。

  • 回答者:石仮面 (質問から7日後)
  • 0
この回答の満足度
  
とても参考になり、非常に満足しました。回答ありがとうございました。

いいえ知りませんでした。

これだけ領土問題で中国と衝突しているのに中国に売るって

個人的には理解できないですね。

  • 回答者:匿名 (質問から1日後)
  • 0
この回答の満足度
  
とても参考になり、非常に満足しました。回答ありがとうございました。

いいえ、知りませんでした。
お金の問題だと思いますが
政府も日本領だと主張するなら
相手が納得いくように粘り強く
交渉すべきでしょう。

  • 回答者:匿名 (質問から11時間後)
  • 0
この回答の満足度
  
とても参考になり、非常に満足しました。回答ありがとうございました。

知りませんでした
信じられません

  • 回答者:sooda (質問から10時間後)
  • 0
この回答の満足度
  
とても参考になり、非常に満足しました。回答ありがとうございました。

知りませんでした。
お金の問題だと感じます。高値で売りたいですから政府を牽制しているのです。

  • 回答者:匿名 (質問から7時間後)
  • 0
この回答の満足度
  
とても参考になり、非常に満足しました。回答ありがとうございました。

・知りません。
知っていたとしても「それがどうした?」で済む

「日本は共産主義国家じゃないんだから"領土(領有権)"と"土地所有権"は全く別物だ」という基本的な事まで忘れ去ってるのか?とも思う。

  • 回答者:学べよ (質問から2時間後)
  • 0
この回答の満足度
  
回答ありがとうございました。

建前的には

売買は自由で 水資源である 森林も買われている。

日本人も 米国のものを買い 批判を浴びたこともある。

対応を謝った 国の責任でもある。

目先だけでの対応に 右往左往 している国の・・・

この回答の満足度
  
とても参考になり、非常に満足しました。回答ありがとうございました。

とくネタ総合ランキング

すべてを見る

トクネタを投稿する

Sooda!からのお知らせ

一覧を見る