すべてのカテゴリ » アンケート

質問

終了

河野談話は、日本政治の失敗だったのだと思いますか。なぜあんなことを言ったのでしょうか。


従軍慰安婦問題、河野談話で曲解広まる

 従軍慰安婦問題は1992年1月に朝日新聞が「日本軍が慰安所の設置や、従軍慰安婦の募集を監督、統制していた」と報じたことが発端となり、日韓間の外交問題に発展した。




 記事中には「主として朝鮮人女性を挺身ていしん隊の名で強制連行した」などと、戦時勤労動員制度の「女子挺身隊」を“慰安婦狩り”と誤って報じた部分もあり、強制連行の有無が最大の争点となった。

 宮沢内閣は同年7月、軍による強制徴用(強制連行)の裏づけとなる資料は見つからなかったとする調査結果を発表した。しかし、韓国国内の日本批判は収まらず、政治決着を図る狙いから、翌93年8月、河野洋平官房長官(当時)が、慰安所の設置、管理、慰安婦の移送について軍の関与を認め「おわびと反省」を表明する談話を発表した。

 ところが、河野談話によりかえって「日本政府が旧日本軍による慰安婦の強制連行を認めた」という曲解が広まったため、第1次安倍内閣は2007年3月、「政府が発見した資料の中には、軍や官憲によるいわゆる強制連行を直接示すような記述は見当たらなかった」とする政府答弁書を閣議決定している。

(2013年5月14日09時08分 読売新聞)
http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20130514-OYT1T00220.htm

  • 質問者:타케시마는 일본 령
  • 質問日時:2013-05-22 21:48:02
  • 0
ソーシャルブックマークに登録する:

河野議員自身に売国奴の疑いもありますが、そうではないとしたとしても「国際常識を知らない間抜け」であることは間違いないです。

韓国や中国の歴史や文化をちゃんと勉強した上で相手をしないからこうなる訳です。
日本以外の多くの国、特に中国、韓国は性悪説の国です。

文化的にも公平さ公明さは軽んじられており、どんな手段を使っても相手に勝つことが正義であり、相手の弱みはとことん突くのが正義である国です。

武士の情けとか、敵に塩を贈るとか言った「甘い」相互理解などありません。
一歩引けば百歩踏み込んで来るのが彼らです。

そして民族虐殺することにすら何ら精神的痛痒を覚えない冷徹な相手でもあります。
そんな相手に少しでも譲歩したら喜んで曲解してくれます。

嘘も百回言えば本当になるが絶対正義の人たちです。
はっきり言って同じ手法でしか対抗し得ないのが実情なのにもかかわらず、カモネギ状態でのこのこ付け入る隙を与えたのが河野談話と言えるでしょう。

個人的には彼は売国奴ではないけど、ある意味それよりたちの悪い愚か者であった気がします。

  • 回答者:匿名希望 (質問から4時間後)
  • 4
この回答の満足度
  
とても参考になり、非常に満足しました。回答ありがとうございました。
お礼コメント

分かりやすくありがとうございます。河野に一言一句言ってやりたい。彼は反省しているのか。

並び替え:

失敗どころではないですね。

日本に大きな損害をもたらしましたから。

何を考えての発言なのか全く理解不能ですね。

  • 回答者:匿名 (質問から6日後)
  • 0
この回答の満足度
  
とても参考になり、非常に満足しました。回答ありがとうございました。

失敗です。
当時の圧力に耐えかねてああいう談話を出したのでしょう。

  • 回答者:匿名希望 (質問から2日後)
  • 0
この回答の満足度
  
とても参考になり、非常に満足しました。回答ありがとうございました。
お礼コメント

韓国は粘りづよい点が、長所でしょうか。

失敗です。
そそのかされて、その気になって発言をしてしまったのです。
それに気が付かないなんて。だから総理になれなかったのでしょうね。

  • 回答者:匿名 (質問から1日後)
  • 0
この回答の満足度
  
とても参考になり、非常に満足しました。回答ありがとうございました。

失敗です
河野首相自身の勉強不足ということもあります

  • 回答者:sooda (質問から18時間後)
  • 0
この回答の満足度
  
とても参考になり、非常に満足しました。回答ありがとうございました。

河野自身が売国奴だったのでしょう。
だからあのような談話をしたのだと思います。
河野のような売国議員いたことが日本政治の失敗だと思います。

  • 回答者:匿名 (質問から53分後)
  • 0
この回答の満足度
  
とても参考になり、非常に満足しました。回答ありがとうございました。

とくネタ総合ランキング

すべてを見る

トクネタを投稿する

Sooda!からのお知らせ

一覧を見る