すべてのカテゴリ » ニュース・時事 » 社会

質問

終了

こういう外国から来日して成功した人の下積み時代の苦心談は、若い社員や子供に話してあげたいですね。

大関・把瑠都(ばると)の入門までの経緯や新弟子時代の苦労話です。

◆裸一貫の勝負に魅せられたエストニア人力士
Estonia’s Great Sumo Hope
『ヨーロッパ』誌 2009年冬号より ©European Union, 2008
http://www.eucircle.jp/talk/page2.html

 2008年10月、世界相撲選手権がエストニアの首都タリンから東に100キロほどのラクヴェレ県で行われた。人口1万7,000人の小さな県で世界大会開催が実現したのは、地元出身の力士、把瑠都関(ばると 本名カイド・ホーヴェルソン)の人気に負うところが大きい。

 元来スポーツが盛んなエストニアだが、人口130万人の小国なので、行われているスポーツ種目の数は多くない。その中でも柔道はたくさんの人に親しまれてきた。カイド少年も、高校1年の時に、それまでやっていたバスケットをやめ、柔道を始めた。「柔道をやっている兄に負けたくないと思った」というのがその理由だ。

 だがその時に柔道を教えたのがエストニアの「相撲の父」と呼ばれる同国相撲連盟のリホ・ランニックマー氏だった。相撲の指導を受けるようになったカイド少年は、ほどなく全国アマチュア相撲大会に出場。そこで日本から来ていた相撲関係者の目に留まり、角界に「スカウト」された。

 日本に行くという決断は難しくなかったと言う。「なんとかなる、と思ってた。母は当然心配したけれど、最後は『仕方がない』と送り出してくれた」

 2004年に来日し、日本大学相撲部で1カ月半、国技としての相撲の基礎を教わった。その後、尾上(おのえ)親方(元小結・濱ノ嶋=はまのしま=関)の内弟子として三保ヶ関部屋に所属し、母国が臨むバルト海と本名を組み合わせた「把瑠都 凱斗(ばると かいと)」という四股名(しこな)をもらった。


葛藤を乗り越えて

 外国人力士にとって角界の独特の風習やしきたり、言語や食事の違いは大きなハンディだ。ロシア語、英語、ドイツ語、フランス語の4言語を話す語学の達人ともいえる把瑠都関だが、日本語は日本大学相撲部でカタコトの英語を交えて話してもらうことから徐々に身につけていった。実は四股名も、最初は意味がわからなかった。「でも、後から知って、すごくいい名前だなと思った」

 「ちゃんこ」と呼ばれる食べ物も口に合わなかった。「昼もちゃんこ、夜もちゃんこ。鍋だけじゃないよ。魚や肉を焼いても、何でもちゃんこって呼ぶ。でも、食べなければ身体がもたないから、無理やり食べた」

 19歳の若者の胸の内には相当な葛藤があったことだろう。「最初はエストニアに帰りたいと思った。一番早く起きて、掃除してけいこしてちゃんこを作って、一番遅く寝るのはつらかった。でも、慣れたら当たり前のことと思えた。結局は壁を乗り越えるまでの心の持ちようの問題」

 把瑠都関と一緒にエストニアから来日した力士(北皇司)は、入門後まもなく帰国してしまった。「彼がどうして帰ったかは知らないけれど、すべては本人が決めること。自分は、せっかくここまで来たんだから、と我慢した」

◆世界相撲選手権が地元のラクヴェレ県で開かれるなんて把瑠都の影響力は大したものだと感心しました。

ご覧になった方々は、どのように思われますか?


(参考記事)

エストニアは、バルト海に面する人口135万人の小国で、ドイツやスウェーデン、ロシアに領有された歴史を持ちます。

ソ連からの独立後はNATOやEUに加盟。人口40万人の首都タリンの中心部にある旧市街地には、古い建築物が大切に保存され、中世ヨーロッパの雰囲気がそこかしこに漂います。

把瑠都関が所属していたクラブでは、現在30人ほどが相撲のけいこに励み、第2、第3の把瑠都をめざして頑張っています。

今年8月には、クラブに近い町・ラクヴェレで世界ジュニア相撲選手権が開催されるなど、相撲界にとってエストニアは今年、注目の地となりそうです。

  • 質問者:スウィフト
  • 質問日時:2011-11-04 15:29:55
  • 1
ソーシャルブックマークに登録する:

異国でしかもしきたりの厳しい相撲界で
名をなすことは並大抵じゃない努力だと思います。
末永く相撲界で頑張っていただきたいです。

  • 回答者:匿名 (質問から2時間後)
  • 1
この回答の満足度
  
とても参考になり、非常に満足しました。回答ありがとうございました。

並び替え:

大変だろうけどがんばって欲しいです。
これからも。

  • 回答者:匿名 (質問から6日後)
  • 1
この回答の満足度
  
参考になり、満足しました。回答ありがとうございました。

そうですね、最近の人は諦めが早くなっています。
なので、諦めない事も必要だと教えたいです。

  • 回答者:匿名希望 (質問から17時間後)
  • 1
この回答の満足度
  
とても参考になり、非常に満足しました。回答ありがとうございました。

僕も負けていられない。
夢に向って頑張ります。

  • 回答者:匿名希望 (質問から7時間後)
  • 1
この回答の満足度
  
とても参考になり、非常に満足しました。回答ありがとうございました。

自分も頑張らなきゃと思いました。
若い人や子供にも知ってほしいですね。

  • 回答者:匿名 (質問から6時間後)
  • 1
この回答の満足度
  
とても参考になり、非常に満足しました。回答ありがとうございました。

ハングリー精神がすごいと思います。
横綱を期待します。

  • 回答者:匿名希望 (質問から6時間後)
  • 1
この回答の満足度
  
とても参考になり、非常に満足しました。回答ありがとうございました。

努力だと思います。
見習うべきです。

  • 回答者:匿名 (質問から4時間後)
  • 1
この回答の満足度
  
とても参考になり、非常に満足しました。回答ありがとうございました。

こういう話を聞くと、自分も頑張ろうという気になりますね。

すごいですね。

  • 回答者:匿名 (質問から49分後)
  • 1
この回答の満足度
  
とても参考になり、非常に満足しました。回答ありがとうございました。

大変な下積み時代ですね。 すごいです。
今の若い者は見習うべきです。

  • 回答者:匿名 (質問から38分後)
  • 1
この回答の満足度
  
とても参考になり、非常に満足しました。回答ありがとうございました。

とくネタ総合ランキング

すべてを見る

トクネタを投稿する

Sooda!からのお知らせ

一覧を見る