すべてのカテゴリ » 知識・教養・学問 » 知識・学問 » 数学・サイエンス

質問

終了

偶数と奇数を足すと必ず奇数になるのですか?
これは何故でしょうか?

===補足===
いえいえ、これはまじめな質問なのです。
「偶数と奇数を足すといつも奇数になる」
なんと大学生の33%しかこのことがわからないのです。
信じられない結果です。ショックです。
しかも正答した人も、「何個か偶数と奇数の組み合わせで足し算をしてみたら全部奇数だったので」という理由で選んだ人もいたそうです。

  • 質問者:大学生33%
  • 質問日時:2012-02-24 19:17:08
  • 1
ソーシャルブックマークに登録する:

並び替え:

必ずなる訳ないでしょう、奇数+奇数は偶数になります1+3、3+5、1+5、奇数は奇数回足した場合だけです、奇数=1、偶数=0として、2進数で考えれば良い、2つしか数字が無い物を10進数で考えるから、混乱するだけ1=1、2=10、3=11、4=100、5=101・・・
1+3=1+11=100、3+5=11+101=1000、1+5=1+101=110で一桁目が偶数か奇数かで偶数、奇数が決まる。

  • 回答者:匿名 (質問から3時間後)
  • 8
この回答の満足度
  
参考になりました。回答ありがとうございました。

とくネタ総合ランキング

すべてを見る

トクネタを投稿する

Sooda!からのお知らせ

一覧を見る