すべてのカテゴリ » 恋愛・人間関係の悩み » 夫婦・家族

質問

終了

不倫はいけないことと重々承知の上での書き込みになります。
何を言われても仕方が無いことと思うのですが、不愉快な気持ちにさせてしまいましたら申し訳ありません。
三ヶ月悩み抜いた上での質問です。
まず、私(男)既婚 21歳は既婚中にも関わらず他の女性(年齢は伏せさせて頂きます)との関係を持ち交際を初めて本気の恋に落ちてしまいました。
妻(20)は去年出産を終え、もうすぐ一歳になる子供が一人います。元々私達夫婦は3年間付き合っており、いわゆるデキ婚となります。
妊娠中同棲していたのですが、妻が欝になってしまい、夜中に意味もなく(つわり等は入れません)起こされる、発狂される、泣かれるが毎日続き、最初は仕方が無いことなんだ。なるべくストレスを与えないように。と頑張っていたつもりではあったのですが、それが徐々に負担と感じてきてしまい、友人(男)との遊びなどが多くなってしまい、気持ちが離れていく自分がいました。無責任なのは承知の上です。
そうして当然妻の欝は悪化し、それでもその時はまだ、好きと言う気持ちがあったので別れよう、他の女の子と連絡などをとることなど一度も思いもしたことなどありませんでした。そうして子供を無事出産し(立会い出産です)、里帰りをした後、友人から恋の相談を受け協力してやりたいと思い、(二人では会ってくれない女の子)友人の女の子と三人で遊びました。遊んでいる時に気まずいと思い、相手もそう察したみたいで次に別の女の子もう一人連れて来るね。と言われ、それはまずいと思ったのですが、友人にお願いと言われ仕方なく承諾してしまい、また三日後に遊びの約束をし、その日は終わりました。そして三日後に出会った友人の女の子の友達が今の不倫相手となるのですが、長くなってしまうので、少々省略しながら書きます。
私が気に入られ直接連絡先を教えてほしいと言われ、断りきれず教えてしまいお互い音楽が好きという共通点から仲が深まりそこから恋愛に発達してしまった次第で、その当初は結婚をまだしていなかったので言う必要もないと勝手に思い込み、言わずに時が過ぎてしまいました。恋愛に発達した後、正直に告白し、別れようと言い、一度別れたのですが(相手も色々考えた上での決断です)どうしても忘れられなく自分から連絡をしてしまい復縁をしました。
そうして彼女に会っているうちに妻との愛は薄まってしまい、まだ帰ってこなくていいなど嘘をつき気づけば里帰りが4ヶ月程経っていました。しかし考え直しもう一度彼女に別れを切り出したのですが、不倫相手の女性は本気になってしまったと。気持ちが抑えられない離婚してくれ離婚したあとの慰謝料もちゃんと払う。など後々の話し合いを何度もしたのですがそうしているあいだに自分が彼女に本気になってしまっていたことに気づいてしまいそのまま別れられずにずるずる時が過ぎ、その間に新居を決め、妻と子供との新婚生活がはじまったのですが、約一年間妻を抱くこともなく、冷めていく一方でそれらを察されないよう家庭を築いていたのですが、彼女と一緒になりたいと言う思いがあり、何度か離婚の話を設けましたが子供がいるんだからと言われ、自分も当然だと。彼女を諦めなくてはと思ったのですが自分がうだうだしているせいでまた何度も別れと復縁を繰り返していました。そんなある日突然妻の方から我慢ができなくなった離婚しようと言われ、(ここに来るまでに妻が友人等に悪い環境だ、やってけない、など愚痴をこぼしていた)妻と子供のことを真剣に考え、離婚を決意しました。そうして別居しながらの親を交えての話し合いとなったのですが1ヶ月間話し合いをしているうちに妻に彼女との関係が知られ、両親の前で写真およそ100枚の証拠と同時に問い詰められ白状しました。本当に悪いことをしたと思い、人生で初めて自分から土下座をして謝りました。そんなことしても許されない行為だったことは承知の上です。妻には離婚して、彼女と住んでもいいよ?彼女と別れるんならまたやり直そうと言われ。その言葉が理解できず、なぜこんなにひどいことをしてきた自分を憎まないのか、不思議に思い自分に悔しさを感じ、涙が止まりませんでした。が、自分の両親、親戚、妻の両親など様々な人にこれ以上はないくらい責められ、自分で分かっていただけに悔しく。自殺も本気で考えました。しかしここで自殺などしたらそれは永遠の逃げになってしまうわけで、本気で死ぬって決めた時は怖くなってしまいどこまで中途半端な男なのだろうと。
子の親として一人の男として恥を知りました。
そうして一週間後に答えを出すと決め、不倫相手に話をしに行った訳なのですが、二人とも本気なので(離婚して養育費、慰謝料共に払っていく覚悟です)なかなか決断できず、今に至る訳なのです。
日本語が下手なので自分が思っている文がうまく書けませんでしたが、簡単に言うと
子供をとるか、不倫相手をとるかってことだと思います。
妻に対しての感情は一切なくなってしまい、それも伝えました。女としてじゃなく、母親としてしか見れないと。
実際に不倫離婚した人達の意見なども数百人調べたり聞いたりしました。
この文だけを見れば聞かずとも、分かるだろ。現実を見なさいと思う方が多数だと思われますが、彼女とのことも本気で考えており(彼女も真剣です。)子供のことも本気で真剣に考えています。
彼女の親もこのことを承知している上です。
彼女にも妻にも自分で決めなさいと言われ。
三ヶ月間悩んでいたことに終止符を付けなくては行けない期間が一週間で今日で五日目ですが、体重が10キロ以上痩せてしまい。まだ答えが出せすにいる自分がずるくて、憎くて、子供でどうしようもなく、投稿するこを決意致しました。
これを聞いてどうするとかではないのですが皆様のご意見などを拝見させて頂き、それも含めて答えが出せたらと思っております。
実際に体験した方はどれだけお辛いことかご存知だと思います。
自分がなにをすべきか、なにを考えるべきか様々な回答していただけると幸いです。
長くなって申し訳ありません。
最後に妻の事は好きではありません。
子供は可愛くて仕方ないです。手放したくないです。
彼女のことも子供と同じくらい大切で失いたくありません。
もうどちらかを諦める覚悟はできているのですが、どちらを諦めるかの決断ができていないようです。
なにを言われましても自業自得ですが、
子供が産まれて結婚した時点で法律的に…など、子供の責任…などは重々承知しているということを踏まえての回答をお願い頂きたいです。
この文章で伝わると良いのですが‥‥
本気で悩んでます。
よろしくお願いします。

  • 質問者:momjk
  • 質問日時:2015-04-10 19:03:30
  • 2
ソーシャルブックマークに登録する:

並び替え:

この場に及んでののしったり罵倒しても過ぎた事はしかたがありません。
 私も別の事情でイバラの道を歩いている真っ最中で、いづれ年を取り、死が訪れれば楽になるかなと思っています。
 話を元に戻して、ここ日本では重婚は御法度ですが、両方を面倒みていく選択も有ります。 
 まぁ、離婚しないで、ズルズルッといっても、プレッシャーと不倫相手への思いで、辛い日々となるでしょう。
 離婚して、彼女と結婚して、幸せになるなら、「元妻とこどもを不幸にしてすまない」という気持ちをしまい込んで割り切るのも人生です。
 もし、元妻に愛が無くとも、罪滅ぼしに鬱は何とかしてあげたい気があるなら、長く耐えるのは限界が有りますので、せめて、小西聖子の「トラウマの心理学」を勉強して対処する事をおすすめします。

  • 回答者:借金王 (質問から6日後)
  • 1
この回答の満足度
  

こんばんは。

私は不倫はしていませんし、子供もいませんでしたが、それ以外はmomjkさんとよく似た状況で離婚しました。元嫁が鬱になり、自分も看病している内に鬱になり、ささいな事がきっかけでケンカしてお互いの両親も巻き込んで離婚となりました。それ以来、会っていませんし、相手から(鬱がひどくて)電話が、かかって来る時以外は自分から連絡していません。
そんな自分の経験も踏まえて回答します。

momjkさん。結論から言えば2つに1つです。両方は無理です。
不倫がバレたのなら相手のご両親や親戚とは、かなり気まずくなっている筈です。
復縁したとしても愛情が無い上に、奥さんが鬱なら夫婦生活は厳しいものになるでしょう。
それでも子供が可愛いのであれば元のさやに収まるのが良いかと思います。
但し、奥さんの治療はしっかり行って下さい。でないと、お子さんにまで影響が出ます。
情緒不安定な親に育てられる子供は可哀そうです。大人になっても問題を抱えますから。

彼女の事を本当に愛しているのなら奥さんと別れて彼女と一緒になるのが良いでしょう。
但し、家族を見捨てる事になるのですから、奥さんと子供の幸せを願う気持ちをお金に換えて償って下さい。それと子供の事は忘れて下さい。momjkさんの年齢で彼女との生活を始めたら子供を授かる確率が高いです。そうなった時に元の奥さんの子供に思いを寄せれば、彼女との仲が壊れます。お子さんが、どうしてもmomjkさんに会いたいと言わない限り、自分から会わないようにして下さい。

どちらを取るにしても犠牲にしなくてはいけないものが出てきます。
それを受け入れる覚悟があるかどうか?今一度、気持ちを整理して決断して下さい。
どちらを選んでも幸多からんことを祈っています。

以上、ご参考になさって下さい。

  • 回答者:鬱男 (質問から6時間後)
  • 4
この回答の満足度
  

とくネタ総合ランキング

すべてを見る

トクネタを投稿する

Sooda!からのお知らせ

一覧を見る