すべてのカテゴリ » 知識・教養・学問 » 教養・マナー » 一般教養・雑学

質問

終了

果樹園で収穫漏れのようにリンゴの木などに実を1つ2つ残しておくのは何と言って何のためでしょうか?
以前何かで説明を読んだことがありますが忘れてしまいました。
どなたか教えてください。

  • 質問者:匿名
  • 質問日時:2013-11-02 09:40:05
  • 0
ソーシャルブックマークに登録する:

木守の実・守木の実と言います(木守柿は秋の季語です)
一番高い位置の物を残します。神様の供物です。
鳥は神の化身であり、
この世(地上)とあの世(天空)を結ぶものとされています。
なので鳥に食べさせるという事になります。
これには分け与える、他の命も大切にするという意味が込められています。
タネがまかれて云々は副産物的な事ですね。
鳥の糞で増えるのは草などです。

  • 回答者:とんぼだま (質問から5日後)
  • 0
この回答の満足度
  
とても参考になり、非常に満足しました。回答ありがとうございました。

並び替え:

「きもり」または「きまもり」です。
旅人のために残しておくと言う説もありますけど
天(自然)への捧げ物であり「今年豊かに実をつけてくれたことへの感謝と、
来年もそうでありますように」と言う思いからの事です。

  • 回答者:匿名 (質問から7日後)
  • 0
この回答の満足度
  
とても参考になり、非常に満足しました。回答ありがとうございました。

木守り
収穫の感謝、来年への祈り

鳥が実を食べて、木が増える、という実際のメリットもあります

  • 回答者:匿名 (質問から9時間後)
  • 0
この回答の満足度
  
とても参考になり、非常に満足しました。回答ありがとうございました。

とくネタ総合ランキング

すべてを見る

トクネタを投稿する

Sooda!からのお知らせ

一覧を見る