すべてのカテゴリ » 暮らし » 法律・消費者問題 » 法律相談

質問

終了

お葬式と49日の香典は誰のものになりますか?

先日、祖母が亡くなり、葬式と49日を執り行ったのですが、喪主は長女である叔母、施主は次男である父となり、葬儀、49日費用は父が出しました。
この場合の香典は、喪主と施主どちらのものになりますか?
その理由も出来れば法律的な観点から教えてください。

今現在、喪主の叔母が香典のすべてを持っていっておりますが、私はお金を出した施主が香典から葬式代を出し、足りなければ施主が負担するものだと思いますが、どうなんでしょうか?

  • 質問者:まみむめねりちゃん
  • 質問日時:2016-01-22 23:54:06
  • 0
ソーシャルブックマークに登録する:

並び替え:

http://ihinseiri-dai8.jp/souzokuQA/koudennzannyo/
をみる限り喪主のモノとなるみたいです。
しかし香典は葬儀、法要費用の負担軽減という意味合いもあると思いますが
(ここからは私的意見も含みます)
香典は故人への贈り物でもあると思うので基本的には香典=葬儀、法要の費用に当てるのが筋というか礼儀という感じもするので質問者さんのおっしゃられてるように、香典は葬儀、法要にかかった費用に当て、余った分は今後の一回忌の費用にしたり、足りない場合は不足分を家族で話し合って負担しあう。というのが普通じゃないかと思います。

  • 回答者:匿名 (質問から20時間後)
  • 0
この回答の満足度
  

とくネタ総合ランキング

すべてを見る

トクネタを投稿する

Sooda!からのお知らせ

一覧を見る