すべてのカテゴリ » 知識・教養・学問 » 知識・学問 » 芸術・言語・文学

質問

終了

小説家を志すAくんが、これからフランス語かドイツ語を勉強し始めようとしています。あなたなら、どちらを勧めますか?

ただし、各語の難易度は選択に関係ないものとし、あくまで小説家を志すAくんが、(直接的ではないまでにも)創作に役立つかもしれない、あるいは学んでおいた方がいいと思われるほうをあげてみてください。よろしくお願いします。

ソーシャルブックマークに登録する:

並び替え:

フランス語です。フランス文学の方が日本以外にも世界で認められていると思いますので、
成功する可能性が高いのではないでしょうか。やはり文学は読んでくれる人がいない成功しませんのでフランス語がいいと思います。

  • 回答者:匿名 (質問から7日後)
  • 0
この回答の満足度
  
とても参考になり、非常に満足しました。回答ありがとうございました。

フランス語をススメます。
小説を書くなら適しているように思います。

  • 回答者:匿名 (質問から2日後)
  • 0
この回答の満足度
  
とても参考になり、非常に満足しました。回答ありがとうございました。

まずは英語って気がしますが。
目指したい小説家。書きたいものの方向によって違ってくると思います。
恋愛小説や大河系の物語なら、フランス。
哲学や例えば「カラマーゾフの兄弟」みたいなのを書くのならドイツ。
迷っているなら、Aくんの好みの小説でどちらが原文で読んでみたいか?を尋ねますね。

自分の好みだけで言うなら、自分の性格的にドイツ語のほうが役に立つと思うからドイツ語です。

  • 回答者:匿名 (質問から50分後)
  • 0
この回答の満足度
  
とても参考になり、非常に満足しました。回答ありがとうございました。

とくネタ総合ランキング

すべてを見る

トクネタを投稿する

Sooda!からのお知らせ

一覧を見る