すべてのカテゴリ » 仕事・キャリア » 就職・転職

質問

終了

夢を追いかけて良かったこと、後悔したことはありますか?
新中1女子です。
私は将来どんな職業につこうか迷っています。「そのうち見つかる」とよく言われますが、やっぱり夢があったほうが頑張れるしモチベーションのアップにもつながると思うのです。
私はインテリアを考えるのが好きなので、インテリアコーディネーターがいいなと思うのですが、調べてみると、「年収が低い」、「クライアントとの交渉力」、「資格が必要」など問題点もたくさんあり、やっぱり収入の高い安定した職業の方が良い暮らしができて良いのかなあと考えてしまいます。
そこで、夢を追いかけて良かったこと、後悔したこと。安定した無難な職業について良かったこと。後悔したことを教えていただきたいです!

  • 質問者:miwa
  • 質問日時:2013-03-29 19:09:41
  • 0
ソーシャルブックマークに登録する:

並び替え:

自分のやりたい事に関してひたすら勉強し続けたことですね。

何年も働きながら寝る間を惜しんで勉強し続けたので精神的にも辛かったですけど

それを自分の手で掴んだ時に苦しさも全て吹っ飛びましたね。

後悔したことはプライベートな時間が全くな作れなかった事ぐらいですね。

  • 回答者:匿名 (質問から6日後)
  • 0
この回答の満足度
  

ピアノの調律師を目指して学校に通いましたが女性なので楽器店の事務や、
楽器メーカーの事務、ピアノ講師ぐらいしか仕事がなかったです。

インテリアコーディネーターは国家資格ではなく民間資格で、
医者や教師と違って資格がなくても「私はインテリアコーディネーターです」
と名乗れば今日からでもなれますよ。
スクール云々はあまり関係ないです。
何を言いたいかというとつまり「それ」になって「どうやって」食べて行くかです。
クライアントってどこにいると思ってます?
向こうから勝手にあなたを探して来てくれるのか?

まず家具店かインテリアのデザイン事務所への就職です。
その為には大学に行く必要があります。
そしてどこに就職すれば道は開けるのか、
インテリアコーディネーター資格は先に取っておいた方が良いのか、
いらないのか、見習いをしながら勉強して取るのか、
それを調べるのが先です。

あなたは考える順番を間違ってます。
どこに就職しようとしても「断わられない」大学にまず進学すること。
あなたが今一番考えなければならないのはそこです。
そしてそのために高校はどこへ行くべきなのかです。

  • 回答者:頭でっかちは失敗します (質問から6日後)
  • 0
この回答の満足度
  

インテリアコーディネーターは、大学に通いながら、社会人をしながら学べるスクールですので焦らなくても大丈夫です。

大切なのは、目標を持ち継続することですね。

夢をあきらめて、良い企業で働き、結婚して家族をもって平凡に暮らしています。

今思うと、もっとチャレンジしてもよかったと思います。

若いうちにしかできないことがあったと後悔しています。

でも、健康な体があれば いつでもなんでもできることにも気づきました。

大切な時間を有意義に過ごしてくださいね。

  • 回答者:いまでも勉強中 (質問から19時間後)
  • 0
この回答の満足度
  
とても参考になり、非常に満足しました。回答ありがとうございました。

大卒のときの就職活動に失敗して、年収の低い、サービス残業の多い販売職に就職。半年で辞めたくなったが、キャリアアップ+リベンジ転職のためにMBA留学を思いつき、5年かけて英語力をつけて何とか有名校に入学。

留学費用を家族に借りて工面したり、お金がなくて留学中は貧乏生活だったが、卒業後外資系の高収入のポジションに転職。その後12年勤務して、過労うつになって、44歳で会社をリストラ。勤務中に貯金できたし、退職金も割増でかなり出たので、今は一生働かなくても済みそう。アーリーリタイヤメントしたかったので、夢を追いかけてよかった。

後悔したこと:
働きすぎて過労うつになり8年半苦しんでいること。外出することすらできず、お金があっても使うこともできない。健康第一。

  • 回答者:匿名希望 (質問から6時間後)
  • 0
この回答の満足度
  
とても参考になり、非常に満足しました。回答ありがとうございました。

私は安定した無難な職場につきました。事務職です。
良かったことは やっぱり毎月の収入が安定していることですね。
後悔したことは それなりに楽しかったし特にないです。

  • 回答者:匿名 (質問から2時間後)
  • 0
この回答の満足度
  
とても参考になり、非常に満足しました。回答ありがとうございました。

とくネタ総合ランキング

すべてを見る

トクネタを投稿する

Sooda!からのお知らせ

一覧を見る