すべてのカテゴリ » 趣味・エンターテイメント » 本・雑誌・コミック » 書籍

質問

終了

小学校の頃に読んだ物語を探しています。

以下が断片的に覚えている内容です。

・黒猫の男の子が主人公。
・その世界には普通の猫と、魔女(魔法使いかもしれません)に仕える猫がおり、主人公は後者。その為、魔法が使える。
・魔法が使える猫は普通の人には飼ってもらえず、主人公も色々な人の家を転々としている。
・主人公には優秀な姉(妹?)がおり、彼女は立派に魔女に仕えている。

・何らかのアクシデントがあって川に流されているところを助けられ、助けてくれた人の家に普通の猫として引き取られる。
・その家でしばらくお世話になるも、納屋か何処かにしまってあったクリームを盗みにきたゴブリン(のような小さな怪物?)を魔法を使って追い払ったことから、その家にいられなくなる。

・何番目かはわかりませんが、船乗りに引き取られてネズミを取るなどして暮らしていたところ、その船が嵐に遭い、それが自然のものではなく魔女が魔法で起こしているものだと主人公が気付き、魔女を魔法(呪文?)で追い払って難を逃れる。

☆その呪文には、『おとといおいで!』という言葉が含まれていたと思います。

・魔女を追い払ったことにより、船乗りからは感謝されるが、やはりうちには置いておけないということで、また野良になる。

物語のラストは、また何らかのアクシデントで川に流されたところを誰かに助けられ、それがなんと以前同じように川に流されたところを助けてくれた家の子供であり、主人公を追い出したことを悔いていたその家の人達にもう一度引き取られる、というものだったと思います。

以上が私の覚えている内容です。

黒猫、魔女、小説、おとといおいで、などといったフレーズで検索しても、小説家になろう、というサイトや曲名などが出るだけで、関係のあるものはヒットしませんでした。

私は現在大学一年生で、その物語を読んだのは小学生の頃です。

絵本ではありませんが、所々に白黒の挿絵がありました。
前述したゴブリンや、魔女との対決などの絵もあったと思います。

また、その本のカバーは、伝わりにくくて申し訳ないのですが、表紙と裏表紙がパタパタとなるような固いものだったので、文庫本などではないと思います。
文庫版が出ていれば話は変わりますが、少なくとも、私が読んだものはそうでした。

そして、これは大きな特徴だと思うのですが、そのカバーの表裏どちらか、または両方に、猫のシルエットがキラキラする紙か何かで描かれていました。(絵本『にじいろのさかな』の絵に使われている、光る鱗のような、銀色や紫色などが混ざった紙でした)

先日、ふとこの小説を存在を思い出して以来、気になって仕方がありません。
もちろん自分でも探していますが、こちらの皆様のお力をお貸し頂ければ、とても力強いです。

難しいとは思いますが、ほんの僅かな情報でもとてもありがたいので、どうかご協力をお願い致します。

  • 質問者:前波
  • 質問日時:2016-07-20 13:54:11
  • 0
ソーシャルブックマークに登録する:

とくネタ総合ランキング

すべてを見る

トクネタを投稿する

Sooda!からのお知らせ

一覧を見る