すべてのカテゴリ » マネー » 保険・税金・年金 » 保険

質問

終了

現在32歳で、独身です。
生命保険・医療保険など見直しをしたいのですが、たくさんありすぎてわかりません。

独身なので入らなくてもいいかなとも思いますが、万が一を考え、収入保障タイプに入ったほうがいいのか・・・
保険にも種類がありすぎて独身男性にはどれが一番合っているのかわかりません。
生命保険なんて入るほうがバカという意見をネットでちらほらみかけますが、何だか不安だし・・・・。


FPに相談とも思いましたが忙しく時間がないので皆様のお勧め保険・ご意見を教えていただけたら嬉しく思います。

よろしくお願いいたします。

  • 質問者:匿名
  • 質問日時:2013-06-14 17:26:07
  • 0
ソーシャルブックマークに登録する:

FP資格者です。私も独身30代なので、あなたの気持ちが良くわかります。
生命保険というものは、富裕層な人間は必要ないものと考えております。
但し、一般庶民は最低限限度の範囲内でご加入をお勧めいたします。
まず、生命保険は□、貯蓄は△という言葉はご存知ですが?
生命保険は毎月の支払さえすれば、万が一の時、保険金という形で大金が遺族に入ります。
しかし、貯蓄は毎月少しずつ貯めなければ何千万、何億という大金になるまでに時間が必要です。
生命保険には、貯蓄性のもの(終身保険、養老保険、年金保険、その他掛け捨て以外)と貯蓄性がないもの(医療保険、がん保険、定期保険等)があります。介護保険は今回は対象から除きます。
ます、独身男性30代ですと、将来結婚して子供を持ち家庭を持つ予定又は一生独身、又は結婚するけれど子供は作らないなど、将来のライフプラン、イベント等によって、保険の入り方が変わります。今回は基本的なパターン(結婚、子供あり)を想定して、ご提案させていただきます。
①医療保険とがん保険(支払期間:終身払い・保障期間:終身)
 医療は日額5千円、さらにがん保険は日額1万円コースがおすすめです。
 保険料は30代なので、それほど高くないです。
②終身保険(支払期間:60歳又は65歳、保証期間:終身)
 保険金300万~500万(※目的は自分の葬儀費用です)
 ※この保険は掛け捨てではないので、生命保険会社によって解約返戻金
  が違いますので、万が一、払い込み完了後に解約しても掛け金が100%以上
  戻るような会社がベストです。
③定期保険(期間:95歳、支払期日:60歳又は65歳)
 保険金1000万~2000万
 ※加入目的は貯蓄と結婚後家族の遺族補償も兼ねております。
 この定期保険は保険会社によっては、取り扱っていない会社もありますので、
 ネット又は担当者に確認の上、保険設計書を作成してもらってください。
 ※貯蓄になるのは、60歳払い済みとした場合、総支払保険料と60歳以降の解約返戻金
  をシミュレーションすると、60歳で9割前後が解約しても返ってくるので、考え方
  によると、60歳までの保障を確保しながら貯蓄していることになります。
  もし、60歳までにお金持ちになっていれば、保険は必要ないので解約してもいいです。
  ちなみに60歳以降の解約返戻金はしばらく上昇して、95歳に向けて低減していきます。
  以上①②は最低限加入しておくべきです。③は余裕があれば加入するのがベスト。
  ちなみに、そのほか都民共済や全労済、自転車保険など掛け金が1000円程度のもの
  は最初に加入しておくべきです。こればお守りのつもりです。(都民共済は1年ごとに割戻  し金があります。)詳しくはパンフレットをご参照ください。
  長々と書いてしまいましたが、同じ30代男性なので、ついつい集中して書き込みしてしま
  いました。このような提案はFPによっては、人それぞれですが、当方は元外資系生命保険の  トップセールスマンでした、現在は不動産関連の仕事をしておりますが、知識は錆びてない
  と思います。加入するのは自己責任でお願いします。健康なうちに検討しておきましょう。

この回答の満足度
  
とても参考になり、非常に満足しました。回答ありがとうございました。

並び替え:

永年保険に加入して結果を見たら、かけた金額数百万円になります。
かけた金額の利息などを計算したら、家が建てられます。
満期にはその半分以下しか戻りません。
生命保険会社社員にあれだけの高い給料と大きなビルを提供している慈善者の一人でした。
独身であれば医療保障を厚くして、掛け捨てタイプの全労災のこくみん共済に加入してはどうでしょうか。(毎年何割か払い戻しがありますので掛け金は安くなる計算になります。)
ほかの高い金額の保険料との差を貯蓄しておけば、1年くらいで入院費用になるくらいの計算になります。
交通事故が心配なので公共団体が運営している毎月500円程度の掛け捨てか全労災、coopが良いのでは。
がん保険はこれは心配なので2本加入しています。
お金がある程度たまれば保険はさほど心配しなくとも良いのですが。
保険加入を断られ、数年間辛抱して貯蓄をして数百万貯めましたら心配は減りました。

  • 回答者:とくめい (質問から10時間後)
  • 0
この回答の満足度
  
とても参考になり、非常に満足しました。回答ありがとうございました。

まさに私が最近、流行のFP相談で保険見直しを行いました。
30代で結婚予定なしなので、終身医療より自分に対する医療保険を…と思いまして。

生命保険なんて入ってても…というのは私も同感で、今まで20年近く入ってた高い保険は、
一度も利用したことがありませんでした。
かといって、やはり入っていないと不安です。

FPの方に勧められて、最終的に複数加入しましたが、その中で↑のような考えの方に向いているのでは…というものがあります。
東京海上日動あんしん生命「メディカルKit R」
これは、70歳まで保険を支払うのですが、例えば過去の私のように高い保険料払ってて一度も使ったことがない…という結果に終わった場合、100%返ってくるというものです。
保険を使った場合は、差し引いた額が返ってきます。
他の保険に比べてやや割高ですが、いづれ使うにしろ使わないにしろ、返ってくるので。
70歳までには今までと違って色々体にも問題が起こるでしょうし、どうせ100%ということはないと思いますが…。
使うか分からない保険に入るか、保険に入らずそのつど自分で支払うのとどっちが…と考えた時、
どうせその分貯金したところで大した利息がつくわけでもないし、それならその分確定申告で返ってくる方が…等考えた結果、これに決めました。
FPさんには、70歳になった時点で、後はただの掛け捨てなので、不要なオプションは外すように勧められています。

最初にこの保険を決めて、あと月5千円以下の、掛け捨て保険にも加入しました。
これでも今まで加入してた保険より安くなりました。
私も時間がなくFP相談する時間調整が大変でしたけど、やはりやって良かったと思いました。
ちなみに経験上、FPは当たり外れがあります(1人目ハズレ、2人目は当たりでした)

  • 回答者:匿名 (質問から6時間後)
  • 0
この回答の満足度
  
とても参考になり、非常に満足しました。回答ありがとうございました。

貯蓄性のある保険ならいいんじゃないでしょうか

  • 回答者:sooda (質問から4時間後)
  • 0
この回答の満足度
  
とても参考になり、非常に満足しました。回答ありがとうございました。

貯蓄性のある養老保険や、終身保険。もしくは、国民共済で保険料を抑えて余ったお金を貯蓄や投資にまわす。

  • 回答者:匿名 (質問から2時間後)
  • 0
この回答の満足度
  
とても参考になり、非常に満足しました。回答ありがとうございました。

死亡保障は必要ないですね
でも死亡保障を取る事できるのかな・・・?

・医療共済
・収入保証共済
・確定年金

このあたりがベストだと思う
上二つは掛け捨てタイプのとにかく安いやつ、できるだけ安いやつでOKと思うよ。
だって、ほぼ確実に捨て金になるんだからw (だから生保会社が儲かってる)

確定年金やるなら金(gold)でも買ってろという意見も有るけど、一応は年末調整で別枠扱いになるので、余裕があれば良いかも。

  • 回答者:匿名 (質問から2時間後)
  • 1
この回答の満足度
  
とても参考になり、非常に満足しました。回答ありがとうございました。

自分が 何かあった時どのような 保障が欲しいか

それに 適合する 保険を選べばいいだけです。

この回答の満足度
  
参考になりました。回答ありがとうございました。

とくネタ総合ランキング

すべてを見る

トクネタを投稿する

Sooda!からのお知らせ

一覧を見る