すべてのカテゴリ » 趣味・エンターテイメント » スポーツ・アウトドア » その他スポーツ

質問

終了

競馬ファンのみなさん、こんにちは。
明後日はいよいよ牡馬3冠の第一弾、皐月賞です。
今年はまれに見る混戦。有力馬が片手では足りず、個性的な伏兵陣も充実しています。競馬ファンにとって普段にも増して的中への闘志が掻き立てられるレースです。
1番人気は、とりあえず総合的に死角が少ないトゥザワールドか。今年のディープ産駒1番手トーセンスターダム、トライアルで鋭く追い込んだワンアンドオンリー、フジキセキのラストクロップの2頭、イスラボニータ、ロサギガンティア、2歳チャンプのアジアエクスプレスが続くと思われます。ここまでですでに6頭(たぶんこれらが単勝一桁)。
さて、私は北の馬券師さんの悪魔の囁きと同様、ワンアンドオンリーを中心とする予定です。いま最も旬の種牡馬であるハーツクライの最大の長所は成長力。前走より成長すれば、トゥザを逆転することも可能でしょう。1枠1番はちょっとレースがしにくいかもしれませんが、横典がなんとかしてくれるでしょう。思っていた以上に人気が高くなりそうなのが、難点といえば難点です。
で、相手は今回もヒモ穴作戦でいきます。
まずはアデイインザライフ。バクシンオーの肌にディープという異色の配合。ディープ産駒らしからぬ巨漢。不器用そうなレース振り。こういうの好みなんですよ。とはいえ、前走ではそこそこ好位につけて粘りこんでいます。皐月賞の試走としては上々の内容。今回は体も絞れ、キレが加われば、十分に馬券圏内ではないかと思っています。
次いで、ベルキャニオン。去年までのディープ嫌いは返上です。スプリングSの凡走で人気を下げましたが、それまでは鋭い追い込みで上位に食い込んできた馬です。人気落ちで格好の狙い目になりました。
あと、距離の壁を感じさせないアジアエクスプレス、朝日杯3着はダテではなく、展開も向きそうな(でも、大外は痛いでしょうね)ウインフルブルーム、浜中の思いきった騎乗に期待してキングズオブザサン、ここらに行ってみたいと思っています。
人気馬ではロサギガンティアのレース振りにスケールを感じました。この馬、種牡馬・厩舎・騎手がクラシック未勝利という3重のジンクス縛り。それを打ち破れるのかどうか。

今回も質問は同じ。
① ずばりこのレースの勝馬をあげてください。
② アッと驚く穴馬を教えてください。

では、ユニークで銭になる予想をお待ちしています。
それと、競馬と関係のない回答・質問はご遠慮ください。みなさんのご迷惑になりますので。

  • 質問者:いたりあのひもでしょうぶっす
  • 質問日時:2014-04-18 17:02:32
  • 0

回答してくれたみんなへのお礼

上のほうの匿名さん、ありがとうございました。
ソーシャルブックマークに登録する:

勝ち馬はトーセンスターダムで予想(希望も込めて)
穴馬とまではいきませんが、アジアエクスプレスは皐月賞はチャンスがあると思ってます

  • 回答者:匿名 (質問から4時間後)
  • 1
この回答の満足度
  
とても参考になり、非常に満足しました。回答ありがとうございました。
お礼コメント

ありがとうございました。
なんか不快な回答がありましたので、
この質問を終了します。

トーセンはレース感覚が空いたことだけが問題ですね。
ダービーを睨んだローテーションのようですが、
調教だけで仕上がるのかどうか。
脚質的にも後ろからいくので、中山向きとはいえませんが、
そのあたりは最近、好調の武さんがなんとかするでしょう。
アジアも人気がそれほどないなら、買い目は十分だと思います。

よい結果となりますよう。

とくネタ総合ランキング

すべてを見る

トクネタを投稿する

Sooda!からのお知らせ

一覧を見る