すべてのカテゴリ » 美容・健康 » 健康管理 » 病気・症状

質問

終了

腹水治療の相談です。すい臓癌、肝臓癌から腹水 が溜まっており苦しんでいます。 会社の同僚(56歳)が、3ヶ月前にすい臓の末期 癌と診断され、肝臓にも癌が転移し、現在、腹 水がひどく苦しんでいます。 今は、腹水の影響で、食事が摂れ無いため、体力 も落ちていっています。 病院では、利尿剤や、アルブミンの投与を行って いますが、腹水は減ることはなく、増える一方で す。 今は、腹水も辛いのですが、掛かり付けの医師の 話では、すい臓癌と肝臓癌の進行が早いようで、 このままいけば余命も1ヶ月以内という話もでて いますので、とても焦っています。 遠赤外線鉱石療法という治療法が良いとネットで 見ましたが、治療に病院に通う事は厳しい状況で す。 末期癌の状態ですが、癌に対しては難しいにして も、腹水だけでも他に今からでもできる様な、治 療やケアなどはありますでしょうか? よろしくおねがします。

  • 質問者:三宅健
  • 質問日時:2013-11-27 12:30:49
  • 1
ソーシャルブックマークに登録する:

並び替え:

医療関係の者です。
他でも同じような回答をしていますが、参考になればと思います。

現状は、膵臓癌から肝臓に癌が転移している為、癌の影響により肝臓の機能が悪化した結果、血液中の蛋白量が減少し、腹水の症状が出ているのではないかと考えられます。その他にも、腹水の影響で食事が摂取できていないとの事ですので、体内や肝臓の栄養状態
も悪化し、腹水が酷くなっている事も考えられます。

病院では、腹水穿刺などの治療もありますが、デメリットがあるため、今の患者様の状態
であればお勧めはできません。腹水が溜まっていても、血圧や、体力が安定しているときは良いと思います。

※ただし、腹水穿刺を行えば、一時的に腹水は軽減しますが、体力や血圧も同時に低下し、病状が悪化する可能性もありますので、あまりお勧めはできません。


腹水穿刺の参考ページです。
http://www.nurse-happylife.com/14809/

後、遠赤外線鉱石療法は、確かに末期癌、腹水などの疾患に効果的な治療法です。しかし、遠赤外線鉱石温熱療法だけでは、効果は弱くなります。腹水や、末期癌などのは、患者様の「栄養状態」を改善していかない限り、病気の進行を抑制、軽減することはできません。

そこで、遠赤外線鉱石温熱療法と体内の栄養状態を改善する為に漢方薬を併用すれば、相乗効果が生まれ、効力も一気に高まっていきます。

遠赤外線鉱石療法と漢方薬の併用参考ページです。
http://fukusui8.seesaa.net/

温熱アイテムの詳細です。
http://hotmart.jp/ 

私的には、現在の患者様の状態であれば、遠赤外線鉱石温熱療法と漢方薬の併用の方が
結果が出やすいと思います。今は、できる限り患者に負担を与える治療は避け、身体に
負担の少ない、遠赤外線鉱石温熱療法と漢方薬の併用治療がよいかと思います。


お大事にされて下さい。

この回答の満足度
  
お礼コメント

詳しくご回答いただきましてありがとうございま す。とても参考になりました。

末期癌で、腹水が 溜まっていますので、治療法がなく本当に困って いました。早速、遠赤外線鉱石療法を試してみます。遠赤外 線鉱石療法で、少しでも、末期癌に伴う症状と腹 水が楽になるといいです。本当にありがとうござ いました。

とくネタ総合ランキング

すべてを見る

トクネタを投稿する

Sooda!からのお知らせ

一覧を見る